イノベーション5つの原則

  • 124人登録
  • 3.84評価
    • (5)
    • (12)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 楠木 建 監訳  電通イノベーションプロジェクト 
  • ダイヤモンド社 (2012年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017487

イノベーション5つの原則の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実践から導かれた
    イノベーションの方法論。

    第1部 真の顧客ニーズ
    第2部 価値の創出
    第3部 イノベーションをリードするチャンピオン
    第4部 イノベーション・チームの構築
    第5部 組織の方向付け

  • イノベーション評価体系化の確立。
    前半の骨子で十分か。

  • カテゴリーや商品に限らず、イノベーションを起こすための基本原則がまとめられている。そのため、内容は非常にシンプルなワードで構成されている。シンプルな原則をいかに自分たちの言葉に翻訳して実行に移すかが重要だと感じた。

  • 世界で最も大きな研究所の一つであるSRIにおいて、イノベーションを生み出す手法を分かりやすく解説したもの。以下の5つの原則を具体的な事例をもとに、詳細かつ実践的に解説している。
    ①顧客と市場にとって重要なニーズに取り組むこと。
    ②有用なツールを活用し、顧客価値を迅速に生み出すこと。
    ③イノベーションを率いる「チャンピオン」となって、価値創出プロセスを推進すること。
    ④多様な分野の専門家を集めた混成チームによって、天才に負けない集合知を実現すること。
    ⑤チームの方向性を定め、価値の高いイノベーションを体系的に生み出すこと。
    特に、④の集合知を実現するということは、実際の業務を行っている際にも、その大切さを痛感する。
    自分ひとりで必死になってアイデアを生み出すよりも、多くの人の知識・経験を踏まえた協力を得てアイデアを生み出す方が、はるかに短時間で価値の高いものが得られる。
    その際に必要なのは、多くの人が能動的にアイデアを出しあうチームになっているかである。お互いがチームとしてのメンバー意識を持ち、会議の場で積極的かつ建設的に意見を出していくことが必要である。
    その点においても、チームビルディングの具体的な方法なども本書には記載されており、参考になる。

  • 実際本文を読んでいるのは原書のほう。
    ただ訳書の監修者前書きが素晴らしいとのことだったので、そちらだけ読んでみた。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
クリス・アンダー...
エリック・リース
リチャード・P・...
デール カーネギ...
ビジャイ・ゴビン...
有効な右矢印 無効な右矢印

イノベーション5つの原則を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イノベーション5つの原則の作品紹介

世界最高峰の研究開発機関SRIインターナショナルの実践知!コンピュータのマウスやインターネットのURL、ロボット手術システム「ダ・ヴィンチ」などを生みだしたSRIは、なぜ立て続けにイノベーションを起こせるのか?試行錯誤を経るなかで体得されたイノベーション実現のプロセスを、「5つの原則」として解き明かす。

ツイートする