スティグリッツ教授の経済教室―グローバル経済のトピックスを読み解く

  • 174人登録
  • 3.32評価
    • (5)
    • (14)
    • (40)
    • (2)
    • (1)
  • 17レビュー
制作 : 藪下 史郎  藪下 史郎  藤井 清美 
  • ダイヤモンド社 (2007年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478000847

スティグリッツ教授の経済教室―グローバル経済のトピックスを読み解くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2001年「情報の経済学」構築によりノーベル賞受賞、現コロンビア大学教授のスティグリッツ教授が、ダイヤモンドに寄稿した2003年から2007年にかけての記事をまとめたもの。
    2010年現在から過去を振り返りその様相を眺めつつ、ここでとりあげられたトピックスが今なお議論の最中であり、読み返す意義あり。

    こういう本に書いてあるようなマクロな視点って、自分の仕事について考えるときに、眼を通すと良いと思う。自分の仕事と世界の繋がり、なんて想像してみてはいかが?

    教授の基本的な価値観は「民主主義」と「社会正義」であり、情報を整理し参加意識の高い市民の育成をしようとする使命感、地球環境維持や貧困の削減追求といったものへの正義感にあふれており、必要ならば相手が世界の最高権力者でも闘う賢人と思慮しました。

    内容そのものについて、批評的な読み方ができるほど知識がないので恐縮ですが、とりあえず、頭の中にメモしたキーワードは以下のとおり

    ■中央銀行はえてしてマネタリズムで「インフレ抑制」だけ考えがち。だがこれは論拠はなくイデオロギーにすぎない。
    ■ポピュリストが人気があるのはテクノクラートが知らない何かを知っているからかも、と考えてみるべし
    ■アメリカ貿易赤字について米政府は過去に日本、今は中国を責任転嫁しようとしているが、それは間違い
    ■世界銀行、IMFのトップの決め方は、国籍問わないべき
    ■定言命法はない。勝者と敗者、アメとムチは存在。全体としてパレート優越のバランスを目指せ
    ■ロシア新財閥に課税を!
    ■「長期的には我々は皆死んでいる」byケインズ。限られた時間の中で結果を求めるプラグマティズムという視点で政策をチェックせよ
    ■年金民営化は無駄。政府が管理できるお金を外に出すだけ。しかもコストは増える。民営化=高額な雇用費用利益確保などのコストがかかる。
    ■腐敗した国家は開発の妨げになる。世界銀行といった経済ファンクションでも、政治的要素への介入は不可欠
    ■過去、対外援助は友好を買うものだった・・・。対外援助には多面的(お金だけでない)投資・活動がセットでないと無駄になる。関税廃止の言葉の罠に気をつけろ!
    ■グリーンスパン神聖化はおかしい。中央銀行独立、という第三者的立場、客観的立場、ということで彼の行った定言(ブッシュ政権下の減税)がもたらした悲劇。実は中央銀行は独立してない?!
    ■アメリカがやってきた二国間貿易協定はNG。多角的貿易体制をは買いしてはならない。
    ■中国は持続可能な成長を維持するために自身が変わらなければならないことを理解し、政策をたてている。

  • 「経済」は何となく皆が一家言を持ちたくなる分野だが、一般に流布する”一見もっともらしいが正しくない"説などを専門家として批評していく。某大統領に読んでもらいたい。
    (2007年購入・読了。2017年売却)

  • この方の本はやはり勉強になる点が多いです。

    この本も1週間という時間をかけて、

    項目項目で読み進めています。

    一気読みすると、相当な根気がいります。

    考えながら読むことが多いのです。

  • 経済学者として、象牙の塔の住人ではなく実践的な活動を行っていくためには政治家としての要素は避けて通れない。それはわかるのだが、本書には著者の政治的なポリシーがあまりにも強く反映されすぎているために、一流の学者ではなく、タブロイド紙の二流の編集者が書いたような内容になってしまっている。つまり他者に対する批判があまりにも多すぎるのである。

    もっともこれは邦題のつけ方に問題があるのかもしれない。元のタイトルは「現状の体制に訴える」というものになっており、それであれば確かに内容とは合っているが、間違っても「経済教室」といえるものではない。

    あまりにも反体制的な著者のスタンスに辟易して☆1つでもいいかとも感じたが、環境保護や開発途上国への知的財産の提供など訴えている内容は(倫理的には)間違っていないと思うので☆2つにしておく。

  • 切れ味するどく期待通りの内容。マクロ経済や国の格差・世界機関を理解する上でも良い書籍です。

  • ジョゼフ・E・スティグリッツ博士の本。

    これは2007年の本なので、まだ世界崩壊前の話である。
    故に、一分現在の状況ととは違う処があるが、経済学者の政府関係者に対する愚痴として捉えると非常に面白い。

    竹中平蔵が、亀井静香に噛み付くみたいなものか、いや違うな。

    とにかくスティグリッツ教授は、ブッシュ政権が大嫌いで、事あるごとにチクチク理論武装して突っ込みまくる。

    これはどういう事かと言うと、彼はケインズよりなのである。故にニューディール政策的な公共投資をあまりせず、金融資本だけでぶん回してきたブッシュ政権が大っきらいなのである。

    よってゼーリック等も袋叩きにしている。もちろん、アラン・グリーンスパンもだ。

    ・・・ちょっとまてよ、と。結局この本の本文って何?

    それは簡単です。ブッシュ政権が犯した過ちに対する反省文と、私ならこうしましたという論文です。

    なので霞関係者の方の中にはスティグリッツ信奉者が比較的多いのかもしれません。

    かく言う私もこの本は、某大学教授で某省審議官だった方から頂いたものですので(笑)、霞のかたでしたらどうしてもケインズよりになるだろうなぁと思います。

    池田信夫先生と村上グーグル名誉会長はマンキュー派みたいです。

    私はとりあえず、スティグリッツ理論は理解したし、親日派っぽいのでスティグリッツ教授の教科書を買いました。でも、読み終わったらマンキューも買ってみたいと思います。たぶんその頃には日本語訳された最新版のマンキューのマクロ経済学の本も出ていることでしょうから。

  • グローバリゼーション、地球環境、国際貿易、中国の台頭、イラク問題…。ノーベル賞経済学者・スティグリッツ教授が世界の重要テーマを鋭く分析。間違いだらけの政策・学説を論破し、正しい考え方を提示する。(TRC MARCより)

  • 2007
    ノーベル経済学賞受賞した経済の大家

  • (08.5.29)

  • 8ポンド(購入時:1,750円)
    新品

全17件中 1 - 10件を表示

ジョセフ・E・スティグリッツの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トーマス・フリー...
デール カーネギ...
ジョージ・A・ア...
有効な右矢印 無効な右矢印

スティグリッツ教授の経済教室―グローバル経済のトピックスを読み解くを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スティグリッツ教授の経済教室―グローバル経済のトピックスを読み解くの作品紹介

ノーベル賞経済学者が世界の重要テーマを鋭く分析。間違いだらけの政策・学説を論破し、正しい考え方を提示する。書き下ろし論文「21世紀初めの日本と世界」収録。

ツイートする