自分のアタマで考えよう

  • 5464人登録
  • 3.96評価
    • (534)
    • (821)
    • (413)
    • (70)
    • (18)
  • 802レビュー
著者 : ちきりん
制作 : 良知高行 
  • ダイヤモンド社 (2011年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017036

自分のアタマで考えようの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  著者がブログに書いているトピックスは、どれも“素人意見”で、使っている情報も特別なものではありません。それでも多くの人に読まれている理由は、「ちきりん」の視点のもち方や感覚がユニークなことです。
    「ちきりん」が情報どのようにアンテナにひっかけ、どういう道筋で加工・分析しているのか?大いに気になるところですね。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=2083

  • とても面白い。普段何気なく生きてると本当に考えることって面倒くさくて疎かにしちゃうから、どうにか考えるくせをつけたいと思った。
    マッキンゼー出身で人気ブログを書き続けるちきりんは特別だと思ってたが、考える習慣をつけた賜物なんだなーと。
    買い物で悩みやすい自分は選ぶ際にフィルターを付ける必要がある。

  • 考えるためのノウハウが詰まった一冊!
    たくさん情報取り入れて、本も読んで、インプットしても
    本当に大切なのはそのあとなんだろうな。
    そして、わたしはそれがうまくできてない。
    知ってわかったつもり、考えたつもり、になってる。
    この本を読んで、なるほど~!!とわかったことも、
    このあとなにもしなかったら同じこと。
    この“思考の技術”をちゃんと身につけるには、
    日々の生活の中で実践するしかないのかな?頑張ります!!

  • 頭の良い人って、知識を沢山持っている人じゃないんだな。
    インプットした知識を、自分のアタマでしっかり考え、アウトプットしなければ、意味のないものになってしまうのだ。
    つい批評家、評論家の意見は正しいものと信じ、自分で考えることもなく肯定してしまうことのほうが多い。
    情報に振り回されるのもこの手の人達なのだ。
    多くの人が情報操作に乗っかってしまうのは怖ろしいことである。
    ちきりんさんのように、思考する習慣を身につけるよう頑張ろうと思った。

  • いかに自分が考えてきていないか、思考力の浅さを思いしることが最近良くあるので読んで見た。
    少しでも考える時間を長くしたい。
    最初は幼稚な考えしかできないだろうけれど、シンプルかつ深く、きちんと、考えられるように。
    わかりやすい言葉で書かれているけれど、それはちきりん氏の中で、考えるということがすでにある程度訓練されてまとまっているからなんだろうな。
    とりあえず頭つかって、たまにこの本に戻って来たいと思う。
    そうじゃなきゃこの内容も知識としてしか自分の中に残らない、かも?

    11/12

  • 「なぜ?」「だからなんなの?」っていうのが難しかった。
    正確にいうと、「なぜ?」はイメージできるけど、「だからなんなの?」がピンとこなかった。

    あとは、試験は手段だと考えられるようになってとても楽になった私は、
    解法は暗記でいいじゃん とは思うけれども。

    1 グラフをもとにして考えを発表してください の例題
      すでに持っている知識をグラフに当てはめて、それを意見として発表していないか?(しかもその結果が必ずしも間違っていないから厄介)

    2 はじめにきちんと考えれば、無駄な時間を過ごさなくて済む
      考えずに「作業」をして、翌日上司から それやらなくて良くなったよーとか言われる例

    3 なぜ会議が終わらないか?
      決定するのに必要な情報だけ見ればよい。

    4 お互いの話のレベルを揃える
      相手の意見に反論するときは、相手の意見を細かく要素ごとに区切って、または分けて、それぞれを検討する。
      ここでは、「レベル」とは頭の良さの高低とかの意味でなく、階層のことをいう。

    以上、残しておきたい部分!
    偶然、10月28日のほぼ日手帳の下の部分に
     日本人は 目の前の仕事だけを見て最高レベルに持ってくのは得意
     だが そのために本当にやるべきことをわからなくなっている
    っていう趣旨のことが書いてあって、
    この本にもそんなことが書いてあって、
    なんか落ち込みました。

  • 昨年買っておいてずっと積読していた本。伊賀泰代氏の『採用基準』を読んで、その裏の顔であるちきりんの本も読みたいなということで積読から解放。
    一言で言えば、グロービスで教わったクリティカル・シンキングをもっとわかりやすい実例と表を用いて解説した内容。
    今まで「自分の頭で考えている!」と思っていたことは、ほとんど知識や受け売りや経験から来るもので実はほとんど自分の頭で考えてなんかいなかったということがよくわかる。
    誰かが「無知の知」と説いたように、まずは「自分はたいして考えていない」と認識することが、「自分の頭で考える」ための第一歩。

  • 上司、先生、親などから「自分の頭で考えなさい!!!」と言われ、
    どうやって考えたらいいのか分からない人へ。
    思考のヒント、ちきりんさんが独自の視点でおもしろ分かりやすく、教えてくれます。

  • ・意思決定するためのプロセスを最初に決める
    ・判断基準はシンプルに
    ・xxがわかればyyがわかる,というように自分の思考の状態を整理しておく
    ・知識と思考は別物

  • 知識と思考を分離すること。インプットと同じだけアウトプット(考える時間)をもつこと。
    プロ野球の今後の件は、秀逸です。

全802件中 1 - 10件を表示

ちきりんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

自分のアタマで考えように関連する談話室の質問

自分のアタマで考えようを本棚に登録しているひと

自分のアタマで考えようを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自分のアタマで考えようを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分のアタマで考えようの作品紹介

"おちゃらけ社会派"として超人気のブロガーが教える「自分だけの答え」の見つけ方。

ツイートする