いのちのバトン―97歳のぼくから君たちへ (絆シリーズ)

  • 52人登録
  • 3.93評価
    • (6)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • ダイヤモンド社 (2008年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (33ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478006801

いのちのバトン―97歳のぼくから君たちへ (絆シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いのちは目に見えないもの。だからこそ大切なものなのです いのちとは、持っている時間、使える時間のことです 絵や詩を鑑賞する楽しさは、描かれていないことを想像する喜びにあります

  • 絵を見ながら文を読みながら五感と心を開けば、その世界は豊かに広がっていいくものだから。

  • 懐かしい感じがします。

  • いわさきちひろの可愛らしい絵に97歳のお医者さんが詩をつけました。
    古きよき時代からの親子であったり友達であったり・・・
    じんわりと共感できるほのぼのしたお話が沢山つまっています。
    その中にちょっぴり難しい医学的なお話も混じっていたりして知的好奇心をくすぐります。
    ながーく生きてきたからこそいのちの大切さを教えてくれる一冊だと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

日野原重明の作品

いのちのバトン―97歳のぼくから君たちへ (絆シリーズ)を本棚に登録しているひと

いのちのバトン―97歳のぼくから君たちへ (絆シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いのちのバトン―97歳のぼくから君たちへ (絆シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする