消失 第4巻―金融腐蝕列島【完結編】

  • 72人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 高杉良
  • ダイヤモンド社 (2008年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (395ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478006733

消失 第4巻―金融腐蝕列島【完結編】の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 金融腐食列島シリーズもこの作品で最後です。
    協立銀行が3行合併によりメガバンクに生まれ変わり、
    行内の文化を”協立銀行”に統一するべく動いていくなか、
    それに反発していく主人公・・・。
    一方、巨大化した銀行は安泰かと思いきや、官庁からの
    指導で、身動きが取れなくなり、次第に消滅する方向へ・・・。

    主人公は悩んだ末にある決意を実行することに・・・。

    シリーズをすべて読破して思うことは・・・、
    ”世の中、この主人公のようには立ち回れない。”
    ってことですかねぇ。
    しかし、正しい事を正しいと言う大切さ、
    考えるばかりではなく、実行に移す勇気、
    自分の地位にしがみつくことだけが大事ではないと、
    感じさせてくれる作品でした。
    シリーズ全部を読破するには、かなりの時間が必要ですが、
    一読をお勧めします。

    ・・・ミステリーを読んだあとのすっきりした感覚は無いですよ。悪しからず・・・

  • 大好きだった金融腐蝕列島シリーズの最終巻だったから、読んでみたものの、結末が呆気なさすぎる。。

全2件中 1 - 2件を表示

高杉良の作品

消失 第4巻―金融腐蝕列島【完結編】を本棚に「読みたい」で登録しているひと

消失 第4巻―金融腐蝕列島【完結編】を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

消失 第4巻―金融腐蝕列島【完結編】を本棚に「積読」で登録しているひと

消失 第4巻―金融腐蝕列島【完結編】の作品紹介

不良債権処理をめぐって金融庁との対立を深めるJFG銀行。大型増資のもくろみが失敗に終わり、貸倒れ引当金の大幅な積み増しを強制された結果、ついに巨額赤字に転落する。トップの引責辞任、信託部門の売却で再生を探るなか、ライバル行から巨大合併案が持ち込まれた。その一方で迫る、検査忌避による刑事告発の危機。JFG銀行の生き残りを賭け、副頭取となった竹中は最後の決断を下す-。

消失 第4巻―金融腐蝕列島【完結編】はこんな本です

ツイートする