マカロン白書

  • 17人登録
  • 2.56評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (2)
  • 3レビュー
著者 : sanae
  • 大日本図書 (2008年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784477019475

マカロン白書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 岬ちあり。スイーツが大好きで、食べることも作ることも一生懸命。母親が宝くじで500万当てたので、セレブの子たちばかりの高校に通って、でも あっけらかんと、デブでバカで貧乏を隠さずに、楽しく過ごす。

    仲良し四人。ちありの好きなマカロンはラズベリー。
    マンゴー味は愛原朱夏(あいはらしゅか)。
    アップル味は揚華(ようはな)
    レモンライム味は美郷真矢(みさとまや)
    高3の時に出来たマカロン白書というケーキ屋の店主の息子・慶を目当てに、(ちありはライバル対象外)みんなはマカロン白書に通った。

    高校卒業して、ちありは調理師の学校に通い、マカロン作りを頑張っている。そんな時、マカロン白書が閉店するという案内が来る。

    それをきっかけに、高校の時、友達だと思っていた三人は、自分の事をバカにしていたこと、ホントの仲間ではなかった事を知ってゆく。

    明るく、デブでバカでも、自分の夢をしっかり持っていたちあり。
    慶も、実はちありが好きだった。
    でも、みんな、ちありには そんなこと気がつかせないよう嘘をついた。連絡先も変えた。

    それを知って、ちありは・・・

  • キッズフロアでバイト中に見つけて、なんとなく借りてみた。
    小学生向けだからしょうがないのだろうけど、すごく短くて、短いのはいいけれど、その中で5人の気持ちを全て書き表そうとするのは無理があるような気がする。つまり、端的にいうと、なにもわからなかった。
    まず、各登場人物の性格がつかめなかった。
    時間軸が過去に飛んだり、現在に戻ってきたり、飛ぶ過去も3年前だったり3ヶ月?前だったり、ぐちゃぐちゃで考えながら読んでみたけど、よくわからなかった。
    むしろ、小学生はこれを理解できるのか?!;

    なんだか酷評になってしまった。すみません

全3件中 1 - 3件を表示

sanaeの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
三浦 しをん
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

マカロン白書はこんな本です

ツイートする