大きいツリー小さいツリー (ゆかいなゆかいなおはなし)

  • 20人登録
  • 3.86評価
    • (3)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : ロバート・バリー  光吉 夏弥 
  • 大日本図書 (1977年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (65ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784477167657

大きいツリー小さいツリー (ゆかいなゆかいなおはなし)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み聞かせ 9分

  • 大きなクリスマスツリーが先がちょっと大きくてちょんっと切れれていろいろな人や動物たちのツリーとして喜ばれ共有されていく様子に幸せをお裾分けしているみたいだなって思いました。

  • ウィロビーさんのおやしきのクリスマスツリー、大きすぎてさきっぽが天井にちょっとつっかえます。
    執事のバクスターはおのでぱっさりさきっちょを切り落としました。
    そしてそのさきっちょはこまづかいのアデレードへ。アデレードの部屋でもちょっぴりつっかえるので、ぱっさり…
    だんだんと小さな部屋に運び込まれるツリーが最後にたどりついたところは?(i44)

  • ウィロビーさんのおやしきの大きな大きなツリー。でもてっぺんが天井につっかえちゃって、ちょきん。そのてっぺんがいろんんな人や動物の手に渡り、それぞれにちょうどいい大きさのツリーに大満足。

  • 小さい頃からとても好きだった本。お金持ちのウィロビーさんのツリーの先が、だんだん小さくなりながら皆のところに幸せを届けます。

全5件中 1 - 5件を表示

ロバート・バリーの作品

大きいツリー小さいツリー (ゆかいなゆかいなおはなし)はこんな本です

ツイートする