この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講

  • 1050人登録
  • 3.70評価
    • (54)
    • (107)
    • (87)
    • (19)
    • (3)
  • 97レビュー
制作 : 山形 浩生 
  • ダイヤモンド社 (2012年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017838

この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本と違うことを主張する人とは経済の話はできないと思っていいくらい、マクロ経済学って何?というのが超ざっくりだけどとてもわかりやすくまとめてある。
    だからつまり、最近の新聞も、マクロ経済学の概ね世界の学者が同意していることは踏まえてない。
    相変わらずの山形節で、訳者解説の
    「マクロ経済学は、長期的な生活水準の向上をどう実現すべきか、そして短期的な安定をどう実現すべきか、ということを考える学問」
    「経済を見てそれをそのまま説明することはできる(略)サロン談義にふけることはできる。美しいモデルを愛でることもできる。でも、そこで終わってはマクロ経済学の本意ではない。マクロ経済学は純粋学問ではあり得ない。経済がどうあるべきかという規範性がある。」
    というコメントには、開発経済の現場にいる山形さんの思いがこもっている。
    高校時代の自分に読ませたい本。

  • めちゃくちゃおもしろい経済学パート2。
    今度はマクロ経済学です。

    前作に引き続き、時間を忘れて楽しめちゃう。
    そんな本。

    こう読んでいくと、経済学ってめちゃくちゃ奥が深くて面白いんだなぁって改めて感じます。
    どんどん、経済学者の書籍もかじっていこう。
    そう思った本です。

    個人的には、ミクロよりマクロの方がわかりやすい気がします。
    これは本当にオススメ。

  • どうもマクロ経済学というと思想、哲学という印象が抜けないのだけれど、ミクロは最適化する個人の集まり、という動かしがたい基本認識から始まるので大筋の話は変わらないのに対し、マクロは前提条件が人によって違う(国家は成長と安定を促進するのか、それとも小さい国家が望ましいのか)、と説明されている。

    マンガというのも、文字ばかりの本に比べると情報量としては少なくならざるをえないので、やはり内容的にはちょっと薄い。読みやすく、軽快である点は前作同様なので、「ミクロ経済学」のスタイルがフィットするのであれば本書も読んで損はない。

    ■ロバート・マンデル
    通貨の自由な取引、独立した金融政策、固定為替レート
    この三つのうち二つまでしか実現できない。三つともは不可能

  • 数年前から積読されていたことをすっかり忘れていた。つぎはぎで偏執的に学んできた経済学的体系を補完しうると思ったが, 前編のミクロ経済学が単に簡潔的であるのに対して, 本書は, 一応中立を謳っているが, やはり議論の余地が多分にあるようになってしまう。入門にしてはあまりに浅すぎると感じた。マクロ経済学は, 個体の自由意志に関する哲学的問題をも含有するが, 完全に省かれているし, 外部不経済の問題も炭素税が必要だという一点で完結してしまっている。外部コストの内部化は市場の効能を理解している者にとって, 今世紀最大級の課題であるが, 二酸化炭素の温室効果説に限っては, 実際はその不確実性によって議論の余地が残されている。最も憂慮すべきは, 地球惑星環境におけるヒトの活動の拡大によって, 循環系を改変し, 地球が本来持つ自然治癒能力を著しく低下させてしまっていることだ。その典型例は硫黄循環の変容である。最も, その自然治癒能力の問題は生態環境だけではなく, 中央銀行の愚かな介入にも当てはまるのだが。量的緩和政策に関してはECBは比較的上手く遂行した。一般の経済学者は, 日銀の愚行を表面的には愚行としても, 決して本質的な愚行とはしないだろう。なんせ外生的挙動であるインフレを正当化できるのだから。

    また, 炭素税導入に際する, たとえばパリ協定をはじめとする"国際協調"という名目上の取り組みにも様々な非合理性が内包されている。たとえば, 国際的統制は, その諸条件の利害関係の非最適化による自由貿易の障壁となり, 日本などの森林保全率が高く, 比較的省エネルギーである国が, 森林保全率が低く, 多量の温室効果ガスを生成している国に対して, 実質的な強制力を行使できず, 排出権取引において損失を生じやすい。

    これは通貨統合の問題にも共通する。ユーロ通貨を導入してしまったことによって, ユーロ安になったドイツが多額の貿易黒字を生じさせる一方, ユーロ高になってしまったその他EU諸国の競争力を低下させてしまい, 慢性的な貿易赤字を生み, 財政危機にまで発展させてしまった。それをドイツ国民は自国民の優秀さと他国民の怠惰さに起因すると勘違いしているのではないか。英国は賢明であった。仏大統領選においてはマクロンが勝利したものの, その構造的問題は解決されていない。慢性的症状はかならずしも明らかに表出するわけではないのだ。

    個体の自己産出的作動の継続が個体そのものを最適化させていくのだが, 統合による統制は最適化を阻害する。TPPなども同様である。それは自由貿易ではない。炭素税においては, 国際的統制ではなく, 各機構の相互自律的な国境調整によって最適化が促される。この場合, 通貨系統は自由な変動相場制を採用している必要がある。なぜならば, 帰結的には為替レートの変動が最適化における調整作用を促進するからである。

    これら諸問題の構造に関する言及がないのは残念だった。

  • 私はこれまで経済学とは、無縁でした。
    その前提でこれを読んで、
    ・全体としてややインフレを目指すこと
    ・貿易と技術進歩は仲間
    という考えがあることを認識しました。

  • コンパクトにマクロ経済学の概要がまとめられている。

  • マクロ経済の目的は長期の成長と短期の安定。(長期的に生活水準を高めること景気と不景気の波を理解すること。)

    アダムスミスの古典派とケインズ派にわかれる。

    失業は摩擦的失業、構造的失業、循環的失業にわかれる。循環的失業を古典派は説明できない。ケインズ派はこれを粘着賃金で説明する。

    お金は名目貨幣でありそれ自体に価値を内包していない。だから中立的であり、長期的には意味をなさない。しかし短期的には意味を持つ。
    中央銀行は短期的な安定のためにお金の量を調整する。これを公開市場操作とよぶ。


    インフレやデフレが起こる原因は人間の貨幣錯覚にある。実質価値ではなく名目価値にとらわれている。デフレより少しのインフレの方がいい。それはデフレの場合負債について実質負担が増えるからである。また粘着賃金の観点からデフレよりインフレの方が対応しやすいからである。

    中央銀行の金融政策にならび政府の財政政策も短期的な安定に役立つ。財政政策とは国の歳入と支出のバランスを変えることである。不景気なら国の歳入を減らし財政赤字に、好景気なら財政黒字に。政府の関与のバランスが大事。各国の政府の関与具合の指数として、政府支出のGDP比がある。

  • む、むずかしい。
    なんども読まないとわからないな。
    自分の知識不足実感。

  • 図書館で借りた。ミクロより分かりにくい

  • マクロ経済学を全く知らなくてもおもしろく読める本である。

全97件中 1 - 10件を表示

ヨラム・バウマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
國分 功一郎
デール カーネギ...
池井戸 潤
高野 和明
タル・ベン・シャ...
有効な右矢印 無効な右矢印

この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講に関連する談話室の質問

この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講を本棚に「積読」で登録しているひと

この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講の作品紹介

とっつきやすい構成と、過激な合いの手で一部で大好評を博したシリーズ第2弾! 今度のターゲットは、マクロ経済学だ!! 経済危機だけじゃなく、貧困・高齢化・環境破壊・・・なかなかよくならない世界の大問題を考えるための“武器”、それがマクロ経済学! あのマンキューも大絶賛&大爆笑の経済学講座【マクロ編】。

この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講はこんな本です

ツイートする