グローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのか

  • 487人登録
  • 3.73評価
    • (39)
    • (60)
    • (61)
    • (11)
    • (1)
  • 66レビュー
著者 : 藤井清孝
  • ダイヤモンド社 (2009年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478007655

グローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最高におもしろかった。また読もう。

    全力で生きた方が楽しいと思える一冊。
    藤井さんの努力や試行錯誤を同じ程度、自分ができるようにならなければ。

    個別解を全力で求めていきたい。

  • 問題背自体を定義して、リスクを恐れない骨太の人材養成が必要。
    個別会の発見こそが教育の清の目的。
    誰にもこの世に生まれてきた理由がある。その理由を早く発見した人が人生の勝者。

  • 何も覚えてない。つまり心に残らない内容でした

  • 今の自分はこの本を読めるだけのレベルに達していないのか、正直この本を楽しめなかった。グローバルマインドをもて、ということなのだろうけど、今の私にはそのマインドがないということだろう。一定のマインドをもった方なら、共感しながら読めるはずです。

  • グローバルマインド
    超一流の思考原理

    日本人には自分の人生は自分で決めるという能動的なエネルギーが必要!

    日本人は正解のない問いに対して、揚げ足取りをする傾向にある。

    正解がないのであれば、自身のロジックとコミュニケーションで正解にする。
    自分の頭で問題を定義して行く力、論理展開をコミュニケートする力がそれを可能にする。正解からの呪縛に打ち勝つ!

    論理力は論理性を解くものではなく、いかに他人を説得させることができるかがポイント!

  • 日本人よ強くなろう!

    日本人が初等教育から受験にかけて刷り込まれる「正解への呪縛」。これは「完璧主義」の裏返し。よく「謝る」習性や、誤りを犯すことへの恐怖も日本人ならでは。正解がない問題では自分と違う意見の「揚げ足取り」に走る。正解のある問題しか解けない官僚。

    人生は常に「個別解」というのが筆者の訴え。

    ギリアド社のマイケル・リョーダンがハーバード・ビジネススクール時代の友人とは!

  • ・憧れとは一線を置き、冷静になって眺めてみる
    ・自分のキャリアを貴重なものと思い、自分自身で解を出す努力をする、自分の解を説明していく。
    ・アメリカのビジネス論理は一度学ぶべきものである。

  • 日本・ヨーロッパ・アメリカの典型的な会社の考え方の下りが面白かった。

  • モチベーションアップ本。

    全体を通してまあまあ良い内容だったが、
    よく耳にする内容。
    確認のための一冊。

    自分の頭に入れておきたいことは下記。
    ・「個別解」の発見こそが教育の真の目的
    ・「ディフェンシブ(被害妄想)」な態度の問題
    ・「抗菌」よりも「免疫力」

全66件中 1 - 10件を表示

藤井清孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
大前 研一
有効な右矢印 無効な右矢印

グローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

グローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのかを本棚に「積読」で登録しているひと

グローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのかの作品紹介

構造を読み、個別解を出す!マッキンゼー、ウォール街を経て、SAP、ルイ・ヴィトンで日本法人社長を務めた著者が語る骨太の思考力を身につけよ。

グローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのかはこんな本です

グローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのかのKindle版

ツイートする