「経験学習」入門

  • 434人登録
  • 4.15評価
    • (38)
    • (38)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 45レビュー
著者 : 松尾睦
  • ダイヤモンド社 (2011年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017296

「経験学習」入門の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 成長する人と、そうでない人は何が違うのか?
    成長するためのカギは「経験から学ぶ力」

    <70:20:10の法則>
    学びの
    70%は自分の仕事経験から
    20%は他社の観察やアドバイスから
    10%は読書や研修などから
    得ている。

    経験から学ぶための3つの力
    1.ストレッチ:挑戦的で新規性のある課題に取り組み姿勢
    2.リフレクション:行為中、そして行為後の振り返り
    3.エンジョイメント:仕事にやりがいや意義を見つける姿勢

    経験から学ぶための2つの原動力
    1.思い:自分のことを大切にすると同時に、他者のことを大切にしながら仕事をしたいという思い
    2.つながり:自分の成長を後押ししてくれる、他者との良い関係

  • あべくんのおすすめ

  • 自己啓発+コーチングの基本としての位置づけ。ストレッチ、リフレクション、エンジョイメント、この3つが重要という。

  • ストレッチ、リフレクション、エンジョイメント
    様々なことに積極的に挑戦し、挑戦の最中や終わった後に自省しよりよくしていく、作業の意味やそれによって他者に貢献できることなどを意識してモチベーションを高く持つ

  • ヒアリングで集めたコメントがとてもよい

  • 会社で勧められたので次に読む本候補

  • 経験から学び、成長する人財は、ストレッチ、リフレクション、エンジョイメント、そして、つながりと思い。
    どうやってOJTを浸透させればいいのか、そもそもOJTってどうやるの?の解があった気がします。

  • 読書メモ
    ラグビー平尾さんの教え:
    ・教えることを1つか2つに絞り、できるだけ簡略化して伝える
    ・頑張ったらできることしか言わない
    ・それが出来たら状況が激変したことを必ず本人が実感できる

    聞き切る
    ミーティングではとにかく相手の話を聞く。Listen, Listen, Listen。できるだけメモする。しっかり聞いて「聞き切った」と思えたときにちょっとだけアドバイスする。聞き切らないうちにアドバイスすると心に入りません。なぜなぜと責める質問ばかりしていては相手を復路小路に追い詰めてしまう。ただ間違っているな、ずれているなと感じたら「どうしたらよいと思う?」と聞くようにしています。料理で最後のひとつまみで味付けするだけで料理が変わるように、ちょっとだけサジェスチョンする。

  • まだ定式化されていない職場内での成長やOJTの方法などが、実証的に書かれています。
    インタビューなどからのデータにより、経験学習の理論や方法を組み立ているため、説得力が違います。
    経験から学ぶ力の三要素「ストレッチ、リフレクション、エンジョイメント」と、これらを高める「思い、つながり」の図式化は、非常に分かりやすいです。
    巻末のチェックシートはすぐにでも役立ちます。

  • 仕事の経験からなんとなく感じていたことが、こうして他の人の言葉で語られることによって理解が深まった。

全45件中 1 - 10件を表示

松尾睦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
ジェームス W....
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「経験学習」入門を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする