ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!

  • 107人登録
  • 3.23評価
    • (1)
    • (8)
    • (14)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 午堂登紀雄
  • ダイヤモンド社 (2011年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478015803

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
池井戸 潤
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!の感想・レビュー・書評

  • 極力手間をかけず、サラリーマン大家になるための入門書。

    著者自身あとがきで書いているように、かなり楽観的にまとめられている。

    ほったらかしにするためのコツとしては・・・
    ・購入~融資~管理と、全プロセスで任せられるところは業者に任せてしまう。⇒そのために良い不動産業者を探す労力は必要。
    ・リスクは適切に認識したうえで、最後は「度胸」。

    細かいノウハウが詰まっているわけではないが、
    まずは不動産投資のイメージをつかんで、あまり知識を詰め込みすぎて行動できなくなる前に、ポジティブなイメージを持ったまま次の一歩へ読者を導く。
    そんな本。

    26歳のこのタイミングで読めて良かったかもしれない。

  • ほったらかしで稼げる!というスタンスは、納得できる。
    ただし、本当に、ほったらかしで、うまくいくのか?不安は残りますが。

  • 確かに、知識ばかり増えてしまうと行動に出せなかったりしますねー
    しかし、今の自分には不動産投資は難しいかも・・・
    かといって、あきらめるわけでなくどうにかやれないか突破口を探っていきたいと思います。

    これからの戦略を練っていきたいです。

  • 著者の経験による具体的な投資方法が紹介されている良心的な本。投資が長期にわたる不動産投資において、マクロの視点からもちゃんと著者の考えが述べられている。
    チャンスをつかめるかどうかは「胆力」というのも、その通りだと思う。サラリーマンが不動産投資をする場合のポイントは、慎重なリスク計算と信頼できるチーム、最後は決断力ということがよく分かった。

  • サラリーマン大家になるのは決して夢では無く「現実的なこと」で有ることを意識付けてくれた1冊でした。

    「不動産投資にかける時間は1年間に60分」という記述はちょっと盛りすぎだなと思いますが、全体的にわくわくするような内容で、不動産投資の概要がつかめました。

    本書の中にも記載がありますが、本気でサラリーマン大家目指すなら他にも沢山関連本を読んで、頭でっかちになる前に「行動」する事が大切なんだと思います。

  • (110604)不動産投資のお話。有能な不動産屋さんが重要って事よ。

  • 著者は不動産投資会社経営&米国公認会計士&ビジネス作家・・・
    の午堂登紀雄氏。

    「33歳で資産3億円をつくった私の方法」(三笠書房)から
    次々と出版。

    どれも経験されてきた内容でとても勉強になる。
    今回の本も自分の経験談を書かれたモノです。

    不動産投資に興味がある方は一読を。

    私もいつかは「ほったらかしで月50万円」達成したいですね。

全9件中 1 - 9件を表示

ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!を本棚に「積読」で登録しているひと

ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!はこんな本です

ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!のKindle版

ツイートする