ブクログ大賞

統計学が最強の学問である

  • 5871人登録
  • 3.48評価
    • (213)
    • (562)
    • (588)
    • (165)
    • (39)
  • 640レビュー
著者 : 西内啓
  • ダイヤモンド社 (2013年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478022214

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
エリック・リース
伊賀 泰代
シーナ・アイエン...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

統計学が最強の学問であるの感想・レビュー・書評

  • 統計学の基礎が学べるかと思い手に取った。概念的な話が多く、実用的な話はなかった。正直退屈だった。

  • 単にデータを述べるだけでなく、その誤差までを考慮する「統計学」の重要性をまじまじと認識させてくれる一冊。統計学に関してのベースが殆んど無い為、後半の理解度は50%以下。統計学の基本書と片手に再読必須。

  • 統計学を勉強したくなる

  • 自分にとっては、疫学や計量経済学、マーケティングなど、様々な分野の統計学に対する考え方・使い方の相違点を記述している終盤の記述が、かなり参考になりました。
    その点だけでなく、フィッシャーをルーツに持つ古典的な統計学だけでなく、事前確率を考慮するベイズ統計など、統計学は学際的な学問なんだなと感じました。
    歴史から、ランダムサンプリング、検定・推定、といった古典的統計学の基礎的な解説もあり、統計学の全体像が把握できるので、初心者にはベターな一冊です。

  • ●本の内容●

    2014年のビジネス書大賞受賞作。

    本書を貫くメッセージとしては、
    統計学を最強の学問たらしめるために、
    統計学の視座と固有の限界を知った上で使いこなしていきなさいよ、
    ということかなと思いました。

    ●感想●

    最初は「統計学は最強」とか思いこむことにこそ、
    統計学の最大の弱点があるんじゃないかなー

    と思いながらも、まぁ読んでみるかと読み始めました。

    最初は偽悪的な書き方がいやで、読むのやめようかと何度も思いましたが、
    100ページあたりから急におもしろくなってきました。

    が、統計学初心者の自分としては、本書の内容だけでは
    「統計学の視座と固有の限界」をうまく理解することができませんでした。

    統計リテラシーを身につけるモチベーションにはなったので、
    もう少し違う本も読んで勉強してみたいと思います。

  • 統計学...大学の時、もしかしたら教養で単位を取ったかも知れないが、いや取ってないか...それすらも覚えてない。ので、最近、書店でよく目に付くビジネス本として、気になってはいたが、どうかなと見送っていた。が、ついにゴールデンウィークの休みにちょうどよい、と思って、衝動的に購入。

    読み始めると、語り口が平易で、さくさく読めて面白い。前半は統計学の初歩から丁寧に入っていく。が、決して堅苦しくなく、ビジネスの現場での統計学の使われ方、あるいは逆に正しく使われていない状況を絡めながら解説が進み、ぐいぐい引き込まれるというか、あんなこんな間違いを確かにしてきたぞ、と無知を恥じる気持ちにさせられる。前半だけで、統計学がいかに重要か、もはや完全に筆者の論にきれいに巻かれて、たたずまいを正して、まじめに教義を聞かんとする生徒になった気分。

    ただ、後半は、統計学そのものの紹介が本格的になって来て、計算式や統計学用語も出てきて、やはり浅学の徒にとってはちょっとつらくなってくるが、それでも、できる限り分かり易く解説しようとする筆者の努力はすばらしく、成功していると思う。

    統計学というものがどういう学問かは少なくとも全般的な知識としては理解することができると思う。統計学の過去からの発展の歴史も丁寧に、エピソードもふんだんに語られ、統計学の実用性、有用性を熱心に解説しつつ、かつ現代の統計学の抱える課題も公平かつ的確に指摘している。

    統計学に対して目が確実に開かれる本。統計学が最強かどうかは言に及ばずとするが、現代においてもっとも重要な学問のひとつであることは間違いないと思う。特に、疫学における重要性は誰にとっても卑近な問題として認識されるべきだろう。その点は、筆者の履歴も興味深い。良本です。

  • 統計学の入門書としては最適な一冊。ただ、本当に入門する気持ちがある人、少しでも統計学や論文等をかじっていて、統計的なものに触れる機会がある人にオススメ。想像より少し踏み込んだ内容も盛り込まれており、軽い気持ちで読むとだいぶ眠たくなる。斯く言う私もこの本に飽きてしまい、読んでる間に2冊ビジネス書に手を出してしまっている。
    あみだくじは決して均等でないという話ならロジスティック解析、パス解析、クラスター分析など、多岐にわたる内容を非常に分かりやすく紹介している。これから本格的に統計学を勉強したい人、すでに少し勉強し始めているが統計学全体の理解が薄いと感じる人にはオススメ。

    以下、読中メモ。
    ------------------------

    統計本
    データをビジネスとして使うには3つの問いに答える必要があり。
    ・何かの要因が変化すれば利益は向上するのか
    ・そうした変化を起こすような行動は実際に可能なのか
    ・変化を起こす行動が可能だとして、その利益はコストを上回るのか

    タバコ
    肺がんの激痛と抗がん剤による副作用に晩年悩まされるリスク、副流煙による家族や知人の健康リスク、喫煙によってかかる医療費や失われる労働力は毎年7兆円以上でタバコの税収や経済効果ではこの半分も補填できない

    回帰分析をすると、親と子の身長は平凡へと回帰する

    営業と成果についてgoogle scholar で検索したら何か出て来そう。
    大抵の試みや考えは既に誰かが統計的に実証を検討している。これは事実だと思う。

  • 統計学に興味はあるけどどこからはじめていいかわからない人向けの解説書。統計学の基本をわかりやすく説明している。最終的に統計は使ってみてトライ&エラーで調べながら学んでいくのが早いが取っ掛かりとして読む読み物としては苦手意識を持たさず、すんなり統計の世界にはいれる大きな通りやすい入り口のように感じた。

  • 2013年刊行。◆要因解析、相関関係の強弱等は、医学・社会学(教育学も含)・経済学・経営や営業戦略など広範なテーマで検討されるべきものであるが、統計学はその分析に有用なツールを提供する。本書は簡明な表現でこの事実を解説。◇成る程「ビッグデータ狂想曲」とは言い得て妙。僅かな誤差解消のための巨費投下は無駄にすぎ、ビッグデータ収集の費用対効果分析を求めるのは理の当然。これが等閑視されている現状を揶揄するかの如き。◇なお、個人的には5章以下で十分だったが、ベイズ統計と演繹重視の計量経済学との相性の良さは注目。

  • 統計学について、数式とかほぼ使わずに概要を説明してて、おもしろかった!!

  • とても読みやすかったから他のシリーズも読んでみたい

  • なかなか刺激的な本。
    途中から半分以上わからん部分もあったけど、仕事にも十分活かせることがわかったし、今後もっと深めたい分野やと思った。

  • なぜ統計学が最強なのか?データの収集・分析が「最速で最善の答えを出す」からだと著者は言います。ITが進化し,統計学がビジネスだけでなく,社会のあらゆる分野で力を発揮する今,あなたもこの「必須スキル」を身につけてみませんか。

  • 統計学者が統計学について案内する本。
    統計学とはなんなのか、どのようなことができるのかといったことから文献の探し方や統計学の手法について詳しく説明されている。
    統計学を勉強しようとする人へのとっかかりにちょうどいい感じ。
    専門用語について分かりにくい部分があった(といっても私自身がゴリゴリの文系だから知識がないだけだと思う)から、別の入門書も読んでみようかな。

  • 比較及びp値(実際には差がないのに誤差や偶然でたまたま差が生じる確率)の算出までを含めた解析ができるようになった後、注意すべきは因果関係の向き。

  • 統計学の紹介から、統計を正しくビジネスに活かすための視点、手法、利用する際の注意点など説明している。

    データをビジネスに活用するための視点
    ・要因が変化すれば利益につながるのか
    ・その変化を起こすことが可能か
    ・変化を起こすコストは利益よりもすくないか

    紹介の部分は、ビジネスマンなので、利益を重視して、統計分析を行うことが主軸として書かれている。

    統計手法の説明については、駆け足で書かれているので、実例を計算しながら学べるテキストがあったほうがわかりやすいと感じた。

    何も知らない人が読むと難しいと感じた。

  • それらしいことをかいてるだけ

    煽動的なタイトルでけっこう話題なようなので読んでみた。しかし,そんなによい本とは思えなかった。
    まず,最初に学問における「最強」とは何かという哲学的な問を自ら提議しているにもかかわらず,その理由は統計的なものではない。
    こんなタイトルにするなら,まず統計学が最強の学問であるということを統計的に示してほしいものだ。

    別に目新しいことはなかった。あったとすれば,紅茶を入れるときは牛乳の中に紅茶を入れたほうが味がよくなるということくらい。
    当たり障りのないことばかりかいてあって,ただ意識を高めるための本と思った。

  • 統計学の有効性を示した内容であみだくじの必勝法にはじまり、コレラの予防に
    役立った等の具体的事例が書かれています。
    データをビジネスに使うためには3つの視点が必要であり、それは、
    ①何かの要因が変化すれば利益は向上するのか?
    ②そうした変化を起こすような行動は実際に可能なのか?
    ③変化を起こす行動が可能だとしてそのコストは利益を上回るのか?
    の3点であるとのことです。
    上記を踏まえた上で「誤差」の取り扱いを適切に行うことによって意味のある統計
    分析が可能となります。
    以下専門用語が出てきて事例とともに解説があります。
    一読しただけでは理解しがたい内容ですが、統計学の概要は把握できたと思います。

  • いわゆる入門書というより、これから入門書でイチから勉強しようかなと思っている人向けの「啓蒙書」という印象。具体的な解説は省きこんなことができるようになってきた(もちろん、不確実性の残る部分はきちんと説明した上で)という事を強調する文章が多かった。

    通読後の感想としては、統計学のような学問が進めば進むほど、枠組み作りや最終的な意思決定のような人間にしかできない部分が強調されていくなという事である。
    「巨人の肩に乗る事」の「巨人」は統計学に限った話ではなく(統計学単品で問題解決ができるわけではなく)、経営にかかわる複合的な知識を身につける必要性を改めて感じた。

  • 統計学は最強の学問である。

    表題通り、筆者が統計学が最強の学問であり、計量経済学はじめマーケティングなどのビジネスシーンや疫学や言語学の解析など、様々な分野に応用されているということが分かった。確かに統計が必ずしも未来を予想することはできないが、回帰係数、誤差、信頼区間という数値を見ることで、大方の、データが多ければかなりの見当がつく。調査に関しても、統計によってどの程度サンプリングすれば良いかがわかればコストをかけずに済む。筆者の自信満々の書き方こそあまり好きではないが、統計の応用やツールが一長一短であることを認めたうえで、どの場面ではどのツールを使えば良いかなど、入門書としては良いと考えた。
    今後、大学でも統計学について勉強する時の羅針盤としたい。

  • どのように実践するかを知りたいので、実践法も勉強していきたい。

全640件中 1 - 25件を表示

統計学が最強の学問であるに関連するまとめ

統計学が最強の学問であるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

統計学が最強の学問であるの作品紹介

あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。

どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたしてどれだけの人が、その本当の魅力とパワフルさを知っているだろうか。本書では、最新の事例と研究結果をもとに、今までにない切り口から統計学の世界を案内する。

統計学が最強の学問であるのKindle版

ツイートする