ブクログ大賞

自分のアタマで考えよう

  • 5378人登録
  • 3.96評価
    • (526)
    • (813)
    • (406)
    • (69)
    • (18)
  • 790レビュー
著者 : ちきりん
制作 : 良知高行 
  • ダイヤモンド社 (2011年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017036

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

自分のアタマで考えようの感想・レビュー・書評

  • これまで出会った中で1番実践的な思考本でした!

    日頃、考える力をつけたい…と思いつつ、実際にしているのはpcと向き合っての「作業」であったり、読書などでただ「インプット」するのみであったり。
    全体を通してちきりんさんが訴える、考える時間を持とう!というメッセージはとにかく私の心を揺さぶりました。

    各章にまたがる、様々な思考法や思考を深めるキーワードはとても参考になりました。

    特に印象に残ったのは、
    ・数字を見たら「なぜ?」「だから何なの?」と問いを立てるp42
    ・図を用いて考えモレを無くすp82
    ・縦と横、プロセスを比較するp90
    ・どのレベルで話をしているのか明確にするp128
    ・知識は思考の棚に整理するp227
    でした。


    学生時代のゼミの先生や、尊敬する先輩など、どうしていつも会話の意図や質問を瞬時に理解し、パパーン!と答えを出したり、または鋭い質問を投げかけたりできるのだろう…と思っていましたが、それは、その情報についていろんな仮説をあらかじめ持っていて、会話の中から最後のピースを見つけ、はめ込み、「その情報が存在したなら、こういうことが言えるよね」と、すでに考えてあった結論を「思考の棚」から取り出してきている(p231)から出来るのか!
    それだったら私も努力すれば出来るようになるかもしれない!
    と思えました。

    読書が好きだし、知識の絶対量に対してコンプレックスがあって、つい、読みっぱなしで考えることなしに生活しがちですが、これからは1日に30分〜1時間くらいは考える時間を持てるように努力しよう、と思えました。

  • すでにある情報を鵜呑みにするのではなく、自分自身で考えて分析することで、他者のフィルターを気にせずに物事が見れるようになる。8種類の女性のタイプの図と、兄弟の比較の図によって、今回も著者の性別がどちらか混乱したけれど、よく読めば分かるし、ネットでググってはっきりしました。

  • 「知識」は過去!「思考」は未来!
    たしかに、知識があるのは良さそうには見えるけれど、今時Google検索すれば知識(情報)はすぐに手に入る。そこから何を思考するか、どう結論を出すかということが「自分の頭で考える」ということ。

    判断基準の優先順位がないと決められない、自分のフィルターをはっきりさせること、
    こういうのも、すべては自分で責任を持たないと使いこなせないことですね。
    「結論の出ない会議を延々と続ける」というのは、結局は「誰もその結論に責任を取りたくないから」ということなのかなぁ、と思ったりしました。

  • 「知識と考えることは違う」というように思考することは何か?を体系化した書籍。データを元にした考え方が掲載されていて、読み解いたり利用したりする人には特に参考になるのでは。

  • p.101まで読了。

  • 思考は知識に騙されてる、構成要素を分解して、組み合わせを考える 成果がすぐ出て、リターンが早い

  • やっと読んだちきりんシリーズ1作目。頭の体操になりました。また2作目以降も読んでみよう。

  • たとえがわかりやすく記憶に残りやすい。言ってることは普通。室賀

  • 個人的にちきりんさんのTwitterのフォロワーなのですが、毎回の投稿が鋭く面白いので、書籍の方も買ってみることにした。私も仕事で上司から「もっと考えて」と言われることが多いので、考えるとはどういう思考のはたらきなのか…ということを考えながら読んだ。
    個人的に印象に残ったのは、”知識は過去・思考は未来"という言葉。既存の知識を引っ張り出してインスタントに答えを出すのは思考停止。目の前の情報から何を読み取り、どうアウトプットしていくのかが大事。
    正直猛省…日頃なかなかアタマを使えていないことを痛感。
    自分の日々の思考について考え直すきっかけになる良書。学生・社会人問わず、社会人なら職種を問わずおすすめです!

  • 知識と自分の思考を分離する
    意思決定のプロセスを先に決めておく
    なぜ、だから何なのという問いかけ
    判断基準の取捨選択→2×2マトリクス→こだわる細部はおそらく独自の判断基準 自他か、時系列か。
    レベル分けとレベルそろえ
    自分用にフィルタをカスタマイズ
    データはすこし追っかけてみる どこまでやるかは決めたほうがいい データを追うコストと、データが得られたことでわかる結論(の価値)
    図化してこれがわかればいいというピースの穴を意識化する
    判った時に出る結論を予測しておく

    仕事の四分類は例としてとても良い。成長、支援、運営、再生

    考える時間と、作業の時間と、PDCAを回す時間を記録してみよう。目標一日当たり 考える時間20分、PDCA回す時間20分、勉強時間20分を取る。週で合計して2.5h。

  • ロジカルシンキングの考え方と練習問題の本。どう思考を深掘りしていくか、のヒントが書かれている。折に触れて読み返し、問題を解いてみると、今自分がどこまで考えられるかのチェックが出来る。贅沢を言うのならば問題数をもっと増やして頂きたい。

  • 知識は過去、思考は未来。詳しい分野ほど知識が思考を邪魔して保守的になるはFCと似ている。過去の事実の積み重ね=知識と未来に向けた論理の到達点=思考を別に認識する。情報収集と分析は作業であり、意思決定の思考が先。何となく使えそうな調味料を買う主婦と同じ。数字を見たら、「なぜ」で背景を探り、「だから何なの」で次の行動を決める。調べたらわかることでも自分で考えて予測することに意義がある、なるほど。論理思考は分解図を使って選択肢を網羅的に洗い出す。分析の最初は縦=歴史と横=他者。大企業や公務員に必要な二大資質は、我慢する力と空気を読み力、これは大いに納得。個別事業への賛否ではなく、何を優先するかを判断する基準、これも納得。就活は企業研究より自分のフィルター発見が大事、成果が現れる期間、チーム関係など。思考の言語化の先の視覚化で抜け落ちに気づく。知識を思考の棚に整理すると、空き棚がわかり、予測することで新たな意味=洞察が見える。大いに納得。自分のアタマで考える。

  • 自分で新品で買った一冊。

    これは本当におすすめの一冊。
    誰にでも薦められる。

    内容はシンプルで簡潔だが、エッセンスがすごい。
    簡単にさらっと書いているが、高い次元の話。
    これを習慣レベルで日々実践していけるまでになるには、
    努力が欠かせないし、難しい。

    この人は本当にすごいなと思う。

  • 世間の評価に左右されない、自分の見識を持つことの大切さを教えてくれる。簡潔に具体的な方法を提示してくれていて、実践的。お勧めです。

  • 裏・表、メリット・デメリットを考えることが大事。知識は考えたことではない。データを見たら、なぜそうなっているのか、いつからか、どこで、
    など5W1Hを考える。年度ごとの推移のグラフを見るときには、その年に何があったのか、関連する出来事を考える。
    など、参考になる話もあったが、全体的に冗長な感じがした。

  • 思考に関する本で改めて知識を得ることと考えることの違いについて考えることができた。
    思考方法の紹介もいくつかあって仕事の効率化に役に立ちそう。

  • 「知っている」と「考える」は全く別もの・レベルを揃えて考えよう・情報ではなく、フィルターが大事・知識は「思考の棚」に整理しよう・判断基準はシンプルが一番。考える時間を増やしていく。レベルを揃えて考えよう。

    読書会の題材にした。左に書いたものは、すべて特に重要だと思ったものです。

  • 企業情報ではなく「自分独自のフィルター」を探すのが就活。
    就職してから考えればよかったものが、就活前に考えなきゃいけなくなったのか…とも思うけれど、
    大事なことを中高年になって気づくより、大学生の今、気づく事が出来たという点で、読んでよかったと思える本。

  • ちきりんさん最高!
    僕は読書を大量にしながらも、思考する時間をしっかり作ります!!

  • ーーーーー↓市原2016/10/4↓ーーーーー
    <自分のアタマで考えよう ちきりん>
    【概要】
     「考える」という行動を非常に抽象的な概念をわかりやすく教えてくれている。
     今まで行っていた「考える」という行動は実は全然違っていたと思える本。

    【評価】
     75点
    冒頭の内容が非常に面白かった。

    【共有したい内容】
    ○「自分は今、必死で考えているんだ!」と主張する人の頭の中をのぞいてみたら、そこは
     「ああ、どうしよう。困った。このままじゃだめだ!とりあえず様子を見てみようか?いやだめだ。・・・・・」
     という状態だったりします。これを私たちは「考えている」と呼ぶでしょうか?これが「思考」でしょうか?

    【読んだ方がいい人】
    ○考えるのが得意な人
    ○情報の読み取り方が分からない人
    ○2.3年目の人


    【どういう時に役に立つか】
    ○作業系の仕事から考えるような仕事が多くなってきたとき
    ○融資、事業計画、売上等の話になった時

    【自由記述】
    ○思考は知識に騙される。
     データを見て考えるという機会があった時、本当は事前にあった知識を基に、結論を決めているという記述があった。
     元々ある知識に騙されて、本当の思考をしておらず、先入観に惑わされている。
     自分も物事を考えるときに、考えているつもりでも、実は事前知識に惑わされ結論を心の中で決めているという事は多々あるなと感じた。

    【合わせて読みたい】
    「仕組み」仕事術 泉雅人

  • 考えるとはインプットをアウトプットにすること。
    情報を見て考えるべきことは「なぜ」と「だからなんなの」。
    比較して考える→他と比べる。以前と比べる。
    判断基準を絞り込んで考える→優先順位。
    情報を取捨選択するフィルターにこだわりを。

  • 思考力
     ・柔軟にゼロから考える。過去の知識ではなく目の前の情報から考える。
     ・大部分を占める作業ではなく、「思考」すること。思考に時間を割くこと。

    具体的な目的から、必要な作業、情報収集を逆算する。
    (しないと今回不要な範囲からも延々と情報収集してしまう)

    数字やグラフをみたら
     ・なぜそうなっているのかを、いくつも抜き出して考え抜く。
     ・最終的に、だからどいういう結論、どうなっていくを考え抜く。

    あらゆる可能性、選択肢を抜き出し、縦横軸で比較する。
     →自分のフィルターで狭めていく。

    棒グラフは階段グラフを追加する事で思考力があがる。

     

  • ・両面から考える
    ・データを見たら「何故?」「だから何?」と考える→可能性はモレなく考える→構成要素を分解するは?
    ・判断基準はシンプルに(2軸比較)
    ・思考の軸を持ち知識を思考の棚に整理する

  • インターネットや本でいくら知識を蓄えても思考力に繋がらない。思考は自分の頭で考えることで鍛えられる。
    著者の定義。
    知識とは「過去の事実の積み重ね」であり、思考は「未来に適用する論理の到達点」。つまり、知識があっても過去に引きづられて「自分で考える」ことができなければ、私たちは未知の世界に向けて新たな思考を拓いていくことができない。

全790件中 1 - 25件を表示

自分のアタマで考えように関連する談話室の質問

ちきりんの作品一覧

ちきりんの作品ランキング・新刊情報

自分のアタマで考えようを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分のアタマで考えようの作品紹介

"おちゃらけ社会派"として超人気のブロガーが教える「自分だけの答え」の見つけ方。

ツイートする