創業一四〇〇年――世界最古の会社に受け継がれる一六の教え

  • 55人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (4)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 金剛利隆
  • ダイヤモンド社 (2013年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478017913

創業一四〇〇年――世界最古の会社に受け継がれる一六の教えの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • PDF
    創業1400年の心得

  • 老舗企業である関西の金剛組の人の育て方、組織に受け継がれる教え、など伝統的な考えを知ることができました。
    残念ながら、近年は会社倒産の危機を迎え、新生金剛組として、同業会社の支援下にありますが、古くからの宮大工職人の技能伝承に対する考え方を示した前章は、かなり参考になりました。
    その本質は、徒弟制度的なアプローチによる失敗経験と当人の気づきにあります。
    時間軸の制約がありますが、"教えずに自ら失敗を重ねて気づかせる"事の重要性をあらためて理解しました。
    現代社会は、知識集約的な方向へ向かっていますが、まだまだ技能伝承によるモノづくりの確保も必要不可欠だなと感じました。

  • 1400年続く建築会社・金剛組のおはなし。
    著者は金剛組の棟梁を務め、現在は相談役である方。

    寺社建築の老舗である金剛組の歴史、今も受け継がれる「社是」など。
    そして、21世紀に訪れた会社存続の危機について、当時の会長=著者自身が語っている。


    「倒産しかない」という状況で支援を申し出た人々が偉い。

  • 578年飛鳥時代に創業された会社である金剛組。創業1400年の会社です。しかし、順調に発展し続けてきたわけではありませんでした。1400年という長い歴史のなかには、苦難の時代がありました。
    優秀な宮大工を育てながら四天王寺とともに歩んできた金剛組の歴史を読んでみてはいかがでしょうか。

  • 理屈を超えて応援される、
    →こんな人になりたいもの

    300年後に評価される仕事をしている、
    →スケールのデカさを見習いたい。

  • 創業1400年という世界最古の会社,金剛組。本そのものははっきりいって面白くない。ただただ,1400年の歴史に感動を覚える。

  • 578年、聖徳太子の命を受け飛鳥時代に創業。以後、1400年続く、世界で一番古い会社「金剛組」。倒産の危機にも直面した同社がなぜ、長きにわたり生き残ることができたのか? その秘密を、第39世四天王寺正大工職の著者が明かす。

    第1章 1400年の伝統を支える人づくり
    第2章 聖徳太子の命で始まった世界最古の会社
    第3章 いまも受け継がれる「遺言書」16の教え
    第4章 「なにわの女棟梁」が老舗を立て直す
    第5章 義理と人情が救った存続の危機
    第6章 原点回帰で歩み出す次の300年

  • うーん

  • 当たり前のことが書いてあるだけに思うが、参考にはなる。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:520.67//Ko74

全16件中 1 - 10件を表示

創業一四〇〇年――世界最古の会社に受け継がれる一六の教えを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

創業一四〇〇年――世界最古の会社に受け継がれる一六の教えを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

創業一四〇〇年――世界最古の会社に受け継がれる一六の教えを本棚に「積読」で登録しているひと

創業一四〇〇年――世界最古の会社に受け継がれる一六の教えの作品紹介

578年、飛鳥時代に創業。聖徳太子の命で始まった世界で一番古い会社「金剛組」。1400年以上の長きにわたり、なぜ生き残ることができたのか?

創業一四〇〇年――世界最古の会社に受け継がれる一六の教えはこんな本です

ツイートする