ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

  • 2689人登録
  • 3.67評価
    • (154)
    • (299)
    • (243)
    • (59)
    • (17)
  • 301レビュー
著者 : 赤羽雄二
  • ダイヤモンド社 (2013年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478020999

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニングの感想・レビュー・書評

  • 斜め読みした。前半部分が期待外れだったため、後半ほとんど読んでいないが、タイトルと内容にギャップを感じた。
    私が期待した「ゼロ秒思考」は、自分の考えや感情をコンマゼロ秒で正しく言葉に乗せるようにすることだったが、この本の内容は、普段からよく考えを巡らせることが必要で、そのための「メモの書きの方法」を教えるものだった。

  • 赤羽氏の「ゼロ秒思考」.以前何かで読んだことがあるんだけど,どうしても書籍を手元に置きたくなって購入.
    最近メモすることの凄さに目覚めたので,その整理も兼ねて.
    書き方とかは知ってたけど,タイトル例がたくさん載っているのが良い.ここからピックアップして私も実践してみよう.

  • 単純明快なメモ書きを取れ!というシンプルな著者よ提言。あんまりメモ書きメモ書きいうもんだから、ゼロ秒思考という本の名前の印象が薄れているような。ノートやメモ帳でなく、横のA4というのがミソ。とりあえず実践的ですぐにでもはじめらることで、確かに大きな効果がありそうだ。続けられればの話だが(・・;)

  • 中身自体は薄いがやってみるといいことだと思う。ただすぐ紙なくす自分は、、。

  • 実践方法が具体的に書いてあって良かった。書いた後の管理方法まで書かれているのが非常にいい。著者の言う通り、方法が知りたかったので3章から読見始めたが問題なし。

  • 「頭に思い浮かんだことを、そのまま紙に短時間で書く」ということを続ければ、頭の中がいつの間にかスッキリと整理される・・・という一見眉唾モノの印象を受けましたが、全然ロジカルでした。
    一つの思いつきを、数十個の切り口で考えをまとめるなんて普通の人ではできないです。
    仏教の瞑想を具体的な行動に移している感じです。ハードルが高い(汗)

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:141.5||A
    資料ID:95160310

    深く的確に考えることを極限まで高速に(=ほぼゼロ秒で)できるように自分を鍛えるための、少し意外だが合理的な方法が紹介されています。この本を読むことは、達人から研ぎ澄まされた極意を教わった感覚と同じです。
    (生化学研究室 大塚正人先生推薦)

  • なかなか実践は難しそうだがやつてみようかな。

  • ◾︎考えるためのヒント
    ・頭に浮かぶイメージ、感覚を言葉にする。
    頭の中はもやもやしたことが多い。いろいろな思考が浮かんでは消える。それを吐き出すだけで、次へのステップが開ける。

    ・言葉を自由に的確に使うことを目指す
    丁寧ではあっても過度の遠慮をせずにコミュニケーションする。
    考えて物事を整理し、問題点をうまく解決するために表現を磨く。

    ・言葉の中心的意味と揺らぎを捉える
    例えば、朝が何時から始まるかについては、個人の感覚による差が大きい。
    言葉の感覚が鋭い人は言葉に曖昧さがなく、かつ率直なので好感ももたれやすい。

    ・浅い思考、空回りの思考を避ける
    考えをどんどん深め、選択肢をあげ尽くし、それを評価して優先順位をつけることは鍛えれば鍛えるほど力がつく。

    ・「沈黙思考」も「話すだけ」も思考を深めることは難しい
    堂々巡りになることが多い。
    書き留めることで整理されていく。

    ・時間をかければ考えが深まるとは限らない
    ・できる人は即断即決、究極はゼロ秒思考
    常に必要な情報を収集しており、仮説検証を繰り返している
    人間には元来、素晴らしい判断力、思考力、それに基づく判断力がある。現代社会がその能力を退化させている
    ・仮説を検証するために情報収集をする。

  • 思考力は鍛えられる、言葉の意味を明確かつ考えて発する、考えを書き留める

    メモを活用する

    素早く情報取集し、仮説立ててアクションしていく

    とにかくメモする習慣をつける
    手書きよりはEvernoteではじめてみる

  • アウトプットのやり方として、誰にでもできるシンプルな方法が紹介されている。
    それ自体はすごく参考になったが、本としては冗長な感じがした。

  • 著者が色々試して、万人に一番お勧めの方法を紹介されており、学歴、性別、年齢、人種に関係なく人間の持っている能力を引き出すことが出来るようになるようだ。まずは3週間続けてみたい。
    万人用に、例題のようなものが書かれているが、それならば子育て、教育関係の例も入れて欲しかった。
    実践にあたり、A4用紙を使用したり、その管理が面倒だなとは感じた。急に思い付いた時に、紙を持って歩いていないし、三つ折りをしたにしても、紙だとシワになったり破けないか、などすぐに書ける状態にしておくことが難しい気がする。見られたくないものが紙でA4となるとよほどきちんと管理力がないといけない。

  • アスリートが反射的に身体が動くように、思考も鍛錬でスピードアップ出来るというのは分かるが、途中からマインドフルネスの話とロジカルシンキングの話などか混同してくる。第3章まで読めば十分。

  • これ…マインドマップでよくない?
    人がすすめてたのでオーディオブックで聞いてみたけど、延々なぜメモを書くといいのか、と語ってるだけでしんどかった。
    日記や手帳に書いて時々振り返るといいですよ、というのとあまり変わらない。
    強いて思うには、文章の形で1分で書く、というのは、考えをアウトプットするときの訓練には最適かな。

  • 考える、考えたことをまとめるための訓練方法

    まだあまり実行できてない

  • 日々の生活のなかで、頭の中がもやもやしていてすっきりしないことや、考えがすぐにまとまらないことが多くなんとかならないかなと思っていたけれど、この本で書かれていたことを実践していけば、少しは楽になるのんじゃないかと思った。
    【実践内容】
    ・毎日1回1分間x10でテーマに対して思いつくことをA4にメモをしていく
    ・書いたメモは捨てずにとっておく(←莫大な量になるのでなかなか難しい)。
    ・同じテーマで何回も書いてもいい

  • ・よくわからないから聞くわけだが、相手への好意と尊敬の念を持って質問することだ。 ところが多くの場合、こちらが上から目線になり、「もっとちゃんと説明しろよ。頭悪いな」「おまえ、じつは何もわかっていないな」「もっとしっかり考えてから説明してくれよ」と思いながら質問してしまうことがある。これは絶対にだめ

    ・丁寧な口調でうまくリードして質問を続けていっていただきたい。でないと、「ちょっとうるさいやつ」になってしまう。仕事のできる人とできない人の大きな違いは、適切なスタイルでどこまで質問できるかという点

    ・自分ならどうするのか、考えていない、考えられない上司がほとんどなので、書類や企画案を仕上げるまでに不毛な時間が延々と過ぎていく。何度も何度もつくり直しさせられ、そのたびに嫌味を言われた経験は誰しも持っていることと思う。 何度か直された最終的なものが、自分が提案した最初の案だったということも決して少なくないだろうし、それに対して「やはり俺の案が一番だな」と自慢する馬鹿な上司に嫌気がさしたことも多いのではないだろうか。そういう無駄な時間を膨大に費やした結果、いつしか書類や企画案はできあがる。しかし会議で発表する場になると、ここからがまた一騒動だ

    ・スピードを上げるためには、まずその仕事の全体像を理解する必要がある。全体像とは、最終成果が何で、それを出すためにどういう要素があってどういうステップと段取りを踏んで成果につなげるのか、どこから手をつけると最も効果的なのか、そういったこと全てを言う

    ・現実問題としては、会社勤めをしていると、十中八九、頼りない上司、信用するとやや危ない上司と仕事をすることになるので、こまめに確認する(これは、皆さん自身もそう部下に思われていることが多いので要注意。つまり、「上司が部下に対してどのように指示をして最高の結果を出すようにすべきか」というノウハウが、日本企業にはほとんどない)

    ・仕事は、丁寧にやることそのものが目的ではなく、あくまでも結果を出すことが目的だ。結果を出すために必要な丁寧さを考え、それを十分満たせばいいのであって、決して「丁寧さありき」ではない。時間がいくらでもある場合、人手が余っている場合は、ひたすら丁寧にすることもあるし、それを顧客に評価されることも確かにある。ただ、顧客によっては一刻も早くほしい場合もあるし、顧客の利益に直結しない丁寧さを必ずしも評価してくれないことも多い。そういうある種の過剰な丁寧さにより多くのお金を払ってくれていた時代も以前はあったが、どんどん少なくなっている。だから、やみくもに丁寧にするのではなく、バランスを考え、顧客にとって本当に意味のあるところを集中的に丁寧にすればよいと考えてはどうだろうか

    ・人にはそれぞれの価値観があるが、こと仕事に関しては「意味なく丁寧にやり過ぎない」ことが大切だ。多くの場合、「丁寧さ」が顧客視点ではなく、考えずに作業する結果になっているかもしれないということを常に考えるようにしたい

    ・また、「仕事の成功のイメージ」を実現するために何が必要か、何度もシミュレーションし、段取りを明確にすることも大切だ。 何をいつまでに、どこまでやらなければならないのか、どういう順序でやらなければならないのか、誰に何を頼んでどう動いてもらわなければならないのかを緻密に考え、何度もシミュレーションする。繰り返し考えてみることで、どこがまだひっかかりそうか次々にアイデアが湧いてくる

    ・「仕事を速くするためにそこまでするのか」「そこまでしなくてはいけないのか」と感じるとしたら、「まさにそういうレベルの努力、工夫が大事だ」と言うしかない。そういう工夫を常にし続ける人と、ほとんど何も考えず、言われたまま何となく仕事を続けている人の差はとてつもなく大きい。 また、たとえ... 続きを読む

  • 2016年5月3日読了。決断を迫られたとき「ゼロ秒」で判断するトレーニング本。「A4白紙に4~6行で思いついたことをメモする」だけ。思いつくまま書いていいのか構造化して書くべきなのか迷うが、書き続けてトレーニングしていくうちに自然に書き方が変わっていく、ととらえるべきなのか。読んだだけでは「ほんまかよ」という気もするが、やってみると確かに自分の中のもやもやが吐き出され、課題がはっきりするような気がする・・・これは面白い。捨ててもよいA4の紙に書きなぐるのがミソで、ノートや手帳、レポート用紙でもダメだというのがかえって準備が難しい。しばらくやってみようか。

  • メモの取り方本。
    思考のスピードが遅いのは、同じことを何度も考えているから。書き出すことで、堂々巡りを解消することと、新たな連想や整理への気づきを与えるというような内容。
    A4紙を横にして、テーマと日にちを書いて、後はひたすら書く。MECEを意識しながらというあたりはコンサルっぽい。
    ここ1,2年実践しているが、思考がまとまる点で重宝している技術。

  • いろいろなブログで見るので買って読んでみた。やっていることはかなり単純。思うことを書く。これがやってみると結構、時間制限などもあり難しい。何よりも続けることで思考のスピードが上がるのではないかと感じた。

  • 本当のメモの取り方が学べる
    情報を集め、頭の中を整理し、そこから新たな発想をする、具体的かつシンプルなトレーニング方法になっている。
    すごくわかりやすくて取り組みやすい

  • 思ったこと、頭に浮かんだことをできるだけ思考のフィルターを通さずA4の紙に書き出す。「書く」という行動を通して自分の思考を客観視することができ、これまでモヤモヤと考えていた問題の本質を簡単に見つけ出すことができる。大雑把にいうとこのような思考ハウツー本系である。

    私自身、仕事柄企画書を書いたりアイデアを必要とすることが往々にしてあるのですが、その際ここに書かれていることと似たようなことを実践してアイデアを捻出していますので、とりあえず「考えずに」とにかく「書き出す」ということの重要さは痛い程よくわかります。
    私自身この本は、目からウロコの内容ではありませんでしたが、思考ハウツー本を読んだことがない方はもちろん、近頃アイデア出しに行き詰まっている方には最適な本ではないでしょうか。
    しかし体と同じように頭も毎日体操しないと筋肉がついていきませんなぁ。と思う今日このごろです。

  • 目からウロコの内容だった。
    実際 著者が言うように何度も何度も
    繰り返し試された結果 1番良いやり方なので
    A4の裏紙に1分で書くと言うことに意味がありそう。
    私は最初京大式情報カードにやろうとしたけど
    やはり殴り書きするには勿体無いし
    ファイリングするのに面倒臭い。他の本だと自分用にアレンジしろって書いてあったりするけど
    作者のように断定して試してみろと自信を持って言われると納得感が違う。
    私はバインダーとvコーンも買って、毎日10枚以上書いている。
    それでも この本を繰り返し読んで実践しているつもりでも
    できてない箇所があったりするので
    まだまだ改善の余地がある。

    「迷うこと」と「考えること」が違うこと。
    考えた気になって時間を無駄にしていること。
    頭の中が整理されるとストレスがないこと。

    これらの事が特に気づいた良かった点。

  • 書いて問題を構造化して、一番の問題を明確にするために著者が試行錯誤の上編み出したA4用紙1枚を1分以内に書いて問題を掘り下げる方法を紹介している。
    具体的には、A4用紙を横置きにして、1件1ページ。1ページに4から6行、各行20から30字、1枚1分以内に書く。これを毎日10ページ書く。
    これを繰り返して慣れてくると、1.適切な判断をするために必要な情報を持っているか?2.情報化足りない場合どこからどうやって鍵となる情報をとったらよいかという2点の勘が働くようになるらしい。

    気に入った言葉
    時間をかければ(待ち続ければ)良い考えが生まれるとか、考えが天から降ってくること言う考え方まである。「神の啓示」のような偶然はもちろんあり得るが、神の啓示はものすごく努力をしているいる人が限界まで考え抜いて壁に当たって、ある日突然その壁の向こうに晴天が見えるという事であり、本当に努力している人だけに舞い降りるものであり、普通の努力しかしていない人が言うと単なる言い訳だ。

  • 一人ブレストの効果的方法論。

全301件中 1 - 25件を表示

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニングを本棚に登録しているひと

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニングを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニングを本棚に「積読」で登録しているひと

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニングの作品紹介

A4の紙に1件1ページで書く。ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページを1分以内にさっと書く。毎日10ページ書き、フォルダに投げ込んで瞬時に整理する。それだけで、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、最も基本的な「考える力」を鍛えられる。深く考えることができるだけでなく、「ゼロ秒思考」と言える究極のレベルに近づける。

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニングのKindle版

ツイートする