きみはダックス先生がきらいか (てのり文庫 477B 4)

  • 10人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 灰谷健次郎
制作 : 坪谷 令子 
  • 大日本図書 (1988年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784477170138

きみはダックス先生がきらいか (てのり文庫 477B 4)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ぐだぐだでちびで短足のさえないおっちゃんであるダックス先生。
    はじめは親にも子どもにも、ずいぶんといけてない印象をあたえてしまう。
    学校の規則を勝手にゆるく適当にかえちゃうし。親からみたらはずれの先生だろう。
    でも、実は、言動・行動は全部本人なりに計算されている。
    子どもたちにものを考えさせるきっかけとなる出来事があったら、
    それを逃さず、最適のタイミングでボールを投げる。
    最後は子どもたちのほうがいろんなことに気づき、考えて、変わっていく。
    すごいなあ。

    ぐだぐだな主人公が実はすごいことをやってのける話って
    結構すきだったりします。

    型にはめても、良くて型どおりまでなんだよね。
    型にはめないと、たまにすごいのができるのよ。
    (まじめな人は、ちょっと目からうろこかも。)

    2011/06/30

全1件中 1 - 1件を表示

灰谷健次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

きみはダックス先生がきらいか (てのり文庫 477B 4)を本棚に登録しているひと

きみはダックス先生がきらいか (てのり文庫 477B 4)はこんな本です

きみはダックス先生がきらいか (てのり文庫 477B 4)の単行本

きみはダックス先生がきらいか (てのり文庫 477B 4)の-

ツイートする