デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?

  • 37人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
  • 3レビュー
  • ダイヤモンド社 (2012年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017609

デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • チェックポイントが具体的でわかりやすい。参考にしよう。

  • デキるデキないの境界は見えにくい部分にある。
    "デキそう"と"デキる"の違いを例を挙げて紹介。
    そして"デキる"社員の見分け方も紹介。

    言ってることはわかる気がするが・・・
    "仕事のデキや質へのこだわり"を説きながら、
    本自体に誤字脱字が複数箇所あったりと、
    説得力に欠ける、若干残念な感じは否めない。。。

    以下ザックリメモ。

    ◆デキる社員が持つ4つの力
    ・概念化能力
     - 思考する力
    ・成果管理能力
     - 組織のために動ける力
    ・内部強化能力
     - モチベーションを高める力
    ・外部受容能力
     - 多くの情報を集める力
     
    自己評価としては「外部受容能力」が弱い。
    特に、相手の話からキーワードを拾いつつ、
    次に自分が言うことを考えながら話を聞く、
    という"ダメ"な例が、ズバリ私でグサリ・・・

    ◆隠れたデキる社員を見つけるポイント
    ・質問への反応時間が内容によって異なる
    ・常に根拠を提示できる
    ・抽象的な質問に自分の考えを論理的に話す
    ・常に収益性確保のストーリーがある
    ・発言内容がわかり易い
    ・未経験の仕事を受けるとき葛藤や躊躇がある
    ・常に自然体(媚びない)
    ・怒りどころを知っている
    ・人の発言内容を拾って使う
    ・先回りをして気を利かせる
    ・褒めても喜ばない(有頂天にならない)
    ・発言時、襟を正して話し始める
    ・「一人ぼっち」になる瞬間がある

  • できる社員とは?

    →できる社員の共通スキルは、概念化能力、成果管理能力、内部強化能力、外部受容能力

全3件中 1 - 3件を表示

奥山典昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ハロルド・ジェニ...
リチャード・P・...
トルステン・ハー...
エリヤフ・ゴール...
落合博満
伊賀 泰代
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?を本棚に「積読」で登録しているひと

デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?はこんな本です

デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?のKindle版

ツイートする