かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルール

  • 1012人登録
  • 3.87評価
    • (106)
    • (159)
    • (100)
    • (23)
    • (3)
  • 171レビュー
著者 : 川田修
  • ダイヤモンド社 (2009年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478005866

かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 突き詰めて、顧客視点
    マニュアルは誰のためにあるのか。
    最終的には、顧客に良いサービスが提供するため。

    留守番電話の設定は、自分のオリジナル?自動応答?電話番号が間違っていないかという不安を拭えるのは、オリジナルの留守電。

    営業出身の方々は、自分にないものがあるなと感じていたが、あの心地よいコミュニケーションは、顧客視点、相手の立場で話すことが染み付いているから、にじみ出るのだなと思えた。

  • 営業とは全く関係ない私が読んでもすごくおもしろかったし、なるほど~とうならされる部分がたくさんあった。仕事ってやっぱり生きる姿勢に通じるような気がする。
    以前、家を建てる時、営業さんが高そうな真っ赤なスポーツカーで来る人がいて、これじゃダメだなと思ったら、やっぱり話しているうちに信頼できないから断ったことがあった。
    やっぱり人間力はとても大事。

  • 最近積ん読になってた営業マンの本を濫読しています。
    自分でも意識してなかったですけど営業マンを意識して仕事してきたなあと再認識しています。
    自分ファーストではなくて相手ファーストで考えると今自分が何をすべきかよくわかります。
    「良い営業マンを目指してたら良い人間になっていた」って理想ですよね。

  • セールスをする上で大切な姿勢がギュッと詰まった素晴らしい本だと思う。僕自身もフルコミッションのセールスを通して結果を出すために徹底的にやってきた。だからこそウンウン頭を縦に振りながら読めたし、こういうことをするのも面白そうだ、今度から取り入れてみようと思える話がたくさんあった。使っている言葉は違うけど、考え方や行動に共通しているものが見つかったのと、それが言語化されていることで改めて自分を振り返れた。ひとつこの本を読むときに気をつけなければいけないのは、川田さんは元々リクルートで大きく結果を出し続けていた人。広告営業では経営者の方に多くお会いするので人脈がどんどん広がっていく。その人脈をリストとして活用していた可能性がある。その場合はゼロからのスタートではないという点で、同じようにすれば同じ結果が出せると思わないことも大切。それでも濃い一冊に変わりはないです。

  • 楽をするか、楽しむか。

    プライドを持つよりも、プライドを捨てること。要するに弱い自分を認めること。

  • ここ最近読んだビジネス本で一番面白かった!

  • 男友達で、「当時付き合ってた彼女が、鞄を机の上に置いたんだよね。鞄なんて床の上に置くものなのに、食事を出す机に置くなんてありえない、って喧嘩して別れちゃったんだ」と熱く語る人がいて、このタイトルを見る度にその人のことを思い出します。
    いろんなところで見かけて、ずっと気になっていた1冊ですがやっと読むことができました。

    私も前職では物を売る仕事をしており、本書を読んで共感するところもあれば、学ぶことも多々ありました。
    トップ営業として活躍される川田さんの営業には、常に根底に感謝が、そしてほんの少しの工夫の積み重ねがありました。

    中でも印象に残ったのは、レベル10とレベル11に横たわる大きな1の差についての話。
    「あるラインを超えた瞬間、人は興味を持つ」といわれているように、レベル5でもなく、レベル10でもなく、ましてやレベル20でもない。お客様のアンテナに届くレベル11を目指すという考え。
    完璧にならなくても、少しずつの積み重ねでお客様に「この人、ちょっと違うな」と興味を持ってもらえるように、自分の間取う空気感だとか、他の人は絶対しないちょっとした心がけとか、そういったものを身につけていく。
    自分が今どの立ち位置にいるのか、なんて明確にはわかりませんが、何も完璧を目指さなくたって、お客様にとっての基準値を超えれる自分であるために日々の努力や気遣いを忘れない、という考え方がとても好きでした。
    いきなりエリートになろうというのは難しいですが、ちょっとした一歩なら踏み出せるかもと勇気づけられます。

    それから、「つらいことと対峙せず、固く組んで仲良くする」という考え方も大好きです。
    嫌なものは嫌なので、歯を食いしばって耐えるより、その嫌なものをどれだけ楽しく感じられるよう工夫をするか、ということが楽しく生きるための秘訣だと思います。
    具体的には営業職における「断られ目標」は実に効果的で、実務においても、心理面においても有効な手法だと思いました。営業職は、これを身につけるだけでも本書を読むだけの価値はあると思います。

    そして、私は今営業職ではないですが、人に対する仕事という意味で根底には共通したものがあります。
    イメージとして、相手と向き合うというよりは、相手の隣にいりうような立場で取り組むべき場面というのも多々あります。
    ビジネスライクになりすぎることなく、かといって近づくすぎることなくそっと寄り添える立ち位置を意識していたいものです。

    読めばわかるとおり、難しいことは何も書いておらず、明日から取り入れられるようなことばかり。
    営業職に限らず、ひとりの人間の生き方としてとても学びの大きい1冊でした。普段から講演活動もされているとのことですが、このように著作として刊行されたことの意味は大きいと思います。
    そういう意味でも、編集者の方にも、そして著者の方にも感謝してます。

  • 読んでよかった。営業で1番大切なのは売り上げではなく、お客様のことを如何に考えられるかだ。

  • 営業マンとして、人として大切なことを教えてもらいました。

  • 外資系生保の営業マンである著者の体験談の本です。
    営業マンは独自のスタイルを持ちながら他の営業マンの良い所を取り入れる柔軟性が必要だと思います。この著者の考え及び行動も例外ないです。”気遣い”は基本ですが。

全171件中 1 - 10件を表示

川田修の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルールを本棚に「積読」で登録しているひと

かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルールのKindle版

ツイートする