たった2つの質問だけ! いちばんシンプルな問題解決の方法―「タテの質問」で掘り下げ、「ヨコの質問」で全体像をあぶり出す

  • 275人登録
  • 3.66評価
    • (19)
    • (21)
    • (24)
    • (7)
    • (2)
  • 31レビュー
著者 : 諏訪良武
  • ダイヤモンド社 (2010年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478006016

たった2つの質問だけ! いちばんシンプルな問題解決の方法―「タテの質問」で掘り下げ、「ヨコの質問」で全体像をあぶり出すの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 縦→その原因を一つ上げて?
    横→その解決方法でその問題の8割以上解決できる?

    で、解決策が的を外れていないか図れる。

  • 問題解決の方法を、文章だけではなく、図でも分かりやすく説明されていた。「他に意見はないか」ではなく、「挙げたものが解決すれば全て問題は解決するか」と質問をした方が良いと知った。もぐらの物語形式が面白く、特に最後はドキドキして楽しく読むことができた。

  • 理屈はシンプルなので、本の中身は例えばなしでの解説がほとんど。

  • 「タテの質問」は『その原因を一つ上げてみて』
    『ヨコの質問」は『その原因で、問題はすべて解決?』

    他の人のレビューにある「要するにWHYツリーだよね」という書き込みに、ハッとする。
    原因を特定するロジックツリーを考える時に、特に第二階層なんかは3Cだったり、決まった考え方をしがちだなぁ(というか勉強してきた)と。
    「問題はすべて解決?」と第二階層や第三階層を広げることを、お決まりの考えじゃなく広げていく営みに、
    ロジカルの真価がありますね。

  • 確かに、色々なロジカルシンキング系の本の中でも、群を抜いて読みやすい!そして、読みやすいだけでなく、実践的な考え方だと思った!これは、いい本だ。

    問題を解決するには、正しく問題を把握することに尽きる。その正しい問題を簡単に掘り下げ、構造化するのが『縦の質問(その問題の原因を1つあげてください)』と『横の質問(その原因が解決できると、この問題はすべて解決しますか?)』を組み合わせること、これだけ。

  • 職場や学校などで何らかの問題にぶち当たり、どうしたらいいのか悩んでいる方に。。。


    本当の問題を見つけることと、問題の全体像を把握することが大事。これを実現するためのたった2つの質問とは?「その原因を1つあげてください」「その原因が解決できると、この問題は全て解決できますか?」

  • ・その原因を1つ挙げてください
    ・それが解決されれば、問題はすべて解決しますか?

  • シンプルで、わかりやすい。
    問題を深堀りする方法はわかっていましたが、
    ヨコにも持って行って原因を追求していく方法はすごく新鮮!

  • タテヨコ2つの質問で解決。
    その原因はなにか?
    その原因を解決すれば問題は解決するか?
    原因を図解していく。

  • タテの質問は以前から知っていたが、ヨコの質問「それで問題は解決しますか?」は知らなかった。これはいいアイデアだ。

全31件中 1 - 10件を表示

諏訪良武の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
内田 和成
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

たった2つの質問だけ! いちばんシンプルな問題解決の方法―「タテの質問」で掘り下げ、「ヨコの質問」で全体像をあぶり出すを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

たった2つの質問だけ! いちばんシンプルな問題解決の方法―「タテの質問」で掘り下げ、「ヨコの質問」で全体像をあぶり出すを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

たった2つの質問だけ! いちばんシンプルな問題解決の方法―「タテの質問」で掘り下げ、「ヨコの質問」で全体像をあぶり出すを本棚に「積読」で登録しているひと

たった2つの質問だけ! いちばんシンプルな問題解決の方法―「タテの質問」で掘り下げ、「ヨコの質問」で全体像をあぶり出すはこんな本です

たった2つの質問だけ! いちばんシンプルな問題解決の方法―「タテの質問」で掘り下げ、「ヨコの質問」で全体像をあぶり出すのKindle版

ツイートする