伝え方が9割

  • 6652人登録
  • 3.61評価
    • (347)
    • (809)
    • (710)
    • (159)
    • (39)
  • 794レビュー
著者 : 佐々木圭一
  • ダイヤモンド社 (2013年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017210

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
三浦 しをん
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

伝え方が9割の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読書会で教えていただいた一冊。

     “どのコトバが相手の心に響くかという1点に絞って話をすすめます”

    題名通りに、人に何かを伝えるためのエッセンスがつまっています。
    著者がコピーライターの方だけに、非常にスルッと入ってきました。

     “人を動かすのは、ルールではない。感動だ”

    テクニカルですが読み易く、いろいろと試してみようかなと思いました。
    さすが“言葉”を大切にされる方なだけはあるなぁ、と。

    相手に聴いてもらい、興味を持ってもらうには、
    ちゃんと“伝える”ように話さないとと、今更ながらに。

  • メッセージの伝え方には技術がある。
    伝え方で「イエス」に変えることができる。
    人を動かすのは、ルールではない、感動だ。

  • 気軽なハウツー本かと図書館で何気なく借りたのですが、予想以上に面白かったです。中身を詰めれば数ページで済んでしまうような内容ではあるのですが、わかりやすく絵を使ったりして読みやすいレイアウトになってます。

    強い言葉の例として、アメリカのコメディアン、ジョージカーリンさんが奥様が亡くなった際に送った言葉がすごかった。

    http://woman.excite.co.jp/News/column/20130918/Pouch_135567.html?_p=1

    この言葉読めただけでも価値ある1冊でした。

  • 自分が大勢の前で自己紹介したときのことを思い出したら、この本に書いてあるほとんどのことは実践していた。つまり私には理論は必要なく、自分のセンスで既にうまく伝えるスキルを得ている。その本がベストセラーになり評価されるほど、世間一般の方々は伝え方に悩んでいるのだろうか。だとしたら、それこそが私のアドバンテージであり、コアバリューのひとつであり、強化し伸ばし生かしていく点なのかもしれない。

  • 【内容】
    他者に動いてもらうための言い回しや、それを思いつくための思考について

    【面白かった点】
    断られることが予測される場合の、断る理由を消す思考方法

    【使ってみたい点】
    面白かった点に同じ

    【備考】
    伝え方の上手さに焦点が絞られており、下手を改善する内容としては薄かった

  • さくっと読めて、1時間ほどで読み終わりました。

    お願いは相手ありきのもの。
    自分の要望をストレートに通そうとするのでなく、相手の頭の中を想像して少し捻りを効かせることが大切なんだと思いました。

  • おっしゃるとおり・・・ですが、
    それが難しいから困っているんですよ。

    といった本でした。

    別に目新しいことは書いてなかったですが、
    大事だなと思うことが、1つ1つ書いてあった。

    人間が動くのは、心が動いた時。
    まさに、そのとおり。

  • ブログの書き方と同じね

  • 期待ほどでなし。

  • あぁそうだね、ってのがすこし。なるほど!が半分。それは知らなかった…!が残り。読む価値はまぁまぁある、かな。。

全794件中 1 - 10件を表示

伝え方が9割に関連する談話室の質問

伝え方が9割に関連するまとめ

伝え方が9割を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

伝え方が9割を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

伝え方が9割の作品紹介

なぜ、伝え方で結果が変わるのか?この本で学べば、あなたのコトバが一瞬で強くなり、人生が変わります。

ツイートする