日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません

  • 1106人登録
  • 3.88評価
    • (73)
    • (157)
    • (75)
    • (10)
    • (5)
  • 145レビュー
著者 : 藤沢数希
  • ダイヤモンド社 (2011年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017159

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありませんの感想・レビュー・書評

  • 分かりやすいのと、突っ込んだ切り口が興味を引く本で楽しく学べた。

  • 外資系企業でトレーディングなどを行い、科学者としての顔もある著者が経済学の実践的な内容と提言を書いた一冊。

    2011年に出版された本書は現在でも変わることない様々な国の施策について提言がされており、非常に刺激的でした。
    ただ経済学の基本的な知識についても科学者の見地から数式なども用いて解説されており勉強になりました。

    最後の第5章での提言は解雇自由化や道州制や教育バウチャー制度など実現するには困難なものも含まれていますが、戦後約70年を経過した日本で著者の提言されていることは希望ある未来に向けてのひとつの考えだと本書を読んで感じました。

  • 難しいけどわかりやすーい

  • 年金ってどうなるんだろ、、。

  • 第一章
    法学徒として裁判所批判的な内容が多く興味深かった。整理解雇の4要件が判例であり、正社員を守ると同時に非正規社員を切ることをある意味推進しているとの見方。また村上ファンドの利益市場主義を否定した東京地裁は日本で資本主義が通用しないといっているようなもの。インサイダーに関して法的な取り組みの余地があるのかも。
    第二章
    政治学で学んだ市場の失敗が出てきて学問がつながったことに喜びを感じた。あとばぶるって要するにgreater fool theoryとのこと。
    特に関心を持てたのは日本の教育に関する記述。教育バウチャーを導入するべきとのこと。そして大学の民営化。私も日本の教育について思うところがあるので、参考になった。

  • 時事ネタを理解するためのベースとして、経済学を理解するためにはちょうどよい本。そうした解説と合わせて「成功した人に報いる税制」と「徹底した規制緩和」が日本の経済成長に繋がると一貫して主張している。

    すんなり腹落ちしない内容はあるものの、総じて賛成。ただ、上記が成長に繋がることは頭では理解していても、バブル崩壊後に先送りの政策しか実施できていないのが現実。政治家や官僚が理解していない訳ではなく、分かっていてもやらないという状況と思われ、それをどう実現するかが肝のはずで、その点ではやっぱり評論家。

    以下、備忘録として残して置きたいポイント。

    ①経済学は国民を豊かにするための最適な資源配分を考える学問。

    ②失業は社会が豊かになるために必要なプロセス。技術革新→生産性向上→余剰人員発生⇒他の産業にて就業→GDPアップ(⇒の部分が必ず繋がる?長期的かつ個人にフォーカスしなければマクロ的にはそうかも…)。

    ③GDP=民間投資+民間投資+政府支出+輸出-輸入

    ④実質GDP=名目GDP÷GDPデフレーター(ある時点を基準とした物価指数)

    ⑤信用創造:銀行の貸出によって民間企業や個人が自由に使えるお金が増殖(銀行が企業や個人に貸出→回り回ってどこかの銀行に預金として預けられる→その銀行が改めて貸出…(数式省略))
    ただし現金性向が高い(金利)が低いと信用乗数が低くてあまり効果なし。

    と書いてきたが、細かな理論は割愛。経済学部出身としてはちゃんと理解していないとね。内容とその通りに行かない背景をセットで。

  • 「グローバル化」などと言われて分かっているようで分かっていなかった自分のような人間には大変学ぶことが多かった。現代の日本を取り巻く諸問題(景気・雇用・税金など)について、分かりやすく解説してくれた。

    グローバル資本主義の本質は、国境を越えた自由競争にある。その競争の中から日本だけが部外者でいることは不可能である。その競争で生き残るためには、様々な規制や政府による不要な制限、既得権益を守るような法律をなくし、市場のメカニズムが機能するような方向に誘導してあげることである。

    市場のメカニズムは決して万能ではないが、市場が健全に機能することで多くの場合企業を、国民を、そして貿易を行う関係国も含めて豊かにすることにつながるのである。

    現在の日本ではそれが正常に機能しているとは言いがたい。例えば、会社における正社員の解雇規制である。正社員の解雇規制が厳しいせいで、企業は仕事のできない社員や働かない老人社員のクビをきることができない。そのせいで、若い人材を雇うことができず人材の流動性がなくなっている。技術革新や先進的な投資もできなくなっている。公務員も正社員も保護のされすぎで、競争原理が働かなくなっているのが問題である。

    失業は経済発展の中で起こる自然発生的なプロセスであり、不必要に保護するものではない。失業や倒産は社会を効率的にしていく原動力となる。しかし、政治による保護や規制が入ることで腐敗していくのである。

    GDP(=経済的豊かさの指標(所得・付加価値・購入と同等))を成長に向かわせるには、政府による財政出動ではダメである。政府による公共事業は税金を投入して行うわけであり、その財源は国債により賄われる。
    つまり、公共事業は将来の税金を先取りしているに過ぎないとも言える。最終的には増税で跳ね返ってくるのだ。まさに目先の対策である。

    農業、教育、医療にしても様々な保護や規制があるせいで、市場のメカニズムが機能せず消費者が不利益を被っている。これらの分野の規制を緩和し企業が参入できるようにするだけでイノベーションが起こり、生産性が向上していくことだろう。

    経済学には比較優位の原理があり、それぞれの国がそれぞれの状況に適した生産活動を行うことで、世界全体で効率的な生産が可能になる。それを自由貿易によりやりとりすることでwin-winの関係を築くことができるのである。日本のような国で農業や単純労働をやるよりも、教育・医療サービスや、高度な知識と専門性を要求される産業に特化した方が良いのである。

    大体、このようなことを学んだ。思えば、ホリエモン事件などは、旧体制の既得権益を持った人たちが、新規参入を認めないという日本社会の構図そのものだったように思う。不要な規制や保護によって、日本社会は非効率で元気の無い社会になってしまったということだろう。

  • 一番心に残ったのは、「日本は年間3万人以上自殺する立派な自殺大国ですが、会社が社員をクビにできない日本にこんなに自殺者が多いのに、簡単にクビにできるアメリカで自殺者が少ないことをよく考えてみるべきでしょう。」
    という箇所。パワハラ、モラハラなんかも、アメリカでも十分多そうなのに、日本ほど社会現象のように聞かないのは同じ要因のように思う。

  • 教科書チックな本ではない(例えば用語が太字になっているなど)が経済の入門書としてはかなりの良本であると思えた.
    各種経済指標の間に成り立つロジックや原理などについて分かりやすく解説してある.たまに数式の変形等も出てくるが読み飛ばしても特に問題ないだろう.特にリーマンショックや日本が長年陥っているデフレなどをはじめ具体的な過去の事例に触れつつ,発端となった経済政策や影響の波及について解説している部分は分かりやすく読んでいておもしろい.また最後の章では日本が行うべき経済政策について筆者の意見を述べている.
    これ一冊読むだけで新聞やニュースの内容がチンプンカンプンという人もとっかかりがつかめそう.

  • ここに書かれている政策を実行してほしい。

    フラットタックスは賛成です。

    40歳以上の人はぼろ負け(払っている分よりもらう額が少ない)が確定している年金制度は解散して、自分の分は自分で貯蓄するような制度に設計し直してほしい。(シンガポールがそういう制度)

    がんばっている人に報いる税制を。

  • 分かりやすかったー

  • 金融工学が専門らしいブロガーが一般向けに書いた、経済学初歩解説+政策提言の(よくあるタイプの)本。
     市場原理をなるべく優先するサイド立場からの視点で、面白いところもある。が、経済学素人向けなら自説の主張が強引でも構わないと著者は思ってるのかもしれない。

    (感想)
    ・既存の大学教科書にある内容を、読者に分かりやすく噛み砕いているので、その部分は多くの人にとって有用のはず。
    ・反教科書と言いつつ教科書によっている部分も多いのは、ごく普通のことなので問題ないと思います。「反社会学」だってそうだし。
    ・プロフに外資系企業勤務ってあるけど、「外国の会社の日本支社に勤務している」ってことですよね? 投資銀行勤務じゃだめなのかな。これはすごい脱線だけど。
    ・本書90頁の文章。
    《何といっても無限等比級数が出てくるあたりが何となく高級そうな理論に見えて、そのあたりが彼ら法学部卒業生を駆り立てるのでしょう。そんな東大法学部出身の彼らは、不景気になると得意げな顔をしてケインズの乗数理論を使って、瀬戸内海に何本も橋をかけたりしました。》
     こう言って(駆り立てたものが何かわからんのは置いといて)官僚を小ばかにしたつもりなんだろうけど、よりによって級数って。もうちょいひねってくれないとつまらない。
    ・そういえば、ある学者の対談本によれば、1990年代の消費税引き上げ時に、ケインズ理論は死んだといって某有名経済学者に説法した大蔵官僚もいたらしいとか(うろ覚え)。

  • 経済のグローバリゼーションとはどうゆうこと?に対して回答をくれる本です。

    また、マクロ経済の仕組みを理解することもできます。

  • 筆者の本をいくつか読んだが、この本が1番面白い。

  • 経済学がもっと勉強したくなる。さらっと読むんじゃなくて、しっかりと理解して読みたい本。

  • 書いていることは間違いない。ただ、過去の著作同様に文章がひたすら読みにくい。

  • これは良書。有名な人だけあってすごくおもしろかった。はじめは退屈だったが中盤以降、特に自らの改善案を出している最終章がおもしろかった。メッセージは一貫していて、資本主義にゆだねることこそトータルでハッピーということ。途中の数式は面倒ならある程度とばして良し。小暮さんの一番わかりやすい経済書読んでからなら経済的な用語はなおさら理解しやすい。、が読まなくても大体はわかる。

  • 「外資系金融の終わり」に続いてすぐに読んだ。グローバリゼーションというものを正しく理解できた気がする。
    「外資系金融の終わり」同様に、非常にわかりやすく理解できるので誰にでもオススメできる良書と思った。

    誰が本当に正しいことを言っているのかわかりにくい世の中だけど、藤沢さんは正しいことを言っていると信じられる気がしました。メルマガやブログもみてみようかな。

  • 堀江貴文『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った』に載っていて読みたいと思った本。

  • 人気ブログ「金融日記」の著者が経済学を分かりやすく説明した書。注目は第5章の政策提言。市場原理を重んじる著者の主張は非常に興味深い。特に大前研一氏らも主張しているフラット税制は一見暴論のようにも見受けられるが、崩壊寸前の日本の財政を健全化するためにはこれくらいのことはしなくてはならないのではとも思ってしまう。特に若い世代にオススメ。

  • 賢く生きていくためには必読の書だと思う。

全145件中 1 - 25件を表示

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありませんに関連する談話室の質問

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありませんを本棚に登録しているひと

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありませんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありませんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありませんを本棚に「積読」で登録しているひと

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありませんはこんな本です

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありませんのKindle版

ツイートする