なぜあの人はすぐやるのか

  • 105人登録
  • 3.38評価
    • (3)
    • (11)
    • (13)
    • (5)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 中谷彰宏
  • ダイヤモンド社 (2011年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017456

なぜあの人はすぐやるのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • できる人は、行動力がある。
    何でもあとまわしにしないで
    とりあえずすぐできる体制をつくる。

  • その40 話しながら、考える。
    「ちょうどよかった」を口癖にする。「なにぃ」と言うと、脳にブロックがかかる。「ちょうどよかった」と言うと、次のアイデアのところに行けるのです。

  • 「未来を遅らせることはしないこと」、「勉強は未来を買うこと」

  • 読みやすいから、一息で読み終えた。

    まとめると…『すぐやれ、朝やれ、いつもやれ。』ということ。

    すぐやるべきな理由は、何にでも対応できるよう、いつでも準備OKの状態にしておくことが大事だから。
    他にも、仕事が早い人と働いて、自分の無駄を顧みることが大事、というのに納得。
    無駄な努力をしがちだから、気を付けよう。

    早起きと運動(体力づくり)ができる人は強い

  • 面白かった。
    手法もさることながら、テンションが上がった。
    思ったらすぐ連絡取ったり、完璧を目指さず途中経過を報告するだけで相手は安心するもんね。

  • 本当に細かい所まで!って思いますが、実際はその細かさが勝負の分かれ目であったりするのかと思いました。
    すぐやる。わかってるけどなかなかできないことかもしれませんが、習慣化すれば、当たり前のようにできるんじゃないかなと思いました。
    まずは、意識してやろう!

  • 内容的には面白い。一歩目を踏み出すのに躊躇は要らないということを繰り返しているだけと言えばそうだが、具体的な場面も例示してあってわかりやすい。ただ、分量がちょっと少ないので星三かな。

  • やろうと思っているのにすぐやれない人、一生懸命しているのに、遅いとまわりからしかられているひと、部下のスピードを上げたい上司、のための本。

    Webか何かで、しっかり企画書を書くより、落書きでいいから早く他人と共有できる形にしたほうがキャッチボールの回数が増えて仕事の質があがる、といったコラムを読んで共感できたので読んでみました。

    が、↑の点や、締め切りを自分で作る、条件が整うのを待たない、といった点は参考になったし実践してみようと思うけれど、例えば「最後まで読まずに返信」「相手の質問を最後まで聞かない」とか、(当日祝ってもらうより)1ヶ月前に誕生日を祝ってもらって嬉しいといったエピソードだったりは、それどうなのよーという気がする。

    確か文中にずばり書いてあったけど、早押しクイズでは1位だけが勝ちで2位以下は負けという価値観。とにかくFast is Bestが全面で、それってホント?と思う。まあ、そういう場面もあるだろうけれど、どちらかというともうその価値観って古くないかなあ。

    私もやりたい事はすぐやるんだけど、中々腰があがらなくて最初の1歩が出ない事で勝手に気が重くなってるケースってあるんでそういう時には役立つ点があるんだけどなー。
    真に受けて、どんな場面でもやってると結局回り道になる事も多いと思った本。
    ということで私的には今ひとつでした。

  • 週末の予定も考えて、早め早めにスケジュールを立てる必要があるんだなーっと思った。
    週末の予定というよりも、先の先の先を考えて行動する必要があることを学んだ。

  • すぐやるには、すぐやることだと思う。意識してすぐやることです。そうすると世の中変わります!毎度ながら、走りたくなり本でした!

全14件中 1 - 10件を表示

中谷彰宏の作品

なぜあの人はすぐやるのかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜあの人はすぐやるのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜあの人はすぐやるのかはこんな本です

ツイートする