ウォーリーと16人のギャング (こころのほんばこ)

  • 51人登録
  • 4.27評価
    • (6)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : マーク シーモント  Richard Kennedy  Marc Simont  小宮 由 
  • 大日本図書 (2015年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (62ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784477030449

ウォーリーと16人のギャング (こころのほんばこ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 体が小さくても、腕力でかなわなくても、数で圧倒的に不利でも、
    頭を使えば勝つことができる。
    ウォーリーの知恵と勇敢さにワクワクするお話です。
    どんなすごいアイディアを考えついても、実行できなければ意味がありませんね。
    賢くて行動力もあるウォーリー、本当にかっこいいです。

  • 読み聞かせにはちょっと長めだけど、「うるせえ、だまれ」が口癖のギャングと、かしこいウォーリーくんの痛快な作戦が楽しい。(i44)

  • かしこいウォーリーが知恵を絞って悪いギャングたちをやっつける爽快な物語。小学校低学年向け。

  • じっくり読んでいけば、数字の足し算引き算も大丈夫かな
    おもしろさやテンポのよさはよい

  • 町に16人のギャングがやってくる!おとなたちはみんなかくれてしまった。ところが、小さな男の子ウォーリーだけがギャングたちにたちむかう! ウォーリーはギャングたちにいろんな勝負をもちかけます。ギャングたちは知らない間になんだかたいへんなことに…。ウォーリーのかしこいやり方に拍手!

全5件中 1 - 5件を表示

リチャード・ケネディの作品

ウォーリーと16人のギャング (こころのほんばこ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウォーリーと16人のギャング (こころのほんばこ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウォーリーと16人のギャング (こころのほんばこ)の作品紹介

大人もこわがる16人のギャングに、どうどうとしょうぶをいどむ、ちびっこウォーリー。あの手この手をつくして…、さぁ、いったいどうなる!?

ウォーリーと16人のギャング (こころのほんばこ)はこんな本です

ツイートする