効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法

  • 3924人登録
  • 3.45評価
    • (270)
    • (484)
    • (1001)
    • (102)
    • (32)
  • 565レビュー
著者 : 勝間和代
  • ダイヤモンド社 (2007年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478002032

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法の感想・レビュー・書評

  • 家にあったので読んでみた。
    本の内容は、タイトル通り、知的生産を高めるため様々な技術の紹介(目次はこんな感じ。一部省略)。

    第1章:自分をグーグル化する方法
    第2章:1%の本質を見極める技術
    第3章:インプットの技術
    第4章:アウトプットの技術
    第5章:知的生産を支える生活習慣の技術
    第6章:人脈作りの技術
    最終章:まとめ

    外資系でキャリアを積んできた著者らしい、明快で実用的な方法が並んでいる。実践できそうなもの、かなり難しいもの、色々あるが、特に「アウトプットの技術」を読んで、ブログでの情報発信のモチベーションが上がった。

    そして、生活習慣の技術は当たり前のようで、忘れがちなこと。特に印象に残ったのは、
    ・集中力を続かせる一番簡単な方法は体力をつけること。(例:1日1万歩のウォーキングや週2回の筋力トレーニング)
    ・睡眠=情報処理の時間(毎日6-7時間の睡眠は効率的な生産活動に必要。寝ないことで失う情報を換算したら、寝ないという選択はできなくなる)

    とりあえず、私も著者のアドバイスを受けて、5つの自分のテーマを設定してみた。ブログを使いながら、知的生産力を上げるトレーニングをしていきたい。

  • 今話題の人である勝間和代さんの、知的生産性を上げるための効率化の秘密をあますところなく披露した本です。

    大まかにはこんな感じの内容です。
    - 情報の重要性、ITの活用、フレームワーク
    - 本質を見極める技術
    - インプット、読書の技術
    - アウトプットの技術
    - 生活習慣の技術
    - 人脈作りの技術

    よくある自己啓発もののカテゴリの本で、それぞれの章で1冊ずつかけて語るような内容がぎゅっとまとめられたような本ですが、この本の特筆すべきは、最新のITツールを使いこなして生産性を上げるという点が多く触れられているところ。それもちょっとした小手先のTipsだけでなく、徹底的に、やりすぎでは?と思えるくらいにITツールを駆使しています(でも「グーグル化する」ってのは、なんだかなー(笑))

    内容は主に著者の経験を理由にした主張なので、それぞれの方法や考え方についての厳密な分析はされていないし、理由づけがある場合も弱かったり、意図的に主張にそった事実のみを挙げているように見える部分もいくつかあります。また、「自分はこんなにすごい」的な内容が多いのもちょっと鼻につくところもあります。

    ただ、「私のやり方」と、それによって出来上がった「私のこと」を披露することで、その方法にある程度の説得力を持たせることはできるし、知的生産性向上の方法の1つのやり方を共有しようとしている、という見方で読めば参考になることはたくさんあります。

    自分が気付いていなかったこと、自分が実践していなくて取り入れられそうなことはぜひ試していきたいです。

    具体的には

    - フレームワークを徹底的に蓄積する
    意識して使っているフレームワークは限られた分野のもの。一般的なフレームワークも、フレームワークと意識して使うほうが効果的だと思う。

    - 自分のフレームワークを作る
    自然に自分の中にできてはいるのだけれど、ぼんやりしたものが多いかも。言葉や文章で定義できるような明確なフレームワークを作ることが必要かも。

    - 失敗力をつける
    基本褒められるのが好き&怒られるのが嫌いなので、極力失敗をしないようにしている(というか、失敗しないことしかしないようにしてるかも)。確かに失敗した方が気付くことは多いだろうなぁ。

    - 目的意識を持ったコミュニケーション
    飲み会とか雑談とか楽しいし大事だけど、ただ楽しいだけの時間になってることも多い。

    - 学びを常に数字に置き換える
    数字を曖昧さを排除できて、明確にできる。他人の認識との誤解が少ない。

    - 情報を「Give&Give&Give&Give&Give」する
    情報は与える人の元に集まってくる、というのは僕の経験的にも正しい。

    などかな。

    それにしても、著者のバイタリティと、徹底した生産性向上のための武装には恐れ入るばかりです。
    これだけのことが全部できれば確かに生産性は10倍上がるかもしれない。

    ところで、Amazonのレビューを見てると、大体3パターンの評価に分かれるようですね。

    - すごい!感銘を受けた、私もやってみよう。
    - 著者は特別優秀だからそんなことができるのであって、普通の人にこんなことできるわけない
    - そこまでやらないといけないの?そんながんばってお金稼いでどうするの?お金がすべてっていう感覚がいや。

    本書を読んでどう捉えるかは人それぞれですが、その捉え方で既に生産性に差が出てるんだろうなー、なんて思ってしまいました。

  • 著者をなんとなく毛嫌いしていた感もあり、2008年頃に立ち読みして依頼、勝間本は読んでいなかった。
    最近Amazonレビューを見ていたら、著者の本がやけに評価下がっていて、さらに古本で1円になっていたので、今更ながらあえて購入。

    読んで良かった。
    タメになったこと、すでに実行していたこと、これはいいや…ということ、もう今更いらないな…ということなど、読みながらいちいち納得できることが多かった。

    文章も非常に読みやすく、売れるように作ってあるようだ。

    読んで損はないと思いました。

    もっとサイボーグみたいな人かと思っていたけど、かなり工夫して努力してるんだな…ということがわかりました。

  • あまりに超人じみていて、私にとってはまるで参考になりませんでした。

  • 新聞・雑誌・テレビ・ラジオは「4マス」
    あくまで加工情報であり、新鮮さが失われている
    大きなはずれはないが、単位当たりの情報量が低い
    他の人と差別化できるような新しい情報やフレームワークは手に入りにくい
    これらの4マスからの情報摂取時間を思いっきり少なくする

    知らない世界知らない情報について知るためのインデックスを作るために使う
    情報の伝えられ方のチェック

    本が格安の有料情報源
    保管しておくのは10分の1で、大切なのは著者が言いたかった骨子を頭に残しておく
    速読スキルを含め、スピード最優先

    地上波はめったに見ない
    ケーブルテレビでディスカバリーチャンネルやヒストリーチャンネルを見ている

  • この本のレビューを読んでいて、既にこの本で学んだものを取り違えている人がいることに気づく。「1500円の価値はあったかな?」なんてコメントがあった。この本を読んで、本の価値をお金の価値と見比べて「損した・得した」の話を始める時点で、その本質とズレていることに気づかないとは。。。。。
    具体的に、私がその日から始めたことは、本を読むこと。この本のおかげでそのきっかけに出会えたのだから、これはこの本との出会いに感謝。ビジネス書を読み漁るようになっている。勘違いしてはいけない、この本を読んだからといって劇的に変われることはほとんどないだろう。ただ、1つでも2つでも、「あ!」と思ったことをやってみるのなら、それは積み重なって全く別の自分を育んでいくかもしれない。マッキンゼーのノウハウなど、そういう至高のノウハウに触れるきっかけが得られても、それを詳しくインプットする行動力がなければ、何も変わらない。私は勝間和代が本書で紹介している本を片っ端から取り寄せている。それで何が変わるのかはわかないけれど、そういうことをやってみるきっかけが得られたというだけで、とても大事な本だと評価している。

  • 勘ディープスマート力
    良書を読む
    ベストプラクティス①客に接触②いい分析に集中
    価値の出せないところはバッサリ捨てる
    よく運動してよく寝る
    話す前に4つのポイント
    全体像、構造、最も重要なメッセージ、さらに必要な階層情報

  • 内容紹介

    マッキンゼー、JPモルガンで培った知の技術を初公開!
    ▼効率10倍のインプット術―情報洪水から1%の本質を見抜く技術
    ▼成果10倍のアウトプット術―ストレス半減!生産性倍増のフレームワークの作り方
    付録に、愛用IT機器・ソフト16、お薦め書籍116、厳選Audio Book33リスト付き ◎海外からも認められた実績の数々
    ■2005年「ウォール・ストリート・ジャーナル」から「世界の最も注目すべき女性50人」に選出
    ■2006年「エイボン女性大賞」受賞
    ■19歳で公認会計士2次試験を当時史上最年少で突破! ◎情報を通貨にして知的エリートに!
    ■1か月に100冊読む、読書投資法7か条
    ■アウトプット力を高めるピラミッド・ストラクチャー&MECE
    ■人脈が次々できる「情報のGive5乗の法則」
    ■睡眠は投資! 熟睡と運動こそが、知的生産の原点! 著者からのコメント この本は、私の元々趣味からできた本です。何か書いて欲しいと言われたときに、「情報は通貨である」「自分をグーグル化する」という二つのコンセプトの本でないと書きません、とわがままを言って作りました。 お陰様で、多くの方にご評価いただき、特に口絵の自転車姿のインパクトについては、いまでもずいぶん後々まで、言われています。

    効率化はギスギスするためではなく、ワークライフバランスを整えるため、そう考えてこの本を読んでいただければと思います。 またこの本は、「本で、もっと、世界にいいこと」Chabo!(チャボ)への参加書籍です。印税の20%が世界中の被災民・難民への教育・自立支援にあてられます。 本でみなさんと対話ができる時を楽しみにしています。

    著者について

    勝間和代(かつま・かずよ)
    東京都生まれ。経済評論家(兼公認会計士)。慶應義塾大学商学部卒業。早稲田大学ファイナンスMBA。現在、早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程在学中。 19歳で公認会計士2次試験を突破(当時史上最年少)。21歳で長女を出産。在学中から監査法人に勤務するが、ワーキングマザーとしての働きにくさから外資系企業に転職。以後、アーサー・アンダーセン(公認会計士)、マッキンゼー(戦略コンサルタント)、チェース銀行およびJPモルガン証券(ディーラー・証券アナリスト)を経て、経済評論家として独立。16年間で年収を10倍にした経歴を持つ。内閣府男女共同参画会議「仕事と生活の調和に関する専門調査会」専門委員。 会計・ファイナンスおよび少子化・ワークライフバランス問題に特に強い。 ウォール・ストリート・ジャーナル、フィナンシャル・タイムズ、ビジネスウィークなど、海外メディアにもコメントが多く掲載されている。2005年、ウォール・ストリート・ジャーナルから、「世界の最も注目すべき女性50人」に選ばれる。 2006年、エイボン女性大賞を史上最年少で受賞。3児の母。 著書に、『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法』『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』『インディでいこう!』(以上、ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『決算書の暗号を解け!』(ランダムハウス講談社)、『お金は銀行に預けるな』(光文社)などがある。 ブログ:私的なことがらを記録しよう!!

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

    勝間和代
    東京都生まれ。経済評論家(兼公認会計士)。慶應義塾大学商学部卒業。早稲田大学ファイナンスMBA。現在、早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程在学中。19歳で公認会計士2次試験を突破(当時史上最年少)。21歳で長女を出産。在学中から監査法人に勤務するが、ワーキングマザーとしての働きにくさから外資系企業に転職。以後、アーサー・アン... 続きを読む

  • 効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法

    2017/03/18読了

    ◎はじめに 数々の資格・賞を取得した新・知的生産術を公開!

    ◎第1章 自分をグーグル化する方法
    ◎第2章 情報洪水から1%の本質を見極める技術
    ◎第3章 効率が10倍アップするインプットの技術―アナログ手法とIT機器を融合
    させる方法
    ◎第4章 成果が10倍になるアウトプットの技術―マッキンゼー直伝! ピラミッド・ストラクチャー&MECE
    ◎第5章 知的生産を根底から支える生活習慣の技術―すき間時間、体力、睡眠に投資する発想転換のススメ―
    ◎第6章 自分の力が10倍アップする人脈作りの技術―情報のGive5乗の法則―
    ◎最終章 今日の5つの新しい行動から明日を変える!

    ◎巻末フルカラー付録 愛用IT機器・ソフト16、お薦め書籍116、厳選英語Audio Book33リスト付き

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    Googleとは知識の寄せ集めである

    フレームワーク→歴史から学ぶ
    ディープラーニングと失敗力→経験から学ぶ
    1500円と2時間で著者の何十年が手に入る → 本を読むことは非常に大事

    本を読む際は
    なぜこの本を読むのか、何を得たいのかを決めてから読むこと

    自分メディアを大切にすること
    空 見上げた事実 空をいっぱい見ることで雨と傘がわかってくる

    雨 解釈 (曇ってきたから降りそうだな)

    傘 解釈に対しての行動 (傘を持って行こう)

    空をいっぱい見るためには 同じ題材で3冊以上読むこと
    日常のアンテナは些細なことに対して疑問を持って調べ、新たな発見をすること

    ピラミッドストラクチャーとMECEを意識して会話をすることで
    論理的な話し方が可能となる。

    佐藤氏や池上氏、樺沢氏と同様、本を読むことが
    最も知識がつくという点は共通している。
    そしてネットの情報は 玉石混淆という点も一致している。
    改めてネット断食の必要性といままでの時間浪費を考えさせられた。

  • これまでに刊行した自己啓発書の中でも、折に触れてIT機器の活用を唱えてきた著者が、さまざまな情報活用術を紹介している本です。

    こうした本は、どうしても内容がすぐに古びてしまう運命にあるのは避けられないとは思いますが、それを差し引いても、前著『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法』や『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』(ともにディスカヴァー)に比べると、少し内容の密度が薄いような気がしてしまいます。一番の理由は、具体的なテクニックに終始していて、著者自身の情報活用術の中核にある理念が見えにくいことでしょうか。

    もちろん、本書の中で情報を「フレームワーク化」することの必要性を訴えている著者だけあって、できるだけ根幹にある発想を掘り下げようと努力していることはうかがえるのですが、著者自身が「はじめに」で言及している梅棹忠夫『知的生産の技術』、野口悠紀雄『「超」整理法』、立花隆『「知」のソフトウェア』などに比べると、やや見劣りがすることは否めないように思います。

    とはいえ、読者の一人ひとりが、一つでも役に立つテクニックを取り入れることができれば、この手の本としては十分に価値があると言えるのではないでしょうか。

  • とにかく自分の頭に残って実践するやつを一つ。
    フレームワークを作って使う。仕事のチーム内のデキの悪いメンバー用に、仕事を進める上でのフレームワークや、人への話しや相談、報告の伝え方のフレームワークを作ってみようと思いました。

  • pcは壊れるものさ
    隙間時間にガンガン読む
    やっぱiPodはいるね

  • 勝間和代を世間に知らしめた1冊。友達に「この本ってどう?」と聞かれたとき、「仕事をバリバリやりたいなら読むといいと思うけど、そうじゃないなら読まなくていいんじゃない」と言ったことを思い出した。

  • [2016/05読み終わり]少し前の本なので情報や機器の説明が少し古かったが、この方はこうやって進化してきたんだと納得出来た。ただ私みたいな一般人が出来るかどうかは別の話だと思う。

  • 効率が10倍アップする

    ・情報こそが通貨になる時代
    情報入手の効率を上げるため;問題意識、自分のテーマを複数持つ
    例)労働生産性の向上・ITの効率的な活かし方・組織の効率的な働き方
    →他のテーマの見つけ方;実体験として困っていることを探す;組織論

    Give5乗の法則;情報を出せば出すほど情報をくれるようになる

    ・1%の本質を見極める6つの技術
    1フレームワーク力をつける:少ない情報で、より大づかみな情報の組み立てが可能。ある目的に沿って整理された思考の枠組み
    →マッキンゼーにはフレームワークだけを集めた基本マニュアルが200くらいある;主婦のおしゃべりじゃない
    Skill×Willマトリクス
    2ディープスマート力で経験値を重ねる:特定分野における「勘」の蓄積。フレームワークから外れた時の正しい判断。暗黙知
    3失敗力をつける:情報収集の感度を高めて皮膚感覚をつかむため。
    4ベストプラクティスの共有で学びを分けてもらう;20人からのヒアリング→どの部分が顧客に価値を届けている部分で、どの部分がそれぞれの人のオリジナルなアレンジなのかが見えてくる;
    一流のアナリストのタイプ:1とにかくお客様にサービスをするタイプ。2いい分析に集中するタイプ
    5自分の価値を出せないところはバッサリ捨てる:企業価値評価の第一人者、病院コンサルティング・Not To Do List;目的意識のないコミュニケーション

    6本代をケチらず良書を読む:価格帯別、新書/ソフトカバー/ハードカバー/専門書→ハードカバーの本こそ素晴らしい知見が入っていることが多い
    本を読む前に課題を設定する→この本から何を得たいのか

    ・日々のルーティンワークの見直し:上司に許可をもらい、仕事相手にヒアリング。そのプロセスが何を目的としていて、他にどのような代替手段があって、同じ結果をより少ないインプットで出すにはどうしたらいいのか、常にフレームワークを使って考え続ける
    例)手作業で行っていたポジション管理を、部署全体で共有できるエクセルに直す。

    ・睡眠は投資:健康であり続けるため

    ・分かりやすく話す方法
    ダメな原因1相手の理解度を確認しないまま、前提条件を説明しないままいきなり内容に入る
    2話す内容がフレームワークになっていない。空雨傘の区別が付いていない
    →相手と自分の間に共通の言語・流れを組み立て、相手と自分の間にリンクを作ってから、初めて情報を流していくという心がけ

  • 今日中に実行すること:電車の空き時間に英語の参考書をやる
    今週中に実行すること;ノートパソコンを注文する
    今月中にやること;親指タイピングを調べる事
    来月中にやること:万歩計、イヤホンを手に入れる

  • 全く覚えていないけれど、この時期、勝間さんの本を良く読み、確かに人生は変わっていった。

  • ・MECE-漏れなく・ダブりなく。
    ・すき間時間には、「緊急性はないけれども重要なこと」をせっせとやって、時間効率を図る。

  • フレームワークをおおむね百以上意識できるようになると情報収集力が格段に増して、かつ自分でもフレームワークを作ることができるようになる。

  • 冒頭のIT機器等で武装して自転車とともに写っている写真が笑えます。

    この方は好きな人、嫌いな人とすごく別れるタイプだと思いますが、私はどうも後者です。タイトルの”自分をグーグル化する方法"というのを見ただけでなんだかいらっとする。いかにも、”キャッチーなタイトル考えました"、と自慢されているようで....。グーグル関係者が書いてるなら何とも思いませんが。合う人には合うのでしょうね。

  • *概要
    勝間さん流効率を上げて,生産性を高めようとする本

    *読むのにかかった時間とまとめるのにかかった時間
    読み :2時間
    まとめ:30分
    ※まとめは,気になったワードを検索したりノートにまとめた時間

    *感想
    初・勝間さんの本。
    初めては誰でも初期のメジャーどころがいいと聞いたので読んでみた。
    私はテレビで勝間さんを知った口なので,
    豪華な経歴や早口でまくしたてる姿から,
    本の内容は本人ありきの情報の薄いものだと想像していました。
    しかしながら,意外にもノートにまとめるための付箋を山ほど貼ることに。
    内容的には効率を上げるために勝間さんが実践していることや,
    お勧めのサイト,本など濃い情報があり,
    レイアウトも太字や挿絵など工夫されていて非常に読みやすいです。
    個人的には,巻末のおすすめ商品,本一覧のカラーページが
    うまいなと思いました。
    2007年が初版なので,情報的に古い部分もありますが,
    それでも1500円以上の価値はあると思います。


    *まとめ
    普通の単行本サイズ。
    厚さはあってもハードカバーでないので,
    電車の中でも読みやすいかも。
    内容の質もさることながら,モチベーションもあがるので
    余裕があったら欲しい本。

  • フレームワーク力や4GIVE?とかテクニックや参考書籍などを記載しており、それぞれについて詳しくは述べないスタイルの本。
    気になった分野のものは自分なりに別の書籍で深めるのが良いと思う。
    あまりビジネス本を読んでなくてアイディアやテクニックを教えてくれる本と割り切るととても良いはず。

  • 推薦図書一覧が参考になる

全565件中 1 - 25件を表示

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法はこんな本です

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法のKindle版

ツイートする