文明の子

  • 637人登録
  • 3.34評価
    • (31)
    • (56)
    • (88)
    • (31)
    • (7)
  • 94レビュー
著者 : 太田光
  • ダイヤモンド社 (2012年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017715

文明の子の感想・レビュー・書評

  • 爆笑問題・太田光の渾身の一作.前作「マボロシの鳥」を読んでいなかったので作風にとてもわくわくしながら読んだ.全体の印象としてはお笑いで見せる太田光の顔とはまた違うシリアス,コミカル,創造性が惜しみなく発揮されていた.星新一のようなSFさが本作では表れているように感じたがおそらく星新一に影響を受けたからであろう.爆笑問題・太田光の違う一面を垣間見るために読むのもいいし,SFを読みたいために読むのもいい一冊であった.次回作も期待が高まる.

  •  温かい雰囲気のファンタジーで、それでいて皮肉も含められている。著者のイメージとは違い、無駄なことなくシンプルに描きたい事を書いてある小説。発達した科学の中で人間倫理が追いつかなくなった世界、ロボットの分析能力と想像力の違い等、答えの出せない倫理とSFや、ふわふわしたファンタジーも繋がって、温かな独特の世界観がある。
     設定が本業小説家には及ばないと感じてしまうけれど、その設定からの深堀りの仕方が独特で読者へ語りかける内容になっている。
     科学ではなく精神世界も含めた「文明」というタイトルなのが良い。

  • 「マボロシの鳥」を酷評したら太田光のファンの人から「文明の子を読んでみて」と勧められた、という経緯。図書館では結構人気で、予約が廻ってくるのを長く待った。(正しくは予約したことも忘れていたので待っていない)
    読み始めてすぐ、「なるほどうまくなっている」と思った。前作は小説とはいえないレベルだったが、本作には言葉がある。時折新鮮なイメージが繰り広げられ、引き込まれた。「空を飛ぶ」ことのイメージが、子供のころ、夢の中の憧れを文章化されたようで印象的だった。変わらずSFファンタジーのような作風だが、「3.11後の文明」というテーマに取組んでおり、太田氏の物書きとしての狙いは高いところにあるとみえる。
    とはいえ、言葉の使い方なり話の運びなりは稚拙。依然、職業作家のレベルではない。これを太田光という名前なしで読む人はいないだろう。彼は書き続けるかもしれない、それが芸人本でない物書きになるのか、少なくとも時間はかかりそうだ。

  • 爆笑問題・太田光の小説2冊目。いくつもの世界が複雑に絡まり合うパラレルワールド。星新一の様なブラックさと、カート・ヴォネガットの様な不可思議感を出したかったんだろうなという感じ。作者の繊細な人柄と、子どもっぽい面が同居してる感じ。前作に引き続き好き嫌いはわかれるだろうけど前作よりは良いのではないだろうか。2012/623

  • 短編集
    西加奈子さんのブログに載っていたので読みました。
    童話のような文章、あまり好みなものではありません。

  • 1作目より風刺が強めかな。
    でも相変わらず、まっすぐで温かい作品たち。

  • 地球、そして地球とは別の進化を成し遂げた星の過去と未来に秘められた謎。新たな文明に踏み出すために動き始めた子供たち。パラレルワールドが絡み合い紡ぎ出す壮大な物語。

  • そういう感じでつながってくのね。
    ああ、そういう終わりかたねって感じです。

    わざと簡単に書いているのだろうけど、噛み砕きまくった村上龍ってかんじでした。
    特にちょっとした科学的な側面を書く部分とかあんまりでした。

  • 文章は下手だがパターンを踏襲しようという意識は分かる。決して悪い意味ではなく…

  • 人間に対して優しい人だなあ。

  • 中学生ぐらいから読める本。
    ファンタジックなんだけど、今の世界を皮肉っている。

  • もう一度少し経ってから読んでみたい。

  • 不思議短編集だったけど、最後まで読むと壮大な物語になったような気がして、読んで良かったと思った。
    太田光さんがどんな作品を書くのか興味深かったけど、ものすごく独特の世界感だったなぁ…

  • 2013/05/27
    移動中

  • 爆笑問題・太田光氏の上梓する書き下ろし小説の第2弾。すべて短編小説で構成されてはいるのですがその一つ一つ中に物語上の「つながり」があると気づいたのは半分ほど読み終えてからでした。読むかどうかは…。

    爆笑問題・大田光氏による小説の第2弾です。最初にこれを読み始めたときは中身のすべてが短編小説なので、それぞれが独立した話なのかな、と思っていたら、一つ一つの話に何らかの『つながり』があるということを読んでいる途中で気づきました。

    二人の子供が出てくる話や、ジョン・レノン殺害の瞬間などさまざまなシーンが出てくるのですが、個人的に印象に残ったお話は『首相はつらいよシリーズ』の中で少子化対策のために日本政府があまりに大胆な政策をおこなってしまう近未来の姿が描かれます。

    その政策の是非を問うために首相とある国会議員との答弁の描写、あれが時々『時事』的なものを取り入れつつも、巧みな答弁の展開は面白かったです。そしてその政策に実は…。というどんでん返し、僕はここすべての作品世界は何らかの形でつながっているんだ、と気づきました。

    地球、そして地球とは別の進化を成し遂げた星の過去と未来に秘められた謎。これについては最初と最後に出てくる「イシ」というキーワードが重要な意味を持っておりまして、詳しくは読んでいただければと思うのですが、正直な話、この本は爆笑問題、および太田光氏の熱心なファンのためにあるもの、そういう位置づけであると、個人的には踏んでおります。

  • ■書名  文明の子
    太田光 / ダイヤモンド社 / 本 / 2012年01月20日 / Amazonで見る ¥ 1,680


    ■全体的な感想
    前評判が高かった本。
    爆笑問題の太田さんの小説第2弾。

    短編集がいろいろと複雑に融合するという高度な手法が使われている。
    大昔、星新一の本でこんな本を読んだ気がする。

    テレビの太田さんとは全く違って、ロマンチックな内容。
    ビートたけしさんに近い感性かも。

    内容については、凄く面白かったという訳ではないが、新たな才能を発見したという感じです。

    星新一ファンの方は読んでみたらおもしろいかも知れません。

  • 幻想的な感じがステキ。
    話がつながっているのだなと。

    『マボロシの鳥』ともつながってるのかもしれない?

  • 何も知らずに読み始めました。
    壮大な書き出しの割に呆気なく終わるところもあるけれど、スキです。
    いろんなところで繋がってきて面白いです。

    小川一水を思わせる部分もあって。でも、そこまで深堀ってないので、むしろぱーっと読めます。

    ただ、太田光の作品は初めて読みましたが意外。。。もっと、世の中を皮肉って書くのかと。いや、皮肉ってるんですが、なんか夢や希望に溢れてますw

  • 爆笑問題 太田光の小説。

    ファンタジー短編集となっているが、物語がリンクしてあり、その発想は面白いと思った。
    自分が読解力のないせいかもしれないが、あまり深みがなく表層的な印象。ただ、一皮むくと何もない無垢な心を狙って表現しようとしたのであればお見事。

  • 太田光が好きだ。あの神経質そうな笑い方も、わかりやすい露悪さも含めて。

    でも、小説はちょっとなぁ。前作は未読だけど同じようなハートウォームなファンタジとか。
    どうせならとことんシニカルで救いのないイヤミスなんてのを書いてくれないかな。

  • 前作「マボロシの鳥」よりも読みやすくなったという印象。
    引っかかりのある表現も少なく、素直に読めた。
    短編集だが各物語がつながりを持っており、同一の人物が登場するものも。全体が近未来の設定で統一されていることも、読みやすかった原因かもしれない。
    太田さんの描く世界はいつも希望に満ちている。
    「世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい」という森達也さんの言葉を思い出した。

  • またまたミーハー心に火がついて、ファンでもないのに爆笑問題の太田さんの作品、図書館で借りてみました。
    ショートショートの連絡短編集です。短編集なのに分厚い本でした。いろいろ伝えたいことがあったんだろうと思いましたが・・・

    ・・・私には理解できない作品でした。
    読みやすいけどわかりづらい、というか何が言いたいのか全然わからない。

  • 予想に反して、掌編集だった。星新一みたい。
    それぞれは少し乱暴な感じもするが、彼の揺るぎない価値観のようなものが感じられる。

  • 著者:太田光氏は沢山のバライティ番組でご活躍され政治・社会現象から芸能・ゴシップなど幅広く司会やコメンティターとして独自の感性で笑いの共感を提供してくれることで人気がありますね。
    本書もそうした感性で童話・寓話風に22話の短編ファンタジーがおさめられていました。
    それぞれのお話はオムニバスとして少しずつ関連性があり、またアンソロジー風に物事を見る角度を変えたりと面白く編集されていて太田光氏の物書きとしてのチャレンジ精神も感じられました。
    宮沢健二の童話を彷彿とさせてくれる暗喩や祈りも感じられましたが読者(私)が期待する著者のオリジナリティとしてはもっと天才マルチ芸能人の持ち物を読ませてほしかったと感じました。

    読後感=次回作品に期待・・・・・・

    <a href="http://novel.blogmura.com/novel_contemporary/">にほんブログ村 現代小説</a>

  • ■人類の行く末は生か死か?

    地球、そして地球とは別の進化を成し遂げた星の過去と未来に秘められた謎。新たな文明へと踏み出すために動き始めた子供たち。果たして人類の行く末は生か死か? 絡み合うパラレルワールドが紡ぎ出す壮大な物語! 斬新なスタイルで描かれる太田光、渾身の書き下ろし小説。

全94件中 1 - 25件を表示

文明の子を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする