外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番! 問題解決力を試す60問

  • 375人登録
  • 3.45評価
    • (16)
    • (33)
    • (79)
    • (5)
    • (0)
  • 34レビュー
制作 : 辻谷 一美  外資系企業研究会 
  • ダイヤモンド社 (2007年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478002476

外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番! 問題解決力を試す60問の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 60問

  • 脳トレ的な

  • さっさと読み終わる。
    計算の工夫による問題も結構多い。
    基礎能力と発想力を掛け合わせた感じである。

  • あー、難しかった。こんな事面接で聞かれたらテンパる。

  • おもしろかった。

  • 頭の体操がしたい方におすすめ。判断推理系の問題がドサっと。コンサルの採用試験で問われそうな内容です。図書館利用。(買って読むほどのものではないかと)

  • 外資系企業の採用試験で問われる問題集。60問で構成され,どれも面白い問題でした。頭の良さが問われてる感じ。問題を様々な視点で見れるかが重要だと思う。

  • 外資系企業が、ただ勉強できる人を欲しがっているわけじゃないんだなってことがちょっぴり分かる。基本的にはIQ的なものを問われるものばかりです。

  • 結構よかった。論理性、フレキシビリティに特化した感じか。

  • 就活対策本

    でもこの本で紹介されるような問題はたぶん聞かれないと思います。
    硬くなった頭を柔らかく柔らかくするのにもってこいの問題がたくさんあります。

    面接で聞かれたら困るけど、暇のときに考えるのは楽しいです。

    面白いなと思った問題

    ある人事採用担当者は面接する学生のうち本当に能力のある人は全体の10%しかいないことを知っている。
    また彼らが本当に能力のある人を正しく見分ける確率が80%である。彼らは自分達が能力があると判断した人を採用する。
    このとき、彼らが採用する学生のうち、本当に能力のある学生は何%か?



    正解 30.8%

全34件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大前 研一
有効な右矢印 無効な右矢印

外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番! 問題解決力を試す60問を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番! 問題解決力を試す60問の作品紹介

「常識にとらわれない発想」を磨くことが、合格への鍵である!ゴールドマン・サックスをはじめとする超一流投資銀行や、マイクロソフト等のハイテク企業、ヘッジファンド、ベンチャー・キャピタル、戦略コンサルティング・ファームの採用面接試験で実際に出題された問題を多数収載。

外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番! 問題解決力を試す60問はこんな本です

ツイートする