ドラッカー名著集9 「経済人」の終わり

  • 205人登録
  • 4.11評価
    • (23)
    • (8)
    • (13)
    • (1)
    • (1)
  • 28レビュー
制作 : 上田 惇生 
  • ダイヤモンド社 (2007年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478001202

ドラッカー名著集9 「経済人」の終わりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あまりにも有名な本著は、ドラッカー29歳の時の処女作として、そして1933年という宥和政策の時代にファシズム全体主義を喝破した本として知られています。

    その若さで既にして膨大な著作を読み、混沌とした時代に先を見据えたことは驚愕に値します。

    本著を読み終えたウィンストン・チャーチルは真っ先に書評を書き激賞しました。そしてその後首相になったとき真っ先に取り組んだ仕事は、士官学校の卒業生への支給品に本著を入れたことでした。前線に立つ指揮官へ、ファシズム、レイシズム、全体主義が許されざるものだという理論的支柱にしたのです。

    宥和政策の時代、ナチズムはドイツ人の国民性に起因する特殊要因とする説と、マルクス主義者にとっては資本主義最後のあがきとする説の二つが有力でした。

    これに対しドラッカーは、マルクス社会主義が失敗したからこそヨーロッパの大衆を絶望的な熱狂に駆り立てた要因とします。そして背景に「恐慌と戦争という二つの魔物たち」に襲われたことがナチズム隆盛の要因としています。

    さらにファシズムとは、あらゆる主義や権力を否定するだけであるとし、前向きな信条はないとします。大衆が熱狂的に全体主義を支持したのは新規な信仰箇条の性せいはなく、否定そのものであったとします。ファシズム全体主義は否定がその綱領であると。

    一番印象に残ったのは、「大衆の絶望こそが鍵である」という一説です。大衆の絶望こそファシズム全体主義を理解する上での鍵で、旧秩序の崩壊と新秩序の欠落による「純なる絶望」によってファシズムが隆盛したのだとドラッカーは言います。

    今のわが国を覆うのは閉塞感といいますが、言葉を変えれば「絶望」であるといえます。そして新秩序の欠落というのも当てはまります。

    そんな時、「否定」が大衆の熱狂を呼び、そして進む道は何かということをドラッカーは明示しています。

    あまり書くと政治的になるのでここまでとしておき、本著は社会と大衆は何かという視点で読み進めると大変参考になります。

    本著のタイトルは「経済人の終わり」で経済論を内容とするように思えますが、内容は社会学です。蛇足までに。

    以下印象に残った文章。

    ・「国民性とは歴史を説明できない歴史家の言い訳」との箴言。

    ・ヒトラーを支持したものは、下層中流階級、肉体労働者、農民など、当事の社会の不合理性と悪魔性に苦しめられていた層だった。ナチスの資金の四分の三は、一九三〇年以降でさえ農民や失業者が毎週払う党費や、大衆集会への参加費によってまかなわれていた。

    ・ドイツとイタリアという二つのファシズム全体主義国において、その主たる目標としての完全雇用は実現された。かつての失業者のかなりの部分が、経済活動ではなく軍や党で働いているにすぎないとの指摘は、完全雇用政策の成功をいささかも傷つけない。(中略)そのような経済が永続しうるものか破局にいたらざるをえないものかを検討する前に、ファシズム全体主義経済それ自体はインフレ制作ではないことを理解しておく必要がある。諸費を抑えあらゆる種類の内部留保を動員する制作はデフレ政策である。

    ・ナチズムは悪魔の化身、第三帝国によって和解しえない敵としてのユダヤ人抜きには自らを正当化できない。自らを正当化することが必要かつ重要になればなるほど、ファシズム全体主義は新しい悪魔を見つけなければならない。

  • 邦題、『「経済人」の終わり』は、原題 ”The End of Economic Man” の直訳。
    「経済人」とは、人間を「自らの経済的利益に従って行動するもの」とする、アダム・スミスに由来する規定。
    資本主義も社会主義も、人間の本性をそのように捉えた上に成り立っており、ここでいう「経済人」の終わりとは、資本主義及び社会主義の破綻を意味している。
    本書が世に出たのは1939年4月。ドラッカー29歳の処女作で、ドイツのポーランド侵攻(同年9月)の直前、まさに第二次大戦前夜に出版された。
    この時代、急速に勢力を伸ばしてきたファシズムを分析し、いち早く自由主義の立場から反論を投げかけている。

    なぜ大衆がファシズムを受け入れたのかという社会背景を探っていく中で、まず資本主義とそれを克服すべく現れた社会主義が、立ち行かなくなった理由を分析する。
    「ブルジョア資本主義とマルクス社会主義の信条と秩序は、いずれも個人による経済的自由を実現すれば自由と平等が自動的にもたらされるという目論みが誤っていたために失敗した。(P.43)」
    資本主義は1929年の大恐慌もあり、失業などの深刻な問題を解決できずにいた。またマルクス主義も階級のない社会を実現できず、理論的にも破綻していた。

    そんな閉塞した状況のなか、ファシズム全体主義はそれらに替わるものとして登場した。
    経済政策の上では、脱経済至上主義社会。まがいなりにも完全雇用を目指し、軍国主義のための軍事的自足を図る。そのめたに軍拡を続け、それゆえ次々と敵を作り上げた。
    また、社会政策では、組織を自己目的化することによって、社会の維持を図ろうとした。こちらも、ブルジョア資本主義と自由主義という敵を設定し、その象徴としてユダヤ人を迫害した。

    今から考えると、大衆はなぜこのようなファシズムを選択したのか理解に苦しむが、それほど経済的、社会的な困窮が激しく、先の見えない状況に陥っていた。
    結果的には、ファシズム全体主義側の敗北で終わったが、「経済人」に替わる人間観、価値観はいまだないままで、ファシズムに突き進んだ根本原因は未解決のままである。

    「経済人」の社会が崩壊したあとに現れる新しい社会の条件は、経済的な平等が実現され、社会の中心には別の価値観が据えられなければならない。
    本書が出版されてから70年余り、まだまだ「経済人」が中心の社会から変わっていないことを実感する。

  • ~衝撃の書でした。

    ドラッカーが29歳、1939年に書いた処女作。
    彼の本をかなり読んできたなかでも、難しいと思い
    ます。

    そして、これまでドラッカーを読んできましたが、彼の
    知性の本当の凄み、もっとも衝撃を受けた書。

    ① 29歳で得た知識と見識の量と質
    ジョンスチュアートミル、キルケゴール、ニーチェ、
    その他一切名前を聞いたことがない哲学者/政治学者な
    どを整理し歴史に位置づけ、自分自身で評価。どんなに
    頭がいいとしても30年足らずしか生きてない人間がこれ
    だけの知識と見識を持てるのか。衝撃です。

    ② 政治についての本。
    ドラッカー先生は経営学の祖ですが、それはたまたま、
    天才の彼の関心がそっちに向かったためなんだと理解しま
    した。彼は人の集まりを読み解くこと、自身は社会生態学者
    と自任していますが、29歳の当時はそれが、ナチズムや社
    会主義などの政治。戦後は会社(NGO含む)という集団に興
    味が移った、と。マーケティングを作ったともいわれますが、
    それは、物/サービスに対価を払う人の集まりを捉えただけ。
    政治学や経営学など小さな区割りで分けられない底知れぬ巨
    人さを感じました。

    ③ 気骨。
    ヒトラーが政権を握った1933年に書き始めています。狂信的な
    人々に支えられた権力者を批判的かつ冷静にここまで書けるの
    か。覚悟、気骨を感じずにはいられません。


    本の内容、わたしなりの理解はは以下の通りです。時代背景と彼
    の生きた年数を考えながら読むと、深さがぐんと増します。

    第1章では当時のファシズム全体主義のイメージを覆し、
    彼らの綱領は「あらゆるものの否定」と喝破します。反宗教
    であり、反無神論。反資本主義であり反社会主義。そして、
    第2章に語られているようにブルジョア資本主義、マルクス
    資本主義への失望。とくにマルクス社会主義は救世主にならず、
    むしろその失敗がヨーロッパ大衆をファシズムへの絶望的な熱
    狂に走らせたと主張します。

    第3章では、ファシズム全体主義が生まれた歴史的経緯、第
    一次大戦、恐慌からの流れ。第4章では、社会主義/ブルジョ
    ア資本主義の失望の受け皿にキリスト教はなるかを解いて
    いきます。

    第5章でファシズム全体主義がドイツとイタリアで出現したが、
    それは国民性とは関係ないこと、第6章ではファシズム全体主
    義の経済の実態、第7章では彼自身もそうですが、ナチスが敵
    視するユダヤ人についてとりあげます。

    そして、第8章はこれから起こりうること、独ソ不可侵条約締結
    を予言します。

    タイトルの"「経済人」の終わり"とは、ブルジョア資本主義、
    マルクス社会主義が基盤としてきた「経済人」を示します。

    そして両主義がもたらすはずだった"自由と平等の社会"は、第一次
    世界大戦/アメリカの大恐慌で、両主義では実現できないと感じとった
    たヨーロッパの大衆が逃げ込んだのがファシズム全体主義。「経済人」
    は終わったというのです。

    正直、本だけでは時代背景や主張が分からず、情報を集めながら
    読みかじった結果です。まだ自分でも理解足らずの部分が多々あ
    ります。

    ただ、ドラッカー先生の経営の本などは彼の力の一部で、彼の奥
    深さ、巨大さを実感。経営の本だけ読んでいては本当の凄みに気
    づかなったところでした。


    【目次】

    第1章 反ファシズム陣営の幻想
    ファシズム全体主義への誤解
    新しい諸症状を分析する
    大衆心理の不思議
    背理ゆえに信ず

    第2章 大衆の絶望
    マルクス主義はなぜ失敗したか
    ブルジョア資本主義の約束不履行
    「経済人」の破綻
    秩序を奪われ、合理を失う

    第3章 魔物たちの再来
    世界大戦と大恐慌が明らかにしたもの
    魔物たちを追放せよ
    経済的自由を放棄する
    ファシズム全体主義の登場

    第4章 キリスト教の失敗
    キリスト教の戦果
    知的エリートとキリスト教
    教会は無力である
    ファシズム全体主義に対峙できるか

    第5章 ファシズム全体主義の奇跡
    ドイツ人とイタリア人の国民性
    与えられた民主主義と獲得した民主主義
    ムッソリーニとヒトラー
    ドイツのナチズムとイタリアのファシズム

    第6章 ファシズム全体主義の脱経済社会
    産業社会の脱経済化という奇跡はなるか
    不平等を相殺する社会有機体説
    軍国主義による脱経済化
    ファシズム全体主義経済の実態
    深刻化する資源の輸入問題

    第7章 奇跡か蜃気楼か
    戦争と平和
    聖なる戦いの末路
    反ユダヤ主義はこうして起こった
    ブルジョア資本主義の化身としてのユダヤ人
    信条ではなく組織がすべて
    社会の規範を超越した指導者原理

    第8章 未来
    独ソ開戦に託された道
    独ソの利害は一致するか
    新しい秩序に基づく新しい力

    付録
    付録1 1939年初版へのチャーチルによる書評
    付録2 1939年初版への序文
    付録3 1969年版へのまえがき
    付録4 1995年版へのまえがき
    付録5 年表ーあの頃の歴史(第一次世界大戦から第二次
    世界大戦へ)

  • "ドラッカーの処女作。

    経営の話しでなくて、全体主義が、社会的、経済的、政治的になぜ出てきたかという話しと、今後の見通しとして、ナチスはソ連と手を結ぶだろうと、だれもが電撃的な不可侵条約に驚く前に、それがほとんど必然であることの予言。

    1939年、ドラッカー29才のときの作品ということだが、この分析の重厚さ、鋭さ、先を見通す力はとんでもないものがある。それだけでも驚きなのだが、これは1933年、ナチスが政権をとったとき、つまり23才から書き始められたということ。

    ドラッカーって、そこまで好きではないので、こういう戦前の作品は、マニアが読むものだと思っていた。ところが、これはドラッカーが書いたということを外して、全体主義の分析として古典のレベルとなっている。

    ドラッカーのスタートがここにあるのかと思うと、ちょっとドラッカーの読み方が変るかもですね。

    ほんとすごいよ。

  • 課題図書

  •  経営学の父とかマネジメントの創始者とか言われてるけど、この本の内容はファシズム全体主義とブルジョア資本主義とマルクス共産主義に関して。面白いほどにマネジメントとかの話は出てこない。ドラッカーが1939年に書いた論文で、その頃はまだ大量生産の時代だったから知識労働とかの話は出てこないけど、エッセンスを集めました的ビジネス本なんかより、非常に勉強になる。

     どんな社会背景からファシズムが芽生え、なぜイタリアやドイツで国民の支持を集め広まったのか。そのあたりのことが熱を込めて書かれている。ちなみにこれを書いたのはドラッカーが27歳の時、マジかよ

  • 産業社会を経て 第2次大戦後の社会・経済を紐解いている作品

  • 【書評】
     自由と平等を達成し、大衆の福祉を向上するために経済的満足を最優先に希求するという社会的教義—経済至上主義たる「経済人」の秩序。それは「魔物」を退治出来なかったがゆえに大衆の支持を失った。ファシズムはそのような「経済人」秩序に引導を渡すことに成功した。脱経済至上主義を目指し、新しい人間観として組織に至高の価値置く「英雄人」を打ち出した。大衆は絶望から理性を放棄し、「不可能を可能にする奇跡」をファシズムに期待した。ファシズム全体主義に不満であるがゆえにそれを支持する宗教的信仰をみせた。しかし、ファシズム全体主義の提示した、人間の犠牲を正当化する概念は社会と相容れず、自己矛盾を抱えた観念であった。
     この矛盾、旧秩序への否定がファシズム全体主義の本質であった。ファシズムは矛盾を隠し自らを合理化するべく、「目に見える魔物」をつくり出した。ファシズムにとってのこの魔物は「和解不能の敵」である。そしてこの「敵」こそが西欧のブルジョア資本主義である。
     ドラッカーは、「なぜ民主主義勢力は自らの信条全てを脅かす脅威を抑制出来ないのか?」と問い、肯定的信条に基づく新しい秩序を作るため、ファシズム全体主義を正しく認識することが不可欠であるという。ファシズム全体主義への見立てを通じ、ドラッカーが本書で提示するものは、西欧の歴史が、いかに自由と平等を叶える秩序への動的な願望によって動かされ、いかに人間が社会における自らの役割を求めるかである。
     ドラッガーがじかに見聞きしたファシズム全体主義を理解することは、彼の思想の原点を理解する王道である。ドラッカー29歳のときの衝撃のデビュー作。

    【コメント】
     ドラッカーはブルジョア資本主義とマルクス社会主義が信奉した「経済人」秩序—個人の経済的自由を自由と平等を達成するために最優先する経済至上主義—の崩壊とそれに変わる秩序の不在との虚を衝いて、ファシズム全体主義が断ち現れたと喝破する。そしてファシズムは、矛盾や否定に立脚するため、大衆には夢を見させる程度のことしか提供出来ず、本質的には脆弱性を有していると考えている。むしろ、ファシズムがヨーロッパの信条を脅かすにも関わらず、正しくそれを認識出来ていないことがヨーロッパの民主主義を弱め、ファシズムの提供する虚構を真実だとみなす風潮をつくり出すという認識を軸に本書は書かれている。
     なぜファシズム全体主義が生まれたのかいついて理解することがドラッカーの世界観をみるのに一番都合がいいのではないか。ドラッカーはファシズム全体主義の登場を西洋文明の文脈で捉え、「西洋の歴史に特有の動的な性格」(p223)が生んだとしている。つまりヨーロッパには、人間本性における、ある領域—精神、知識、政治、経済など—を社会の中心として位置づける秩序が常に存在し、その領域を通して自由と平等を追及して来たという歴史的プロセスがある。このダイナミックなプロセスは「動的な性格」であり、ヨーロッパの大衆が新しい秩序が不在である、静的な現状に耐えられなかったがためにファシズムに向かったと捉える点は、筆者特有の理解である非常に面白い。
     本書では、1995年版のまえがきで述べられているように、社会を分析するために、政治や経済でない第三の方法を採用している。すなわち「社会における緊張、圧力、潮流、転換、変動の分析」をとおして「特異な動物たる人間の環境として社会」を分析するアプローチである。マックスウェーバーに準じているように、読者には非常に説得力があった。

  • 1939年ドラッカー29歳時の処女作ということで、経営学というより社会学の書籍だった。出身のオーストリアから追われた中で、ナチスをはじめとした社会・政治情勢について記したもの。ブルジョア資本主義が失敗し、マルクス主義が失敗した中で、大衆はファシズムに光明を見出そうとしたのか。当時としては斬新で、今となっては歴史をなぞっているような内容。本質を分析すると、未来も見えていたということか。

  • ドラッカーの世界観の原点。今の時代だからこそ読むべき!

全28件中 1 - 10件を表示

P・F・ドラッカーの作品

ドラッカー名著集9 「経済人」の終わりを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドラッカー名著集9 「経済人」の終わりのKindle版

ツイートする