1秒の世界2―GLOBAL CHANGE in ONE SECOND Part2

  • 43人登録
  • 3.42評価
    • (1)
    • (3)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
  • ダイヤモンド社 (2008年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478007723

1秒の世界2―GLOBAL CHANGE in ONE SECOND Part2の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2008年12月発行で、「1秒の世界」よりも身近に感じられる。

  • 前回紹介した『1秒の世界』の第2段。内容は前回の流れを踏襲したものです。とはいえ数年後に出された本書は前著と同じ条件で1秒を切り取ったとき、本書の方が悪い結果になっているテーマがいくつかあります。人智の及ばない大きな問題も1秒という基準で切り取れば誰にでも分かりやすい数字として見える。

  • 図書館立読。
    一秒の世界を表す本第二弾。
    巻末は禅に関する編集者の話。

  • 大きく6つのテーマに分けて、1秒間の「量」を示す本の第2弾。
    1冊目から悪化したのはほんの少しだけで、改善したのもある。二元が消費・生産する数字の大きさ、経済に関わる数字の大きさはやはりショックである。

  • 変化のとても早い時代。
    1秒で、世界がどう変わっているのか、を1ページごとに紹介した書籍。

    「1秒間に月が地球から1.2ナノメートル遠ざかっています」
    といった宇宙レベルの話から、
    「1秒間に日本で22万円の広告費が使われています」
    といった経済の話まで、
    世界の変化を感じられる良書。

  • おおむね前巻を踏襲した造本。気になるページ付けのコメントも健在ort
    字がついてればすみずみまで読む自分が憎い。
    編者が常識っぽく語る禅宗問答バイブルの話は、多分、たぶん万人にピンとはこないと思うの・・・。
    それはそれとして。
    世界的に足りてない穀物と、輸入に頼りきりな日本の食卓事情と、
    にも関わらず毎日発生する大量の食料廃棄は
    どこをどうすりゃいいのやら。
    何もかもが、影響しあってもつれてる。
    それを焼け石に水的に少しでも解決しようとしてるうちにもどんどんもつれていく。
    それを考えると息苦しい。

  • テレビでも放映されていた「1秒の世界」第2弾。

    世界を見る視点がガラリとかわるね。

全8件中 1 - 8件を表示

1秒の世界2―GLOBAL CHANGE in ONE SECOND Part2を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

1秒の世界2―GLOBAL CHANGE in ONE SECOND Part2はこんな本です

ツイートする