「三国志」最高のリーダーは誰か

  • 15人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 渡邉義浩
  • ダイヤモンド社 (2010年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478009109

「三国志」最高のリーダーは誰かの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三国志に登場する人物を軍師,武将,君主ごとにタイプ分析。本当に主要なメンバーしか出てこず,エピソードもかなり割愛されて紹介されているので物足りなさも。
    個人的に好きなのは,呉の周泰の話。
    「忠臣」に分類される彼は,孫権を身を呈して守ることに命をかける代わりに,大した手柄がないことを部下にも指摘される。そんな中,孫権が部下の前で周泰の体の傷を見せ,沈黙させるシーン。孫権も憎いね,ちょっとかっこよい。

  • 三國志における最高のリーダーは誰か?
    非常に難しい問いに対し、答えを出せるのか?と考え、
    本書を買いました。
    結論から言えば、答えを出していないのですが、
    自分の考えの至らない、なるほどと思うところがたくさんありました。

    私の中では本書を読んでも考えは変わらず、
    改めて三國志では郭嘉が最高の人物でしょう。
    早死していなければと誰もが考える人物だと思います。
    郭嘉が生きていれば赤壁も諸葛亮も歴史に残らなかったかもしれません。

    郭嘉のように生きられたら、幸せだろうな。。。

全2件中 1 - 2件を表示

渡邉義浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「三国志」最高のリーダーは誰かはこんな本です

ツイートする