ケース・スタディ 日本企業事例集―世界のビジネス・スクールで採用されている

  • 173人登録
  • 3.06評価
    • (1)
    • (5)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
  • 7レビュー
制作 : 日本リサーチ・センター 
  • ダイヤモンド社 (2010年6月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478006740

ケース・スタディ 日本企業事例集―世界のビジネス・スクールで採用されているの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第3章富士フイルム

  • Harvard Business School で使用されているケースの中から、日本企業を取り上げたものを翻訳して紹介している本。内容はさすがによくできているが、ケース講義のテキストなので、ひとりで読んでもあまり意味がないというのが正直な感想。

  • 「企業が抱えている課題に対して、自分なりに仮説を立て、それをケースを読みながら検証していく」練習をするために購入したのだが、すべてのケースでこれが実践出来たわけではなかった。
    というのも、ケースの中には企業の発展の歴史を記述しているのみのものもあったからだ。

    ただ内容に関しては、さすがハーバード。
    とても充実している。

    一人で読み進めるよりも、何人かでディスカッションしながら読み進める方が断然この本の価値を実感出来るのではないか。

  • HBSによる「日本企業事例集」で、日本を代表する10のケースをスタディ。

    よく調査されているとは思うけど、本書を読んでも不完全燃焼な感じは残ります。これが名高いHBSのケースメソッドなのか。。

  • 世界のビジネススクールで採用されている、と本のタイトルにありますが、
    これをどう使うのだろう・・・
    読み物として考えてもあまり面白くなかったです。

  • パナソニックでは、創業者ならどうしただろうかと自問し続けるとのこと。

    ドコモはオサイフケータイに進出するにあたって、今後のドコモの新たな収入源の模索をしていた。
    携帯電話とは常に携帯しているもの。携帯電話が生活のインフラになる可能性があるという人もいます。FeliCaで携帯電話を生活インフラに変えようとしている。
    私たちは大幅な成長を目指すべきなのでしょうか。それとも成熟する市場の中で、現在のシェアを維持するために戦うべきなのか。清張したいなら、通信を超えたビジネスを展開しなければなりません。そうすると必ず新市場への参入に必要なリソースや能力があるのか、またどんなリスクを負うつもりなのか、という疑問が出てきます。(夏野)
    ドコモにとっての一番の問題は大企業病に陥っていること。

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
M.E. ポータ...
チップ・ハース
有効な右矢印 無効な右矢印

ケース・スタディ 日本企業事例集―世界のビジネス・スクールで採用されているを本棚に登録しているひと

ケース・スタディ 日本企業事例集―世界のビジネス・スクールで採用されているを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ケース・スタディ 日本企業事例集―世界のビジネス・スクールで採用されているを本棚に「積読」で登録しているひと

ケース・スタディ 日本企業事例集―世界のビジネス・スクールで採用されているの作品紹介

HBS教授陣が調査した日本企業の戦略と決断。ハーバード・ビジネス・スクールが開発した学習法。

ケース・スタディ 日本企業事例集―世界のビジネス・スクールで採用されているはこんな本です

ツイートする