新訂第七版 法律家のための税法[民法編]

  • 12人登録
  • 1.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
制作 : 東京弁護士会 
  • 第一法規株式会社 (2014年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784474033061

新訂第七版 法律家のための税法[民法編]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 民法に関連する税法の解説書。弁護士向けの書籍だが他士業が読んでも参考になる。民法の知識だけで法律事務を処理するのは危険。例えば良かれと思って行った相続時の限定承認により被相続人に譲渡所得課税が生じて、予想外の納税となれば、それを指南した弁護士は損害賠償ものであろう。法律家は依頼者の利益と税務署長の利益を比較考慮した上で判断する必要があるのだ。
    P306
    税法では、内縁の配偶者は配偶者であることにより認められる諸特典、例えば所得税法における配偶者控除、相続税法における配偶者の税額軽減等を全く認めず、配偶者として扱われない。つまり、この面では完全な法律婚主義をとっている。
    逆に税法は、課税の公平を実質的に害すると認められるような場合、例えば同族会社の判定において甲のグループに属する株式数を算定するときには、「特殊の関係にある個人」が有する株式も加えて判定することとされているが、「特殊の関係にある個人」には「株主等と婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者」が含まれ、実質婚主義がとられており、甲の内縁の配偶者所有の株式も甲のグループに加えて判定される。このような規定は随所にみられ、いわば、税法は都合の悪いときは法律婚主義を、都合のいいときは実質婚主義をとっているともいえる。

全1件中 1 - 1件を表示

東京弁護士会の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新訂第七版 法律家のための税法[民法編]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新訂第七版 法律家のための税法[民法編]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新訂第七版 法律家のための税法[民法編]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新訂第七版 法律家のための税法[民法編]を本棚に「積読」で登録しているひと

新訂第七版 法律家のための税法[民法編]の作品紹介

相続税・贈与税の大改正に対応-法律家の立場から税法へアプローチ。弁護士に求められる税法・税務の知識を、民法の体系に添って解説。

新訂第七版 法律家のための税法[民法編]はこんな本です

新訂第七版 法律家のための税法[民法編]のKindle版

ツイートする