ダイアローグ〈2(1980‐1984)〉

  • 10人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 柄谷行人
  • 第三文明社 (1990年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (493ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784476031584

ダイアローグ〈2(1980‐1984)〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  どこか知らんところから言葉を繰りだす男がいる。どこか知らんところなどさっさと消してこれを立場にしてしまおう。この男には思想とか言葉に対して距離をとった辛辣な姿勢がある。そういうことをいうならそれをそのまま真理にしてしまおう。いろんな仕方でこの男の像を抱え込み、造形し、それを二千年もやる力が存在する。田川建三45歳頃柄谷行人39歳頃。

    『そう(イエスの言説だけがイエスの存在の全体であるかのごとく抽象されてもそのまま二一世紀の日本を生きるわたしの可能性にはならないと──引用者)いう意味で、イエスというのは一世紀のガラリヤに生きていた人間なんだ。あれは一世紀のガラリヤの人間だからああいうことが言えたんだ、そしてガラリヤの人間たちのなかで言っているんだと……。』110頁

全1件中 1 - 1件を表示

柄谷行人の作品

ツイートする