日本を脱出する本

  • 259人登録
  • 3.18評価
    • (10)
    • (10)
    • (33)
    • (12)
    • (3)
  • 25レビュー
著者 : 安田修
  • ダイヤモンド社 (2011年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478016640

日本を脱出する本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 週刊誌程度にはまとまっていて、週刊誌程度には有益だと思いますが、この本を参考に海外移住する方がいたらインタビューしてみたい
    あと著者に海外経験が少なさそうなのが文中から滲み出ている

  • 一般論なわけね。

  • ブックデザインをいたしました。

  • 移住したい国がもう決まっている人には、まだるっこしい部分が多いと思う。これから決めたい人にはいい本かと。

  • タイトルどおり、日本を脱出する方法について詳しく書かれている。単なる憧れだけではなく、実際にどんな手続きが必要か、収入はどうするか、どんなパターンがあるか……が大変わかりやすい。たとえ日本が好きでも、世界中どこでも生きていけるスキルを身につければ「自分の居場所を限定しない、自分の居場所が広がる」ことにもなるだろう。海外国といってもさまざまだが、ほとんどの国に共通することは、「日本にいるときのような、異常なストレスから開放される」ことだそうだ。

  • 移住について初めて買った本。色んな国のことが書いてあるので初心者には大変勉強になる本。なので、少し知識がある方には物足りないかも・・・

  •  海外に移住したい人向け。
    各種査証(ビザ)、制度、就労、永住権などについてが書かれています。

     海外移住に何が必要なの?
    誰でも気軽に海外に移れるの?
    海外で働ける?
    そんな疑問を持っている方におすすめ!

     長期滞在に必要な「在留届」
    現地移民局から受ける「居住許可証」
    海外で働くために必要な「就労許可証」
    30歳未満で自由に生活ができる「ワーキングホリデー」
    現地に永続的に住める「永住権」
    海外での会社設立方法。
    などの詳細が書かれています。。

     中には、海外移住者をターゲットにして騙す悪徳商法を行う日本人や、会社があるので注意も必要とのことです。
    国別の表などが掲載されているので、わかりやすかったです。

  • どんな目的であれ、海外に行くことを予定している人は目を通すことをおすすめ。本書を一通り読めば、どのようにして「海外渡航」までこぎつけるか、おおよその道筋が見えてくる。また、著者が考える「海外渡航に際しての心の持ちよう」も本文から伺える。

    個別具体的にもっと突っ込んだ情報を得るなら、著者のホームページを参照するなどするべき。本書のテーマは日本脱出にあるので、情報の濃さは「広く、浅く」だと思う。また、情報が古いことにも留意すべき(電子版発行が2012年)。
    ※Kindle版を購入

  • 保存版

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】290.93||Y【資料ID】91112209

全25件中 1 - 10件を表示

安田修の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
佐々木 圭一
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本を脱出する本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本を脱出する本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本を脱出する本を本棚に「積読」で登録しているひと

日本を脱出する本の作品紹介

いま海外移住が注目されている。日本を出て新しいことを始めたい、家族の絆を深めたい、自然の中で暮らしたい、海外でボランティアをしたい、老後の生活を楽しみたいなど、海外では日本社会に縛られないライフスタイルが実現できる。日本脱出は、人生を豊かにする選択肢の1つ。本書は、日本から脱出したいと考えている人に、現実可能な方法を伝えるもの。なるべくお金をかけず、簡単にできるノウハウに絞った内容だ。

日本を脱出する本のKindle版

ツイートする