株、FX、世界経済がマンガでわかる!新女子高生株塾

  • 130人登録
  • 3.97評価
    • (11)
    • (13)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
  • ダイヤモンド社 (2011年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017081

株、FX、世界経済がマンガでわかる!新女子高生株塾の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • "四季報で「注」のある会社が、注が外れた途端に株価は高騰する。(決算発目のタイミングで外れる)

    決算短信の業績予想は、四季報はIFISと見比べる
    決算短信の純資産にも注目。大規模製造業は10%を切ると危険水域。
    前提為替(表紙でなくて作文に載ってる)も注目。

    配当利回りだけに注目せず、四季報で利益剰余金のある会社か調べる。

    日本株でも、ダウの犬と同じ手法が、TOPIXコア30で使える。

    アメリカの雇用統計は毎月金曜のニューヨーク時間朝8時半に出る。

    整理株も買いかも
    1円の株でも破産した後5円貰えるかも"

  • FX・為替などがメインで、指標の動きや関連がイメージできて面白かった。

  • 投資についてわかりやすい。

  • タイトルの通り、
    ・株について(特に、仕手・疑義注記株・インデックスファンド等の上級知識)
    ・FXについて
    ・世界経済(主に中国)について
    の知識が手に入る。

    マンガであることも相まって、どれも非常に分かりやすく解説されている。
    その辺りは、さすがと言える。

    だが、投資のテクニック本としては、とても実践的とは言えない。
    例えば、たまに株の売り買いをする程度の自分には、この本に書かれているような知識が必要になることは、ほとんど無い。
    そういう意味で、前作のような「読んですぐに役に立つ」のを期待していると、肩透かしを喰らうだろう。

    しかし、様々な投資や経済についての解説は、教養としては十分に楽しめた。
    この本を読んですぐに儲けることは出来ないだろうか、今後の人生の幅を拡げるのには役に立つだろう。

    単純にマンガとして見ても、登場人物のキャラが立っており、なかなか面白い。
    前作ヒロインの転落っぷりに驚くが、そこもまあ、さすがホイチョイ・プロダクションズと言ったところか…。

  • 発売してすぐに購入したにもかかわらず、ずっと積読していた本。
    本書発売に伴って、大幅に加筆修正しているせいで、時間間隔がおかしなことになってる(本書内では何ヶ月かたっているようだけど、どの期間でも東日本大震災がつい最近起きたような書かれ方)。
    加筆修正する前は、最初の東日本大震災の話はどういう話になっていたんだろう。
    時間間隔おかしいといえば、前作から数年後の話で、前作の時点でサブプライムローン問題の話が取り上げていたにもかかわらず、本作では前作からの間にサブプライムローン問題が起こったことになってるという。どういう時間軸なんだ……。

  • 息抜きには良いかも。

  • 良く調べてあって、内容が盛り沢山でした。

  • 前号についで、分かりやすく株のことが学べる。
    やはり対象年齢が高く、子どもに見せられないのだけが残念。

    面白かった。

  • 漫画という読み物として考えると思ったより内容が濃い。
    その分、経済学の知識不足から理解出来ない箇所が多々合ったので
    再読必須の1冊。

全11件中 1 - 10件を表示

ホイチョイ・プロダクションズの作品

株、FX、世界経済がマンガでわかる!新女子高生株塾を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

株、FX、世界経済がマンガでわかる!新女子高生株塾を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

株、FX、世界経済がマンガでわかる!新女子高生株塾を本棚に「積読」で登録しているひと

株、FX、世界経済がマンガでわかる!新女子高生株塾はこんな本です

株、FX、世界経済がマンガでわかる!新女子高生株塾のKindle版

ツイートする