人生の最期は自分で決める 60代から考える最期のかたち

  • 11人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 大塚宣夫
  • ダイヤモンド社 (2013年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478014646

人生の最期は自分で決める 60代から考える最期のかたちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ピンピンコロリできるのはわずか5%と期待薄、最晩年の実態をきちんと示したうえで、人生の最期とどう向き合うかを指南。
    一人暮らしで心身を鍛え、孤独死が敢えて理想と説く。
    親の面倒を見る動物はいないと、家族による介護幻想を示し、幸せな終の棲家の在り方を提言する。
    そしてそれにはある程度のお金が必要だとはっきりと言う。
    認知症についての対応も、まず長生きをしないことと辛辣な提言をした上で、介護は愛情だけでは成立が難しく、プロの技だとして、まわりはせいぜい認知症に歩調を合わせるのが最善の対処だという。
    平易な語りかけで、真実をついた提言は説得力あり。

全1件中 1 - 1件を表示

大塚宣夫の作品

人生の最期は自分で決める 60代から考える最期のかたちを本棚に登録しているひと

人生の最期は自分で決める 60代から考える最期のかたちを本棚に「読みたい」で登録しているひと

人生の最期は自分で決める 60代から考える最期のかたちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生の最期は自分で決める 60代から考える最期のかたちを本棚に「積読」で登録しているひと

人生の最期は自分で決める 60代から考える最期のかたちの作品紹介

二世代同居か、一人暮らしか、老人ホームか、快適な病院か。人生の主導権は最期まで自分が握る。青梅慶友病院創設者が語る老後の生きかた教則本。

人生の最期は自分で決める 60代から考える最期のかたちはこんな本です

ツイートする