投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方

  • 574人登録
  • 3.40評価
    • (24)
    • (85)
    • (150)
    • (11)
    • (6)
  • 107レビュー
著者 : 竹川美奈子
  • ダイヤモンド社 (2007年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478000243

投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方の感想・レビュー・書評

  • 少額だが買っちゃった後にこの本を読んだ
    もっと勉強しとけばと後悔してる

  • 【ダメな投信】
    ・分配金をもらう回数、金額が多いほど投資効率は落ちる。
    ・金融機関のオススメ商品は手数料が沢山かかる事を知っておく。
    ・手数料(管理報酬、信託報酬、販売手数料、換金手数料、税金)がかかるだけ資産は減る。
    ・ハイリスク、ハイリターン。ローリスク、ローリターン。は基本。

    ・新興国への投資はギャンブル。やるとしても運用資金の10%未満に留めておく。手数料も割高。
    ・流行はみんなが良さそうだと思った時がブームの頂点。株価の暴落が近い。
    ・「リスク限定型」「元本確保型」「変額年金保険」→複雑すぎて損をする事が多い。

    【良い投信】
    ・アクティブ運用よりパッシブ運用。アクティブファンドよりインデックスファンド。
    ・「日本株式」「日本債券(個人向け国債)」「外国株式」「外国債券」に分けるのがいい。
    ・信託報酬や販売手数料がどれくらいかかるかの情報はモーニングスターや投資信託協会などで確認することができる。
    ・保有中にかかる手数料率は1%未満が原則。
    ・販売手数料がかからない=ノーロード
    ・買うときは何回かに分けて買うことでリスクを分散する。→自動積立
    ・コストにこだわるなら、インデックスよりさらに信託報酬の安い「ETF(株価指数連動型上場投資信託)」を購入するのが良い。
    ・投資体験。5万円を半年から一年かけて投資。MMF、個人向け国債(変動10年)、TOPIX連動型のインデックスファンド、米ドルMMF、ユーロMMFに1万円ずつ投資してみる。
    ・余裕があれば10年程度で満期を迎える外国債券を毎年買う。→満期後、毎年償還金が貰える。
    ・ゼロクーポン債も手堅い。
    ☆セゾン投信
    ・国債は金利が低いと×。金利が高い時○。

  • 投資信託スタートです。

    「物事を始める前に、それに関する本を最低10冊読んでいた」という田中角栄元総理のエピソードを聞いたことがあります。それに習い、とりあえず5冊読んでみました。8月中に10冊はクリアすると思います。

    FXでは10冊読んでも木っ端微塵でした。スイングトレードよ、さようなら。

    これからは、堅実に長期投資です。

  • 投資関連では良心的な本。
    変な誘導や宣伝がない。
    ずっと積読にしていたことが悔やまれる。
    2014年に出版された『新・投資信託にだまされるな!』もよむことにする。

  • インデックスファンドで運営
    購入手数料は無料(ノーロード)
    管理手数料 1%以下が望ましい
    外国証券取引口座管理料 3000円程度
    為替手数料 1ドル 2円程度 1.6%
    外貨投資信託はMFFがオススメ

    販売手数料 2%〜3%
    ネット証券は無料の場合あり

  • 毎月分配型は資産形成には向いていない。

  • やっぱ、投資信託やめとく・・・。

  • すごく実践的で参考になった。これから投資をはじめるときにはもう一度読み返して勉強したい。日本債権、日本株式、海外債券、海外株式のインデックスに1111でとりあえず投資すればよいのかな。

  • 投資信託は手数料がポイント
    信託報酬は可能な限り抑えたい
    ネットバンクは手数料が低く抵抗がなければよい。抵抗あればUFJ信託が手数料控えめ。

    日本債券、外国株、外国債券の3本柱でリスク抑える

  • 投資信託を始める前にこれを読んでおけば良かった。分配金を配るタイプのものは目先の利益だけでトータル的にはあまりお勧めできない。

  • 投資信託本では彼女がNo.1だな。

  • 2013年10月西宮図書館

  • 中期、長期の投資信託を薦める本。

    資産分配例として
    「日本株式」/トピックスオープン/40%
    「外国株式」/ステートストリート、外国株式インデックスオープン/20%
    「外国債券」/中央三井外国債券、インデックスファンド/40%

    を推奨。無理は禁物。

    それぞれ各1万づつ年率6%を目標とする。

    ローコスト(ノーロード)で良質なものを選ぶ。
    メインは日本株式。
    円高のときは外国債券。

    販売手数料と信託報酬が高いものは避ける。
    ランキングは当てにならない。広告宣伝も騙されるな。
    新規参入はダメ!実績ないのもダメ!

    「手数料の安いまっとうな商品をあたためる。」


    古い本なので、投資信託のシステム、手数料のシステム、さわりの部分だけを真に受けることとする。

  • 投資信託を「買うな」ではなく、「正しい投信を選んで買おう」という内容。

    金融機関の広告例がリアルで面白い。定期預金との抱き合わせ商品など、「なるほど、こうやって儲けているのか」と作る側の視点から投信を見ることができる。

  • 信託に共通することは、間をかませれば必ずコストがかかること。
    リスクとリターンとコストと税金の四つをしっかりと把握し、長期的な視野に立つ。
    投資信託にだまされるな!というのは知識を持つ必要があることも視野に入れるということ。

  • 投資信託を買う時に読み返そう。

  • 未読$$そうとう待った割りに未読なり。$$信託やってる場合では無いのです。

  • だまされそうになった立場から言うとこの本は「買い」だと思う。実際にありそうな広告例や手数料など投資信託を買う前に知っておいた方が良い事がとてもわかりやすく書いてあった。まずはこの1冊。

  • 投資信託の基礎について書かれている。
    第4章は実名を出してお勧めの会社や投信を紹介しているが、出版されて1年以上経過しているのでそのまま鵜呑みにするわけにはいかない。こういう本はそのままにするより年度版みたいな形で毎年更新した方がよいのではないかと思う。

  • ちょっと内容が古いかなと思ったら、新しいのが出ていました。

  • 古いという点も含めて、
    まったく読む価値のない一冊だった。


    学ぶこと、真新しいことは何もなかった。

  • 投資信託の販売をするものとして、ずっと気になっていた一冊。

    基本的には、ご指摘の通り、といったところ。
    広告で顧客心理をくすぐっている点や、手数料が高い点。

    窓口での販売には、窓口なりの価値もあるはずです。
    それは金融商品に限らず、営業とは何かを問われるものですよね。

    銀行でだまされた!とならないために読んでおく、というスタンスであればいいかもしれません。

  • 今までは読んでもすべて記憶に残らなかったけど今回は一部検討事項となった。

  • 投資信託の初心者向けに買ってよい商品、悪い商品の選び方を分かりやすく解説。手数料が安いネット証券でインデックスファンドを柱とした資産分散投信を行うのがベスト。

全107件中 1 - 25件を表示

竹川美奈子の作品一覧

竹川美奈子の作品ランキング・新刊情報

投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方を本棚に「読みたい」で登録しているひと

投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする