次なる経済大国

  • 119人登録
  • 3.46評価
    • (4)
    • (11)
    • (17)
    • (3)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : 北川 知子 
  • ダイヤモンド社 (2012年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017623

次なる経済大国の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • BRICS 、更にはそれに続くネクストイレブン
    これからの成長国について書かれています。
    経済の未来に悲観する必要なく、輝かしい今後がこの本の中では想像できます。
    そして何処に大きなビジネスチャンス、投資チャンスがあるか理解できます。
    改めて、今自分が行っている様々な投資に対して確証を持てました。
    是非皆さんにも読んでほしい1冊です

  • 世界経済を繁栄させるのはBRICsだけではない/
    The Growth Map:
    Economic opportunity in the BRICs and beyond ―
    http://www.diamond.co.jp/book/9784478017623.html

  • 成長著しいBRICs。
    国の選定から、その言葉を作った著者が、
    今後の経済大国候補について、また、そことのつきあい方について論じる。

    実数値を入れてもらえると、より理解できたと思うが、
    GES(成長環境スコア)をベースとして、各国を分析している内容は、
    わかりやすく、興味をそそる内容であり、
    改めて、成長が見込まれる国を自国・自社の成長に取り込む必要性を感じる。

    BRICs等成長国市場とつきあうのに必要感じた必要な素養は、下記の2点。
    ・英語力
    ・証拠に注意を払い、感情に左右されないこと
    自分はもちろんのこと、日本もこの辺りは欠如しているであろう。

    自身の先見性を褒めるようなやや著者の自慢が入っている感は否めないが、
    ボーダレスがますます進展すると予測される今、
    注意を払っておくべき国がどこであるのかよく分かる本。

  • インドはBRICsの中でも謎。
    中国の問題は果てしなく大きい。
    アフリカは成長が期待されている。

  • Bricsを中心とする新興国の解説本。

  • BRICsと韓国、インドネシア、メキシコ、トルコは新興国市場ではなく成長国市場だ、と説かれる。
    つまり次なる経済大国は、韓国、インドネシア、メキシコ、トルコだと言えるのだろう。

    日本への示唆も多い。
    「中国を受け入れる」「英語力」「開放性」がそのキーワード。
    ドイツはそれで成功したのだ、と。

  • BRICsの枠組みを作った著者にやるその動向を追った本。もはや『新興国』ではなく『成長国』として表現し、先進国とBRICsがどう関わっているのかを説明しています。一つ一つの章は難しいが終章でうまくまとめられていて本のコンセプトが伝わってきます。

  • BRICsに偏りすぎ。
    自慢話が多い

  • BRICsという言葉の生みの親・・・
    ご存知ジム・オニールの本・・・
    久々に上司に言われて読んだ本シリーズ・・・

    BRICs・・・
    ブラジル・・・
    ロシア・・・
    インド・・・
    中国・・・
    このオレの予想以上に成長したぜ!
    そして・・・
    NEXT-11から・・・
    メキシコ・・・
    インドネシア・・・
    韓国・・・
    トルコ・・・
    の4カ国を加えた8カ国は・・・
    もはや新興国にあらず・・・
    新興国と呼ぶのは・・・
    もう古いぜ・・・
    これら8カ国は成長国(グロース・マーケッツ)と呼ぶべきだ!
    この8カ国が・・・
    世界経済の成長を引っ張るのだ!
    日米欧だけの時代は終わったのだ!

    と言うわりに・・・
    BRICsがらみの話が多い・・・
    成長国8カ国と言うわりに・・・
    著者が名づけたBRICsが成長しまくったこの10年の・・・
    どうだオレが言ったとおり・・・
    いや、オレが言った以上だったろ?
    という自慢話が大半・・・
    別段衝撃的な内容は無し・・・
    BRICsという概念を世に出した二番煎じ的な・・・
    もっと薄い本でも良かったのでは?

  • 請求記号:333.6/One
    資料ID:50064164
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

全12件中 1 - 10件を表示

ジム・オニールの作品

次なる経済大国を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

次なる経済大国を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

次なる経済大国の作品紹介

日本が低迷を続ける20年間、世界経済の勢力図は一変しつつある。いまや世界は成長の時代。驚愕すべき新たな現実が幕を開けようとしている。日米欧の時代は終わった。「BRICs」の提唱者が描く新たな世界の勢力図。

ツイートする