15歳からのファイナンス理論入門―桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?

  • 263人登録
  • 3.38評価
    • (11)
    • (19)
    • (38)
    • (6)
    • (3)
  • 25レビュー
著者 : 慎泰俊
  • ダイヤモンド社 (2009年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478008256

15歳からのファイナンス理論入門―桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ファイナンスってなに?という方にオススメ。

  • ファイナンスの初歩的内容の説明。私がよく読む野口悠紀雄氏の教え子のようだ。さらっと読めた。

  • ファイナンスに関する3つの原理原則について
    金融の世界に踏みこむ前にぜひ読んでおきたい。

  • ファイナンス理論入門の名の通り、理論を学ぶ本。伝えたいことは分かるが若干説教が随所に。

    現在価値の部分で引っかかってしまった。「現在価値=将来価値-不確かさの対価-待つことの対価」というのは分かるんだけど、将来の単純な額でいいのか?将来価値をどうやって現在価値に数値化するのか分からなかった。使いこなせないわー

    リスクの対価がリスクプレミアム
    分散できないリスクをベータ

    p33何かに慣れてしまう人は平均的に同じ見返りを得ることができるのであれば確実な方を好む

    p49歴史上かつて起こらなかったことは今後も一切起こらないだろうと信じるのは人間の尊厳への不信の証拠です。ガンジーの言葉。

  • やさしい言葉でファイナンス理論のエッセンスを説明するとともに、人生論的な部分もある本。

  • 「考え方」のお手本になる本。難しい話は一切なし。

  • モルガン・スタンレー・キャピタルという会社に勤務している慎さんという方が27歳の時に書かれた本。
    タイトルにあるように、ファイナンス理論の触りを、誰にでもわかるように噛み砕いて説明されています。
    内容はあまり多くないですが、まぁわかりやすい。
    といっても、当たり前のことが多いです。

    内容
    ・リスクとリターン
    ・リスク分散
    ・現在価値と将来価値

    中身はこれらの説明のみです。
    著者が述べたいのは、ファイナンス理論の考え方は、日常のあらゆる場面で使えるものであるということです。


    リスクとリターン

    ①同じリスクで高リターンを得られる
    リスクとリターンは表裏一体だが、リターンはリスクを負うこと以外によってもあげられる。
    簡単にいうと、訓練して同じリスクを追ったときに得られる成果を上げるということ。
    (書籍内では、航海に関して、素人とプロが同じ海に出るリスクを追っても、成果が異なることを例にしている)

    ②追加的に何かを得た時に得られる満足感が減ってしまう人ならば、確実な方を選ぶ
    前提:1本目のジュースを飲んだら喉の渇きがある程度収まるので、
        2本目に飲むことで得られる満足度は一本目の時より低い、3本目に関しても同様。
    選択肢1:コインを投げて表ならジュース3本、裏なら1本
    選択肢2:コインを投げずに2本もらえる
    このときは、多くの人は「不確実性を避ける」選択をします。
    すなわち、何かに慣れてしまう人は、平均的に同じミカエルを得ることができるのであれば、確実な方を選びます。


    リスク分散

    リターンを減らす事なしにリスクを下げることを言う。
    リスク分散には、相関の低い組み合わせを選ぶことが必要である。
    RPGでナイト・白魔道士・黒魔導市・… という組み合わせにするの同じで、
    ある状況ではナイトが活躍するけど黒魔道士が活躍できないが、
    別の状況ではその逆であったり、白魔道士が活躍する、という組み合わせが、
    最も正しい選択になる。(ファイナンス理論的には
    これを、負の相関のあるものを組み合わせるという。


    ただし分散できないリスクもあり、これこそが本当のリスクである。
    この分散できないリスクの低いものこそが価値がある。
    例えば、電力の供給が止まっても、自家発電によって不都合を免れることが出来る家庭は、他の家庭に比べて分散できないリスクを持っている数が少ないと言える。
    このように、分散不可能なリスクが低いことを、「ベータが低い」という。
    ベータが低いことを目指すのは重要なことである。


    現在価値と将来価値

    現在価値 = 将来価値 - 不確かさの対価 - 待つことの対価

    明日もらえる10000円と、1年後のもらえる12000円はどちらが良いかを考えるときに、この式を用いる。
    不確かさの対価:確実にもらえるかわからないから、その分の価値をマイナスする
    待つことの対価:本当にもらえるのか不安になりながら待たなければならない、この分は価値からマイナスする
    上記を込みで考えて、どちらが良いかを考える。


    以上をゆっくり説明しているのが本書です。
    ファイナンス理論は何事にも用いられることをサクッと説明した感じでした。

  • 著者はモルガン・スタンレーに勤務する慎泰俊氏。本来大学で学ぶべきファイナンス理論を中学生向けに分かりやすく書いた一冊。

    本書では大きく分けて三つのファイナンス理論の原理原則に関して書かれています。

    ①リスクとリターンの関係
    ②リスク分散
    ③現在価値と将来価値

    後半の四章、五章では上記①~③の理論を使って故事成語や文学作品、経済の仕組みや政治の仕組みを見ていくという面白い試みもしています。

    ファイナンスのイロハのイを学ぶには良い本だと思います。非常に平易な文体で書かれているので、大変読みやすい一冊でした。

  • 授業形式で進んでいく本。
    読者対象年齢を15歳からとした、中学生向けの本ですが、大人にとっても読みやすいファイナンス本。
    わかりやすい表現が使われているため、難しさに投げ出さずに読み続けられます。

    イラストがかわいくて、キャラクターの性格設定がしっかりされており、一緒に学んでいける感じ。
    ファイナンスに詳しい人には、いらない設定かもしれませんが、苦手意識を持つ人にはこれくらいのシチュエーション設定は重要だと思います。

    「桃太郎が猿とキジと犬を仲間にしたのはなぜか」というタイトルの答え「リスク分散のため」でした。
    異なった個性を持つ仲間は、それぞれの持つ短所を補ってくれるからとのこと。
    そういう発想もあるんだなあと思います。『旅の仲間』から継承されるRPGのキャラクター設定も多岐に富んでおり、まさにこの理論を踏襲していることに気付きました。

    「ベータ論はシャープという経済学者が考えた」という事実が、なんだかややこしくて、おかしくなりました。
    また、HistoryはHis story(男性の)物語が語源ではないかとも言われているということに、指摘されて初めて気がつきました。

    驚いたのは、計算式が羅列するものと思っていたのに、そうではなく、日常の中の例を挙げながら解説している点。
    「ファイナンス理論は、お金儲けの道具でも、一部の人々だけが使いこなせる道具でもなく、皆が理解できる原理原則だ」とする著者の姿勢が頼もしく感じました。
    リスクが大きい時にこそ、リスクとうまく付き合うことが大切になるわけで、今の世の中にたくさんある不確かさとうまく付き合う方法が、人生を生き抜く力につながるという考えには非常に納得がいきます。

    「昔はダ・ヴィンチのような万能の天才がいたのに、現代の天才はアインシュタインのように一つの分野に特化している」ということから、「だから昔は良かった」という流れになりがちですが、
    それは社会の発達により、万能の天才が要求されなくなったためだと、冷静に指摘していました。
    昔は一人の才能ある人が、多くの不確かな分野を一手に担当したのが、現代社会はリスク分散ができるようになったため、得意な分野に専念する人が増えたというファイナンス理論に載せての解説に、全く異論はありませんでした。

    わからないところもありましたが、無理に考え込まず、わからないままに読み進んでいけました。
    苦手意識を持つ者にとっては、ファイナンス学は難しく、机上の理論でしかないものですが、この本のように、日常に即した多面的視点を持つ、親しみやすくわかりやすい本がどんどん出てきてほしいと思います。

  • 授業形式の文章は冗長だが平易な口調は取っつきやすいかもしれない。
    リスクとリターンはベニスの商人、相関性の低い組み合わせによるリスク分散は桃太郎のチーム編成、現在価値と将来価値は朝三暮四の肯定。基本を理解するのに喩え話は有効だった。

全25件中 1 - 10件を表示

慎泰俊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
デール カーネギ...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

15歳からのファイナンス理論入門―桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

15歳からのファイナンス理論入門―桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

15歳からのファイナンス理論入門―桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?を本棚に「積読」で登録しているひと

15歳からのファイナンス理論入門―桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?はこんな本です

15歳からのファイナンス理論入門―桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?のKindle版

ツイートする