投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方

  • 583人登録
  • 3.40評価
    • (24)
    • (86)
    • (152)
    • (11)
    • (6)
  • 109レビュー
著者 : 竹川美奈子
  • ダイヤモンド社 (2007年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478000243

投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごく実践的で参考になった。これから投資をはじめるときにはもう一度読み返して勉強したい。日本債権、日本株式、海外債券、海外株式のインデックスに1111でとりあえず投資すればよいのかな。

  • 内容はそれほど難しくなく,理解し易かったです。投資信託についてのメッセージ性を強く感じさせる本でした。

  • 銀行や証券会社の宣伝にたいして知識を持たねば!と借りてみたのだけど、基礎知識がないため具体的な部分はながし読み。

  • 投資信託を購入するための指針。

    ・保有中の手数料は1%以下に抑える。
    ・リスク限定をすることは、リターンも限定されてしまう。
    ・インデックスファンドを核とする。
    ・積み立てをしていくドルコスト平均法をし、リスクを分散。その為にはノーロードのものがよい。
    ・1年に一度は資産配分の見直しをする。
    ・私の年代にとっては日本国債は買わない。日本株式・外国株式・外国債券でポートフェリオを作成する。


    証券会社や銀行の窓口で薦められる商品は、「販売者側」の利益になるような商品ばかり。
    中には良い商品もあるかもしれないが、見極める目を持たないといけない。

  • お金の殖やし方・守り方に引き続き、お勉強に読みました。
    (BOOKOFFにて100円で発見♪)

    書いてあることはもっともなのですが、本書に書かれている事を認識して投資をしている人は少ない気がします。

    投資を検討している人は必読の一冊です。

    ちなみに2010年版が出ている様です。

    景気が良かったころの本なので、内容が古い部分が多いですが、基本は十分学べます。

  • 損な投信の見分け方が分かりやすい。

  • 様々なタイプの投資信託がある中で、買ってはいけないもの、お勧めのものを解り易く教えてくれる一冊。

  • 初心者向けに、具体的に良いポートフォリオを解説。
    具体的なファンド名も挙げており、非常にわかりやすい。
    また、読者の年代別にポートフォリオのオススメ例が記載されているのも、イメージしやすくてとても良かった。

  • 要約すると、「金融関連の人がおすすめしてくるモノは、基本的に金融会社が得するだけで、個人投資家には損なシロモノ」という内容。あとは簡単な概要。わかりやすいといえば分かりやすいが、逆に根拠に乏しいところもある。

  • 素人が騙されやすい金融業者の宣伝文句を、いくつかの典型例ごとに詳しく解説してくれている(「年利●%」と高金利を強調しつつ、ものすごく小さい文字で「適用は最初の1ヶ月のみ」と書かれているようなアレ)。本書発売時点でのネット証券のサービス比較や、手数料の安いオススメ投信の紹介もあり、なかなか使える1冊だった。

全109件中 1 - 10件を表示

竹川美奈子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方を本棚に「読みたい」で登録しているひと

投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする