「大化改新」隠された真相―蘇我氏は本当に逆臣だったのか?

  • 28人登録
  • 3.42評価
    • (0)
    • (5)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 谷口雅一
  • ダイヤモンド社 (2008年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478006061

「大化改新」隠された真相―蘇我氏は本当に逆臣だったのか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界史を含め
    大抵悪くかかれている人物は、そんなに悪者ではないという法則ww

    元々大化の改新にしぼって言えば、違和感丸出しだったので
    分かりやすく『こういった考え方出来るよね?』的な内容に『なるほど!それならしっくりくるな!』と膝を打ったww

  • 既に放送されたNHKの番組のペーパー化だから
    そんな目新しくないけど

    -天智天皇娘である天皇と不比等が編纂時に祖先崇拝の
    ために日本書紀改竄(って表現でいいのか?)
    -大化の改新は百済派の天智が唐・新羅連合に戦いを
    挑んで負けた結果、日本防備の大工事のための
     中央集権化した政策。
    -でも蘇我系が元々唐・新羅連合で、天智が百済派なので
     蘇我系の外交政策のほうが正しいこととまさか防備の
     ために中央集権化はよろしくない。
    -なので蘇我系を天皇家を簒奪するものとしてそれを
     防いだ天智が天皇権力の強化のために勧めた政策として
     大化の改新がある。

    なるほどね。まあいい気がする。(実際に、天智は暗殺
    されたっぽいしこの無理な土木工事が壬申の乱に
    リンクする気がするけど)

    でも蘇我蝦夷・入鹿を殺した動機が少し弱いんだよな。。

全2件中 1 - 2件を表示

谷口雅一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
和田 竜
有効な右矢印 無効な右矢印

「大化改新」隠された真相―蘇我氏は本当に逆臣だったのか?はこんな本です

ツイートする