結婚生活を成功させる七つの原則

  • 47人登録
  • 3.90評価
    • (1)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : John M. Gottman  Nan Silver  松浦 秀明 
  • 第三文明社 (2007年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784476032963

結婚生活を成功させる七つの原則の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 結婚生活を成功させる原則、こういう書物は世に多いが、本書の特徴的な点は、多数の被験者の観察(しかも数年にわたる追跡調査含む)によって「科学的に」導き出された原則であるということ。

    著者のもとに来る相談者は、大体の場合結婚生活に不満を抱いているカップルであるがゆえに、本書で紹介されるケースやQ&Aの多くは、既に日常的に(程度の大小はあれ)衝突を経験してしまっていることを前提としている。
    この点、私自身はパートナーと険悪な雰囲気や攻撃的な態度になることが双方ともないので、あまりピンとこない点は多かったものの、様々なケースを想像しながら読むことでタメになることが多かった。

    最も重要なのは、互いのことを深く理解すること。
    そのためのQAリストが本書では一番参考に立った。
    お互いのことを十分知っているとは、これほどの深度を言うのかという気づきがあった。

  • システムコーチング

  • この手の本はなかなか日本では受け入れられにくいのかなというのが第一印象。怪しさがつきまとうし、気恥ずかしさもある。

    危機に陥った夫婦だけでなくて、熱々のカップルにも有効とあれば、少し敷居は下がるかもしれない。

    果たして、その内容は綿密なスタディによっている(そうな)ので、説得力はある。外国人のお話なのだが、訳文が比較的自然な日本語に仕上がっているので、違和感なく読める。#これは大きい!

    そうして思ったこと;

    やっぱり、せっかく、いちおう好きになった相手なのだから、思いやりをもって接したいね。近しい分、甘えが出て、自分の言いたいこと言うときもあるんだろうけど、相手も同じだろうし、同じこと言い合っててもそれは子どものケンカと同じ。相手に変われって言うのなら、まず自分が変わらないと。行動で示す。それと、とかく相手の欠点に目がいきがちだけど、じゃあそんなに自分は聖人君子なのか自問した方がいい。いいところに注目して生きた方が、本当は心穏やかかも。

    そんな気分になりました。

  • ・米国夫婦67%が離婚。再婚同士の結婚はさらに10%高い

    ・セラピスト(心理療法士)の多くが失敗する理由:アクティブリスニングや対話を勧めるが、むずかしい。成功率はわずか35%

    ・重要なのは、夫婦間の友情

    ・結婚生活で最も驚くべきことの1つ「意見の相違の多くは、夫婦間で解決でいないものである」という事実を受け入れることである。
     →もめ事をすべて解決する必要はない。解決しなくても結婚生活を楽しく送ることはできる
     →ひざの痛みや腰痛の持病があるのとどうように結婚生活には避けて通ることのできない問題がある。こうした持病をだまし抑え、それらが悪化しないように努めている。

    ・「別れる二人」は予測できる
    1) 出だしの悪い会話
    2) 「4つの危険要因」が出る  非難・侮辱・自己弁護・逃避
    ・非難:不満とあらさがしの非難は異なるもの。不満はどの夫婦も持っている
    ・侮辱:皮肉たっぷり、無視、冷笑、挑発するような冗談
    ・自己弁護:弁解や言い訳をすることは相手を責めることにつながる
    ・逃避:相手の言葉を無視、部屋を出ていく
    3) 危険要因の洪水
    4) 生理的反応(脈拍上昇など)
    5) リペアアテンプト(修復努力)の失敗
    6) 悪い思い出

    ・結婚生活を成功させる7つの原則
    1) 二人で「愛情地図」の質を高めあう
    2) 相手への思いやりと感謝の心を育てる
    3) 相手から逃げずに真正面から向き合う
    4) 相手の意見を尊重する
    5) 二人で解決できる問題に取り組む
    6) 二人で行き詰まりを乗り越える
    7) 二人で分かち合える人生の意義をみつける

    1)二人で「愛情地図」の質を高めあう
    ・「愛情地図」は配偶者の生活環境をよく知ること
      ・今の友人は
      ・友達になりたいと思っている人は
      ・ライバル、敵は
      ・最近起こった出来事は
      ・期待している出来事/おそれている出来事は
      ・現在ストレスを感じているものは
      ・現在心配しているものは
      ・希望や抱負は

    ・自分のなりたい人物像
     ・どんな人物になりたいか
     ・そのためには何をしたらいいか
     ・そのためには何が克服すべき障害なのか
     ・その障害に今まで挑戦してきたか? これからも挑戦せねばならぬか
     ・もっともどんな点で自分自身を変えたいと思っているのか
     ・どんな夢を断念したのか?どうしてその夢が実現できなかったのか
     ・これから5年どんな生活をしたいか
     ・あなたがなりたいとおもっている人に近い人は?
     
    2)相手への思いやりと感謝の心を育てる
    ・昔のプラス感情を再生できる夫婦の99%は将来も幸福な結婚生活を送れる
    1) 私はあなたの・・・が大好きです (どの場面で、いつ)
    2) 結婚までの過程を振り返る
    1) いかにして二人が知り合ったのか? 相手の第一印象は
    2) 最初のデートで最も記憶に残っていることは? 
    3) どうして結婚しようと決心したのか
    4) 結婚式のことを覚えているか

    5) 結婚生活に成功する夫婦と失敗する夫婦がいる。それはなぜか
    6) 両親の結婚生活は
    7) 結婚生活年表を作成する

    3)相手から逃げずに真正面から向き合う
    1) 結婚生活はロマンスを蓄積しているか?
    2) ストレス症状を和らげる会話
     ・アドバイスしない ・真剣にきく・相手の立場に立つ・一心同体という態度を示す

    4)相手の意見を尊重する

    ・結婚生活の行き詰まりの原因に、実現されない夢がある。だから夢を分かち合うことが大切

    5)二人で解決できる問題に取り組む
    1) 話はソフトに切り出す
     ・「あなたは」ではなく「私は」で切り出す
    ・何が起こっているのかを話し、相手を評価したり判断しない
    ・はっきり言う
    ・丁寧に頼む
    ・相手に感謝を示す
    ・問題を積み重ねない

    2) リペアアテンプトをだし、受け取るように努める
    3) お互いに興奮を鎮める手立てをする
    4) 妥協する
     ・相手のいうことに同意する必要はないが、相手の立場を十分に考慮に入れる寛容さを持つ
    5) お互いの失敗に寛大になる

    6)二人で行き詰まりを乗り越える
    ・行き詰まり問題を乗り越えることは、その問題を解決することではなく、夫婦の会話にその問題が顔を出さなくなること
    ・夫婦の人生の夢が相互に理解されたとき
    ・行き詰まり問題に遭遇したら、その問題となっている二人の人生の夢の相違点を見つけること
    ・隠された夢を掘り起こすのは挑戦

    7)二人で分かち合える人生の意義をみつける

  • パートナーは家族とはいえ、もともとは友人知人。他者に持つのと同じ、あるいはそれ以上に興味関心をもって接することが大切であることを教えてくれる本。

全5件中 1 - 5件を表示

ジョン・M.ゴットマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
エーリッヒ・フロ...
ソニア・リュボミ...
有効な右矢印 無効な右矢印

結婚生活を成功させる七つの原則を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

結婚生活を成功させる七つの原則はこんな本です

結婚生活を成功させる七つの原則のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする