ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質

  • 1680人登録
  • 3.78評価
    • (112)
    • (159)
    • (147)
    • (23)
    • (5)
  • 126レビュー
制作 : 望月 衛 
  • ダイヤモンド社 (2009年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478008881

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 賢い人が書いたっていうかんじ。最後の方の表?の人物像は参考になる。面白かった。あと数回は読もうと思う。あと思うことは結局のところ知識の積み重ね?。経験から、それを説明した本や論文はないかなーと探して論理づける。これかな?

  • リスクは常にあり、それをなくすことはできない。

  • 全般に流れる経済学への罵倒が耳に心地良い。
    カタストロフィのある事象でガウス分布を使用してはいけない。
    都合の良い適当なデータだけを取り上げればどんな結論でも導き出せる。
    モデル化自体は悪いことじゃないんだけど、そこには常に想定外を内包している自覚が必要ということだ。

  • 著者は言う、よいブラックスワンと悪いブラックスワンがいると。


    私達が、難しい論理をこねくりまわして
    安全だということ自体がリスクなのかもしれない。

    それがこの本の感想の一つになる。

  • 自伝、エッセイ、哲学書が織り交ざったような内容だった。私にとっては、難解。
    お前たち、ついてこれるもんならついてきてみろ。と読者を小馬鹿にした展開に、心折れそうになりながらなんとか読破。自分に金融関係の知識があれば、もっと楽しめたかもしれない。
    注釈も丁寧に読むのと、巻末の参考文献リストを最初にざっと目を通してから読むべきだった。

  • ブラックスワンをどう探し、見つければよいか。「専門家になりえない分野の専門家のいうことに耳を傾けない」「有利な結果のほうが不利な結果よりずっと大きな状態に身を置くこと」「総人口に対する割合で言えば、20世紀は戦争の世紀とは言えない」「電車なんかで走ってはいけない。運が良いとか悪いとかは自分できめること」

  • 上巻のコメントを参照

  • 下巻も読みやすい本ではないが、だいぶすっきり読めるようになった。正確には上巻の第2部からテーマも絞られて来ており、ページ数以上に読むのに時間がかかる本なので、下巻のみ読むのもありだろう。
    またこの読みにくさは、決して否定的ではなく古今の哲学書歴史書文学書等々を読み込んだ(であろう)ひねくれもの含蓄あるアイロニーであり、それ自体は面白い。

    本書の「果ての国」におけるベルカーブの正規分布批判は反論が難しく、現状マンデルブロのフラクタルは唯一説明がつくマクロ株価アプローチといえるのではないか。つまり、ファンドマネージャーの不都合な真実が、またひとつ加わったということだ(笑)。ベルカーブによる部分的適用についても否定するが、これも正当である。ベルカーブは否定される証明がひとつでもあれば、成立しないものだからだ。しかし、これからも果ての国=株式投資の世界で使われ続けるだろう。高齢者への大銀行の資産運用のお手伝いと同じく、営業上それしかやりようが無いのだから。

    本書のブラックスワンを前提とした運用法を自分なりに考えてみると、
    1.「平時」には国債やら銀行&タンス預金やらで「準備」をしておき、黒い白鳥の到来と共に半分の価格となった銘柄を買い漁る。
    2.万が一だが、異常な暴騰を期待できるベンチャー株を買い漁り、死屍累々たる討ち死にをものともせず、黒い白鳥の到来に賭ける。
    3.資産の9割を国際やら銀行&タンス預金でほぼ無リスクに、1割を「黒い白鳥株」に賭ける。
    特に日本ではベンチャー株の上昇がアメリカのように期待できないのは自明なので、2はハイリスクすぎ、3についてもリスクのほうが大きいように思う。とすると1は戦略としてありではないか。インデックス派よりもよいパフォーマンスをとることも可能だろう。

    果たして…。

全126件中 1 - 10件を表示

ナシーム・ニコラス・タレブの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
村上 春樹
ジェームズ アレ...
イアン・エアーズ
村上 春樹
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質に関連する談話室の質問

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質に関連するまとめ

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質を本棚に登録しているひと

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質の作品紹介

未来予測を切って捨て、経済学とファイナンス理論を根底から揺さぶり、ベル型カーブでは扱えない不確実性の核心に迫る。

ツイートする