新日鉄VSミタル

  • 62人登録
  • 3.92評価
    • (7)
    • (8)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
  • ダイヤモンド社 (2007年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478002650

新日鉄VSミタルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地元の図書館で読む。図書館に行く前に、コメダ喫茶で、コーヒーを飲む。非常に読みやすい文章です。ただし、不満がないわけではありません。NHK発の優れたノンフィクションは、個人によるものです。それに対して、この作品は、数多くの書き手が存在します。そうなると、重複も存在します。やはり、本にするならば、個人の責任で書くべきです。

  • NHKスペシャルを書籍化しただけある。、両社の社長にインタビューを行うなどして、この業界の裏側が分かった気になれる。

  • 製鉄業界の様子がかっこよく描かれている。

  • いま、世界のビジネス界で業界再編という名の企業買収が進んでいる。

    世界中の企業を買収を重ねて大きくなっていくインド発祥のミタルスチール。

    次なる買収の標的は、技術力で世界トップといわれており、日本においては業界トップの新日本製鉄㈱。


    鉄鋼業界人でない人も海外企業からの買収の買収劇の概要を知れる書として読めると思います。

  • 決して守りに入ってはいけない。
    攻撃は最大の防御。
    富士製鉄との合併のトラウマをいつまでも抱えていてはいけない。
    国内の鉄鋼メーカーのアライアンスを更に拡大し、世界にうってでる。
    世界一の鉄鋼メーカーに返り咲け!!

  • NHKさん様々です。データが充実していて説得力があって非常に面白いです。
    ミタルの脅威の説明から踏まえて、新日鉄がいかに対抗しているかが書かれている。

    印象に残っている三箇所。
    1、アルセロールを買収したミタルが鉄鋼業界を寡占しようとしている点。鉄鋼生産量(t)の比較だと明確にわかる。1位のアルセロール・ミタルが1億970万に対し、2位の新日鉄が3200万と大きく開いている。ミタルが新日鉄を欲しがるのはわからないでもないが、鉄鋼業界の秩序のため、新日鉄にはミタルの傘下に入って欲しくないと思う。
    2、売上高に占める研究開発費の割合で新日鉄が1.5%と他の会社に対し、2倍、3倍も研究開発費の割合が高い点。研究に携わる人間として、この点が新日鉄が新日鉄たりえた由縁なのだと感じる。
    3、ミタル氏がインドの生家で親族に残した一言。「ビル・ゲイツを超える・・・。」大金持ちを目指すということか、慈善事業に走るということか、その真意はわからないと書かれていたが、この一言は自分にとって衝撃の一言であった。なぜなら、その一言には絶えず上に昇るという意思とビジネスの世界で冷酷に徹する決意を示した一言なのだろうと察するからだ。

  • NHKスペシャルのリライト本。アセロールを買収、世界一の鉄鋼メーカーを作ったミタルと新日鉄の幹部へスポットを当て、アセロール買収の直後あたりの様子を切り取った。テレビ番組の軽やかさを残しつつ、若干踏み込んだ書き込みも。軽く読める。撮影の苦労譚をも期待したが、さほど舞台裏は記述無し。シンプルなドキュメント本。

  • テレビも見たが、書籍ではより一層詳しい背景と緊迫した流れが感じられた。手に汗握る企業本として出色。

  • 2007年に放送されたドキュメンタリー、新日鉄vsミタルスチールの書籍化。ミタルスチールのアルセロール買収の背景には、PR会社、ヘッジファンド、投資銀行(GS)があったという、TV未放映部分も含む非常に興味深い内容。

  • 大買収の時代がやってきた!!
    ミタルは村上さんに顔が似てるよね?

全11件中 1 - 10件を表示

NHKスペシャル取材班の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

新日鉄VSミタルを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新日鉄VSミタルを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新日鉄VSミタルを本棚に「積読」で登録しているひと

新日鉄VSミタルはこんな本です

ツイートする