なにわの華 文楽へのいざない: 人形遣い 桐竹勘十郎

  • 15人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 桐竹勘十郎
  • 淡交社 (2014年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473039507

なにわの華 文楽へのいざない: 人形遣い 桐竹勘十郎の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 住太夫さんが引退され、語りの世界では、あと20年はあのような巨人は出てこないのでしょうね。でも、人形遣いは名人や花形がいます。桐竹さんはダンディで二刀使い!ケレンもお好きですよね。これから、ますます進境されることを期待しています。スタンプ毎回楽しみにしています。

全2件中 1 - 2件を表示

桐竹勘十郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

なにわの華 文楽へのいざない: 人形遣い 桐竹勘十郎を本棚に登録しているひと

なにわの華 文楽へのいざない: 人形遣い 桐竹勘十郎を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なにわの華 文楽へのいざない: 人形遣い 桐竹勘十郎を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なにわの華 文楽へのいざない: 人形遣い 桐竹勘十郎を本棚に「積読」で登録しているひと

なにわの華 文楽へのいざない: 人形遣い 桐竹勘十郎の作品紹介

〈物言わぬ文楽の人形はふるえるような人間の心の奥底を伝える〉
〈次代に世界に伝えたい日本の至芸、文楽。人形遣い桐竹勘十郎のことばから日本の文化、心を知る〉

文楽は太夫・三味線・人形遣いの三位一体の芸。なかでも人形遣いは、「足10年、左10年」という厳しい修業を経てようやく一人前といわれます。勘十郎は師匠(吉田簑助)より女方、父(先代勘十郎)より立役の芸を受け継ぎ、どんな役でもこなせ
る目が離せない今一番注目の人形遣いです。茂山千作、竹本住大夫、坂東三津五郎などの姿をとらえてきたカメラマン・ヒロセマリコ氏によるこれまでの文楽写真にはない躍動感あふれる写真を中心に勘十郎の今の姿をとらえ、受け継ぐ思いを言葉に
し、文楽の可能性を伝えます。

なにわの華 文楽へのいざない: 人形遣い 桐竹勘十郎はこんな本です

ツイートする