投資信託にだまされるな![新版]

  • 275人登録
  • 3.70評価
    • (15)
    • (32)
    • (33)
    • (2)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : 竹川美奈子
  • ダイヤモンド社 (2010年8月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478013922

投資信託にだまされるな![新版]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • hiichan78さん (2011-03-20)

    「こんな広告本当にあるの?」と思って読んでいたら、翌日の新聞広告にまったく同じ内容の広告が入っていました(笑)

    挿絵と具体例を交えながら、金融機関がおすすめする投信のカラクリが分かりやすく書かれています。
    この本が他の積立投信の本と異なって印象に残ったのは、投信の選び方や積立の仕方だけでなく、取り崩す方法にも触れられているところでしょうか。

    投信の手数料や信託報酬の意味など、最低限の知識はあるが具体的に何を買えば良いのだろうか・・・騙されたくはないけど、自分で色々考えるのもはちょっと面倒・・・なーんて方にオススメの本だと思います。

  • 投資信託初心者にはお勧めの一冊。
    また、具体的な例も多く、実際の投資信託やファンドを挙げてあるので、初心者にも理解がしやすく、やってみようというやる気も起こりやすいのではないかと考える。
    実際には数年が経過しているため、見直しが必要だろうが、考え方は大いに参考になった。

  • 投資信託の入門書。

    投資対象としてはとてもオススメできない現実の投資信託に、とても類似した架空の投資信託を題材に、
    なぜだめか?
    を解説してくれています。

    分かりやすいし、具体性もあり、分かりやすかったです。

    銀行の窓口で勧誘されるがままに投資信託を購入している人は必読です。

  • 攻撃的なタイトルだが真っ当。

    やはり無知と怠慢は罪である。自分にとって。

  • 積み立てるだけじゃなくて、その後の使い方も言及されてて新鮮だった。

  • 投資信託とは何かを知りたくて読みました。
    周りから投資信託はダメだと言われますが、その仕組みを知ることで理解を深めることができました。
    投資信託の手数料ビジネスを知ることができ、進めない理由を知れました。

  • 再読。1回目は自分自身が無知すぎて、いまひとつ良く分からなかったけれど、今回はとても分かりやすい本だと思えた。投資信託を始めようという方にはお勧めの1冊。

  • 投資信託のことがよくわかる1冊。
    銀行預金に寝かせておくのはどう考えてもばからしいので、
    こういう良書をみて、リスクも理解しつつ投資がすすんでいけばいいなと思った。
    手数料がやすいインデックス型を国内国外、商品も分散投資。
    言っていることは勝間和代氏の「お金は銀行に預けるな」とほぼ同じ。

  • 前半は要注意な投資信託の特徴の説明、後半は投資信託を使った運用方法の説明になっています。特に要注意な投資信託に使われている金融機関が儲ける仕組みは、よく思いつくなあと感心してしまいました。投資信託は買うより売る方が儲けられるのかも。
    後半の運用方法は他のインデックス投資の本とほぼ同じでしたが、文章が読みやすかったです。

  • 昔投信を始める前に一番最初に買った本。
    投信とはなのぞや?銀行がすすめる商品には裏がある!等の基本のノウハウが解った。
    初めて投資信託をする人向けには素晴らしき良本。

全29件中 1 - 10件を表示

竹川美奈子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

投資信託にだまされるな![新版]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

投資信託にだまされるな![新版]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

投資信託にだまされるな![新版]の作品紹介

人気の投資信託にはプロの仕掛けた巧妙なワナがたくさん隠されている。本書では、広告例を通じて「投信のワナ」の見破り方を解説し、その後に、数少ない良質な投信の使い方をやさしく解説した。

ツイートする