大事なことはすべて記録しなさい

  • 1078人登録
  • 3.28評価
    • (32)
    • (83)
    • (149)
    • (43)
    • (8)
  • 146レビュー
著者 : 鹿田尚樹
  • ダイヤモンド社 (2009年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478012109

大事なことはすべて記録しなさいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白いと思ったのは、ビジネス書を乱読するときの着眼点が、「フレームワーク」であるという事。
    書見台のほんたったは中々良さそう。

  • 大事なことはすべて記録しなさい
    鹿田 尚樹 (著)
    2009年11月12日初版

    ・この本の2つの特徴
    ・大事なことって何?

    ●はじめに
    ・記録は成功、成長のブースターである
    ・ただひたすら、「記録」するだけで、チャンスが次々とやってきた

    ●第1章 大事なことはすべて記録しなさい
    ・成果につながる、記録の5つのルール(原則・方法)
    ・ルール1【大事】大事なことはすべて記録する
    ・ルール2【時系列】日付と時間を書く&整理・分類しない
    ・ルール3【シンプル】「箇条書き」&「単語」(キーワード)で書く
     キーワードの中でも、「数字」「固有名詞」は迷わず記録 p35
    ・ルール4【1×1】1つのページに、1つのコンテンツ
    ・ルール5【読み返す】1日5分、記録を読み返す

    ●第2章 効率よく情報収集できる「記録インプット術」
    ・家中にペンを置いておく
    ・外出時には「品の良いペン」を持ち歩く
    ・色のチカラを使って、記録する
    ・ノートも「毎日用」と「勝負用」を使い分ける
     勝負用:モレスキンの「カイエ」 p52
    ・スケジュールもA6サイズで統一する
    ・ベースノートは、A5サイズのリング式
    ・自分だけのオリジナル教科書、「Bノート」を持ち歩く
    ・「Bノート」の最初のページに「夢・目標」を記録する
    ・ノートの左ページには何も書かない
    ・スケッチブックはA4サイズを選ぶ理由
    ・ネット画面はキャプチャ機能を活用して記録する
    ・実物をそのまま貼って、記録する
    ・ICレコーダーで「会話・アイデア」を記録する
    ・必ず集合写真を撮る 
     後で振り返るため。例えばパーティーなどでは誰が来ていたか、集合写真を一枚撮っておけば間違いない。後日会ったときに、失礼にならずに済む。p83
    ・記録写真ではずせない、2つのポイント
    ・手書きの会議録、ブレストなどもカメラで記録する
    ・移動中は携帯電話のメモ機能で記録する
    ・音声(CD)を使って、記録を脳にインストールする
    ・記録をとる「姿勢」で、価値ある情報を手に入れる
    ・デジタル記録とアナログ記録を環境で分け
    ネット環境が目の前にあると、どうしてもネットにつないでしまう。これでは集中できない。ですから、強制的にでもパソコンを極力持たないようにしているのです。p100

    ●第3章 速く読めて、忘れない「記録読書術」
    ・後で見返しても使える、効果的な「読書ノート」の作り方
     本から抜き出すべきこと:
    ①新しいフレームワーク
    ②ブログ、講演、人に話すときに使えそうな引用句
    ③PとE(ポイントとエピソード) p102
    ・手軽に本のエッセンスを持ち運ぶ「読書ノート」
    2段組にする
    割付印刷でA4に2ページ印刷する p106
    ・読書ノートへの抜書きには、「書見台」が便利
    ・ブログで自分専用の「読書データベース」を作る
    ・記憶のフックを引き出す「目次シート」
    アマゾンの書籍紹介ページから、目次だけをコピペして持ち歩いています。目次を読むことによって、様々なアイデア→インスピレーションを呼び起こしてくれます。記憶にも思索にも効果大です。p116
    ・ビジュアルでモチベーションを上げる「漫画ノート」
    ・名言・金言を記録して、後見人にしてしまおう!
    出会った言葉はすぐに記録する。歴史的人物や、憧れの著者、海外の一流作家の言葉を集めた、自分オリジナルの[引用句集]は大切な財産の一つ。p123
    ・PEマーキング読書術

    ●第4章 記録を使って、可処分時間を2倍にする「記録時間術」
    ・タイムログは時間の家計簿
    自分の時間の記録(タイムログ)をとることによって、自分の生活における無駄がどんどん「見えるか」されてきます。p130
    時間の記録術、段取り術、仕組みづくるについては「全ての時間を成果に変える31の鉄則タイムエン×時間術」(長尾慶太著・草思社)がおススメです。p132
    ・日々のタスクに必要な時間を記録する
    ・チェックシートを使って、仕事を記録する
    ・プロジェクトのスケジュールは別シートで管理する
    ・ファイリングせずに、ドキュメントスキャナーへ
    ・ブログを書く時間を3分の1に減らす方法

    ●第5章 心と体も書くだけでスッキリ「記録健康術」
    ・自分の健康状態を定期的に記録する
    ・記録の問題化で、行動を習慣化させる
    ・エクササイズの記録で旅行する
    ・食事の記録は「わりばし日記」
    ・不安を記録して、不安から解放される
    ・無意識になりたい自分になっていく「4行日記」
    4行日記は事実・発見・教訓・宣言で構成される
    事実:その日の印象的な出来事を、個人的な意見を入れずに客観的に書きます(空?)。
    発見:事実から気がついた発見を書きます(雨?)。
    教訓:発見して学んだことを一般化・普遍化して書きます。ことわざや四字熟語でもよいでしょう(傘?)。
    宣言:発見と教訓を踏まえた自分の理想を書き出します。ポイントはネガティブな言葉を使わず、すでに実現しているように書くことです(ミッション・ステートメント?)。p164

    ●第6章 記録で、人脈が10倍に広がる「記録コミュニケーション術」
    ・プロフィールシートに記録する
    ・なんでもかんでも、日付スタンプを押す
    ・プレゼント(頂き物)を記録する
    ・記録を活用して、「ありがとう」は4回言う
    プレゼントをいただいたとき
    プレゼントをいただいた日の別れ際
    プレゼントをいただいた翌日
    プレゼントをいただいた一週間後 
     p182
    ・スケジュールは、メールで記録を残す
    ・お土産にメッセージを記録する
    ・人の名前は、手で記録して覚える
    ・一緒に写真を撮る2つのメリット
    セブンイレブンで1枚30円程度で印刷可。p193
    ・交換日記でコミュニケーションを図る

    ●おわりに 記録することで得られる、6つのメリット
    ・効果1 Remind(再現)・・・・・・読み返せる、マニュアル化できる
    ・効果2 Evidence(証拠)・・・・・・トラブル回避&実績を示す
    ・効果3 Consider(熟考)・・・・・書きながら考えることで、自然深く考える
    ・効果4 Overlook(俯瞰)・・・・・・続けることで違いが見え、そして速くなる
    ・効果5 Report(伝達)・・・・・・正しく早く伝えることができる
    ・効果6 Datebase(蓄積)・・・・・・保存・記憶から解放される
    ・記録することで進化する「金色のじょうご」

    ・感謝の記録

  • 内容忘れた。

  • 命令された

  • 著者が本書の中で推奨している「漫画ノート」、本の中の気になる文章や感想を書き出すことは今までも行ってきたが、漫画の印象的なページをノートに貼り付けることは思い付かなかった。これは視覚的にも圧倒的な情報量が一瞬で視界に入ってきて、楽しいノートになるだろう。是非、実践してみたい。

  • 日々の生活の中で気づいたことや本の引用などをノートに記録することは、これまでも試行錯誤しながらやってきたのですが、あまり活用することができず、果たしてどのくらい意味があるのだろうかという疑問を感じていましたときに本書を読み、「1日5分読み返す」ということを習慣にしてしまえばよいということに、改めて気づかされました。

    ノート術に関する本はこれまでも数冊読んだことがありますが、本書でも言及されている奥野宣之『情報は一冊のノートにまとめなさい』(ダイヤモンド社)がブームの火付け役でしょうか。おそらく内容にそれほど大きな違いはなく、どれも当たり前のことばかりだとは思うのですが、惰性になってしまった自分の仕事や勉強の方法をちょっと見直す機会を与えてもらったという意味では、それなりに有益だったように感じています。

  • 日々の記録はフォーマットを決めて蓄積していく。
    記録は読み返すことで価値が高まる。

  • 著者の記録するスタイルが学べる一冊。

    ちょうど読書記録や、時間管理の方法になやんでいたところで、役立った。

    もちろん、自分はこの方法はいらないなぁと思うところもあるが、全体的にこの手法がいいのだと押し付けるでなく、
    この手法だとこういうメリットがあるから私はこうしてる、
    と提案してくれているだけなので、読んでいてイライラもしない。

    内容は、よく知られた方法だとか、ネットで調べればすぐにポンと出てくるようなものが多いが、
    これまで記録したりメモをとったりしてこなかった人で、必要性を感じてなにかうまい方法を探している、といったシチュエーションなら説明も方法も理解しやすくて役立つと思うし、アレンジもしやすいだろう。

  • 図書館で借りた。

    人は一日後には
    74%は忘れる。

  • 記録をすることが好きで、手に取ってみる。本にマーカーされていたりで、読みづらい所もあるが、記録することの大切さを再認識。

    【学】
    ・1日5分記録を読み返せ
    ・仕事の事も、プライベート空間に書いておきたいな
    ・人の話はメモを取りながら聞け

    ・聞いて学ぶツール(フィービー、音学ドットコム)

    ・ダイエットでも、酒でもlogを残せば、より意識するようになる

    ・四行日記(事実・発見・教訓・宣言)

    ・自分のプロフィール、ニュース、実績を書く

    ・プレゼントを記録しておく。プレゼントされたときは、お礼を4回言う。則ち、
    1、プレゼントを頂いたとき
    2、その日の別れ際
    3、翌日
    4、1週間後

全146件中 1 - 10件を表示

鹿田尚樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン・トレ...
小山 龍介
トニー・ブザン
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
レオ・バボータ
小山 龍介
ジェームズ アレ...
土橋 正
有効な右矢印 無効な右矢印

大事なことはすべて記録しなさいを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大事なことはすべて記録しなさいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大事なことはすべて記録しなさいのKindle版

ツイートする