おとなの奈良 心を澄ます旅 (奈良を愉しむ)

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 淡交社 (2015年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473040442

おとなの奈良 心を澄ます旅 (奈良を愉しむ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 素晴らしい写真集。いやガイドブックかな?
    書籍タイトルが素晴らしい。いま流行のパワースポットとかヒーリングって、日本語で言ったらまさに「心を澄ます」ということになるんでしょうね。とても素晴らしいタイトルです。
    今回は写真を眺めてるだけで、心がすっと澄んでくるにまかせていました。文章はほとんど読まず。最後にあるカメラマンの言葉「おわりに」だけは読んだのだけど、これがまた素晴らしいものであった。本文中の文章は別のライターさん(堀内さん)が書いていた。もちろんそれも素晴らしいのだけど、このカメラマンの文章がカメラマンと思えないほど素晴らしい。
    素晴らしい言語能力をもっているから、こういう写真が撮れるのか、こういう写真を撮っているうちにそれを表現する言葉の能力も強くなったのか。。。「おわり」の文章にいろいろ思いを馳せてしまった。

全2件中 1 - 2件を表示

堀内みさの作品

おとなの奈良 心を澄ます旅 (奈良を愉しむ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おとなの奈良 心を澄ます旅 (奈良を愉しむ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おとなの奈良 心を澄ます旅 (奈良を愉しむ)の作品紹介

〈ココロもカラダもリフレッシュできる旅〉
〈山に、巨木に、水に、火に、古祭に癒される〉

奈良といえば古寺や仏像というイメージが強いが、一方で豊かな自然に恵まれていることから、いにしえからの清浄で霊験あらたかな地も多い。本書はそんな奈良の魅力を、それぞれの場所の空気感を表現した美しい写真と基本ガイドで紹介します。「山を仰ぐ」「巨木に会う」「古祭に行く」「水に浄められる」「朝の過ごし方」「火に浄められる」「磐座を拝む」、などのテーマで章を立て、奈良の奥深い魅力を味わう旅へといざないます。

ツイートする