診たて違いの心の病―実は栄養欠損だった!

  • 36人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (7)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 溝口徹
  • 第三文明社 (2006年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784476032871

診たて違いの心の病―実は栄養欠損だった!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 心の病に対して、薬での対処療法に終わらず、栄養欠損の見方からアプローチして成果をあげていらっしゃる先生の本です。ブログもやっておられます。

  • 新宿でクリニックを営む溝口さんの、分子整合栄養医学についての本です。
    読んでみて、これ(栄養療法)が最新の医学なんだろうと思った。

    精神科医が診断する際の手引書であるDSM分類というのがあるなんてはじめて知った。確かに標準化は必要。
    でも、少なくとも日本ではそれが正しく使われていないようです。大事な部分が読み落とされているとのこと。
    溝口さんはご自身のクリニックでの治療で、それを実感しているようです。

    これが本当なら悲しいことですね。

    一般的な精神病院での治療では薬漬けになって、でも結局治らないといった話をたまに聞きますが、その理由もこの本を読んでよく分かりました。




    P131の自然治癒力の件であった以下の記載が、非常に印象に残った。

    −−−−−−
    妄想や幻覚といった症状も、生体を健康な状態に引き戻そうとする自然治癒力の現れと見れば、それを除去することを治療の第一義にすることは、むしろ危険性のほうが高いのです。
    −−−−−−





    栄養療法について、凄く興味を引かれる本でした。そして、至極全うな内容だと感じました。

  • 体感 経験として
    うつ等 心療内科の分野と考えられる範囲は
    たんなる精神だけでなく
    体の不調 の部分が大きいと 感じています

    それに気づいてくれた医者による著書でした

  • ‥‥「栄養療法」は、今日の精神病の治療における「心理療法」と薬物療法」の限界を補い。治療の中心になる可能性を開く“第三の道”である‥‥(本書より)。心の病だけではなく、糖尿病やアトピーなど身近な病気にも、栄養療法のアプローチは効果的である。ただし、現在のわが国ではこれは保険外診療であるため、誰でも受診出来る治療法ではない。

全4件中 1 - 4件を表示

溝口徹の作品

診たて違いの心の病―実は栄養欠損だった!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

診たて違いの心の病―実は栄養欠損だった!を本棚に「積読」で登録しているひと

診たて違いの心の病―実は栄養欠損だった!はこんな本です

ツイートする