世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーション

  • 483人登録
  • 4.13評価
    • (53)
    • (43)
    • (25)
    • (4)
    • (1)
  • 57レビュー
制作 : 三木 俊哉 
  • ダイヤモンド社 (2013年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478020463

世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーションの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カーンアカデミー使ってみてから読めばよかった。とにかく一般論な感じに思え、数多あるオンライン教材とどう違って、なぜカーンアカデミーがすごいのかということがイマイチ伝わってこなかった。

  • いまはやりのMOOCsについての作成者側からの意図をはっきりと記載した本である。卒論には使えないが、MOOCsを使うあるいは作るためには読んでみるといい本である。

  • 小学校から大学まで、受講者が同じ時間に同じ教室に集まり先生の講義を集中を切らさず聴いて同じように理解できたことをテストの特典で示さなければならない教室授業に疑問を投げかける本として興味深いです。分からなかったところがあっても低い成績評価のままとりあえず合格と見なされることがあるため、ひとつつまずくと、勉強ができない層に落ちていってしまう。理解出来るまで繰り返す学習の機会を与えられない教室授業に対し、ネット教材の強みを取り入れた教室授業のあり方など、示唆に富むと思いました。

  • アメリカも最も注目されている教育イノベーションを引き起こしたカーンアカデミー主宰者による著作。教育に関心のある人も起業に関心のある人も楽しめる。特に教育に関心ある人は必読。いわゆる社会起業の成長モデルとしてもとても興味深い。現在の教育の仕組み(同じ年齢の子供を一つの教室に集め、理解の達成・未達成に係らず、スケジュールに従って進行するもの。理解が未達成は子供は落ちこぼれとされ、以降、高等教育の機会が失われる)は、1800年代(!?)にその基盤が出来たものであり、それがいまでも実施されている。これが最適なモデルかどうかわからないのに、当たり前と思っていた自分の考えを反省。また、カーンアカデミーの仕組みがアメリカで生まれ、日本では生まれなかったことも残念だなあ。

  • 内容も翻訳もとてもよかった。
    p16
    数学や科学の理論だけでなく美しさを生徒たちに教えたいと思いました。
    p37
    性格、態度、様式、なにごとにおいても、最高の美徳は飾り気のなさである。
    p38
    「問題と解法が何もないところから現れる」のが見た目に一番良いと思いました。
    p48
    固定すべきは高いレベルの理解度であり、ばらばらでよいのは理解に要する時間だというのです。
    p110
    宿題はもっと多くするんじゃなくて、もっと難しくするべきだ!
    p125
    新しいテクノロジーをいくら迅速に取り入れても、それが表面的なものであるかぎり意味がない。
    p167
    最も良い道具ができあがるのは、道具の作り手と使い手のあいだに、率直で敬意のこもった会話が成り立つときである。
    p178
    教師が指導役というよりもガイド役を担う自主学習のほうが、すべての人に適しているのではないでしょうか。
    p181
    いかにして学ぶかを子供たちに教えることです。子供たちに学びたいと思わせること、好奇心をはぐくみ、素直な驚きを促し、自信を植え付けて、将来、まだ見ぬ数多くの問題に対する答えを探せるようにしてあげることです。
    p204
    いまの夏休みは、時間とお金の壮大なる無駄です。
    p217
    わが子を救うもっとよい方法は、すべての子を救うことです。
    p244
    失敗への恐れに対しては、「だから何?」と言っておきましょう。失敗の過程で学んだことがきっとあるはずです。

  • 素晴らしい。理念、理想がテクノロジーの助けを得て実現していく様

  • テクノロジーを武器に、カーンアカデミーというNPOを主宰し教育を変えていこうと活動しているサルマン・カーン氏が、教育や自身の活動について熱く語る本。

    教育について興味がある僕としては、カーン氏が歴史を交えながら現在の教育の問題点とそれに対してどのような手が打てるかについて記載している前半が非常に読み応えがあった。

    人間が物事を理解し、興味を持つプロセスに対する彼の見解には、とても共感する。下記の記載などは、僕が漠然と思っていてうまく言語ができていなかったことを、スパッと言葉にしてくれている感じがする。

    ・知識を得るためには、既に記憶している知識と有意に「体系的に関連付ける」必要がある。
    ・最も効果的な教え方は、各テーマの流れや関連性、あるいは教科を超えた法則のようなものを強調することだ。

    「僕にできることは何だろう。自分も自分の好きなことで大胆に動き出してみたい。」そうおもわせてくれる素敵な本だった。

  • 【分類】379.7/Kh
    社会科学のコーナーに並んでいます。

  •  The one world schoolhouse: Education Reimaginedの翻訳書です。いとこのための家庭教師から始めて、Khan academyというオンライン上の教育プラットフォームを立ち上げる過程の筆者の取り組みを知り、学びとは何か、テクノロジーが教育をどう変えうるのか、学校教育のシステムはどうあるべきか、考えてみよう。

  • この本は名著と呼ぶにふさわしい。著者はアメリカの人だが、日本語で読んでも違和感がなく、平易で分かりやすい。

    著者のサルマン・カーンはカーン・アカデミーというEラーニングサービスを提供している。サービス自体はそれほど目新しいものではなく、youtubeに算数や数学の授業をアップするというものだ。今なら、色々な人がやっている。

    しかし、本書の主題はサービスの紹介ではない。本書の素晴らしい点は、従来型の学校教育(カリキュラムベースの教育、学年別・クラス別指導)の問題点を分析し、明快にまとめた上で、それに対する解決策を明示している点にある。

    現状の問題点を明らかにした上で、テクノロジーを用いた新しい教育方法によって、どのような指導が可能となるか、それがどのような点で効果的かを示している。それも、憶測ではなく自ら実験を行って効果を実証している。著者はMIT出身とのことだが、本当に細かいところまで分析が及んでおり、一つ一つの手続きが極めて科学的だ。教育について論じた本は世の中に山のようにあるが、説得力がまるで違う。安易な抽象論で終わっていない。

    著者は決して学校が不要だとか、Eラーニングが万能だということは言っていない。テクノロジーの導入によって、こんな教育が可能になるというビジョンを示している。知識もアイデアも豊富だ。彼のアイデアは成人教育にまで踏み込んでいる。

    まだまだ面白い点はあるのだが、是非読んで確かめて欲しい。本当に素晴らしい価値のある本である。

全57件中 1 - 10件を表示

サルマン・カーンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
伊賀 泰代
佐々木 圭一
エリック・リース
エリック・ブリニ...
デール カーネギ...
シーナ・アイエン...
クリス・アンダー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーションに関連する談話室の質問

世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーションを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーションを本棚に「積読」で登録しているひと

世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーションの作品紹介

本書は、カーンアカデミーの驚くべき成長の物語であると同時に、いやそれ以上に、従来の教育システムが抱えていた制約をテクノロジーがどのように解き放つのか、その可能性を探ろうとするものです。

世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーションはこんな本です

世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーションのKindle版

ツイートする