土木遺産Ⅲ―世紀を越えて生きる叡智の結晶 日本編

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • ダイヤモンド社 (2010年11月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478014684

土木遺産Ⅲ―世紀を越えて生きる叡智の結晶 日本編の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 豊稔池ダム P134〜
    5連アーチ式ダム。両端は重力式。
    土木工学的には「多きょう扶壁式粗石モルタル積石堰堤」
    堰堤外面を覆う石材がコンクリートブロックな点、
    サイフォン式洪水吐をもっている点
    →当時としては斬新。
    基礎部に掘削できない岩盤があり、
    計画変更で重力式からマルティプルアーチ式になった。
    →画期的な設計変更で誕生した構造形式。
    強度面、アーチ部のブロックの積み上げに困難を要した。


    白水ダム P196〜
    正式には「白水溜池堰堤水利施設」
    小野安夫さんの設計。
    基礎地盤がもろい、保水力がなかった。
    川底の弱い岩盤を保護する為にいかに水圧を弱めるか。
    →滑らかな壁面で水圧を低減、下流部に副堰堤。
    左右非対称な形
    →堤体を支える地盤にあわせた。

    日本三大美堰堤
    白水ダム・藤倉ダム・長篠堰堤余水吐

    兼六園、牛伏川フランス式階段工、琵琶湖疏水

  • 推薦者 社会環境工学科 教授 三上 修一 先生

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50067491&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 1

全4件中 1 - 4件を表示

土木遺産Ⅲ―世紀を越えて生きる叡智の結晶 日本編を本棚に登録しているひと

土木遺産Ⅲ―世紀を越えて生きる叡智の結晶 日本編を本棚に「読みたい」で登録しているひと

土木遺産Ⅲ―世紀を越えて生きる叡智の結晶 日本編を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

土木遺産Ⅲ―世紀を越えて生きる叡智の結晶 日本編の作品紹介

古来より独自の思想で造られた重厚な土木遺産や、日本の近代化の過程でヨーロッパから伝播した技術がその土地の風土や文化と融合し、独自の魅力を醸し出す土木遺産。そこには、先人たちの知恵と工夫が織り成す技術と歴史が込められ、いまもなお、私たちの生活を支えて続けている。本書はヨーロッパ、アジアの土木遺産に続き、より身近な日本の土木遺産とのふれあいから、知的好奇心を満たしてくれるガイドブックでもある。

土木遺産Ⅲ―世紀を越えて生きる叡智の結晶 日本編はこんな本です

ツイートする