住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版

  • 52人登録
  • 3.46評価
    • (0)
    • (7)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 深田晶恵
  • ダイヤモンド社 (2012年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478022634

住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ローンをこれから組もうとしている人には、初心者にとっても経験者にとっても、今一度考えることができる一冊。
    初めての人にとっては、とても目からウロコ。ローンのからくり、資金計画、お得な組み方、自分にあったローン。
    また借り換えについてなど。
    これから何十年とつきあう多額な借金だからこそ真剣に考えたい。末尾にはチェックシートもついていて、実際に自分の身の丈にあったお金の使い方も確認できる。


    ・チラシにだまされない
    ・頭金0は×
    ・返済額が手取り年収の25%以内
    ・金利の安い変動金利の仕組みとリスク
    ・35年返済は危険。60までに
    ・金利は10年固定金利
    ・申し込金 帰ってくる。手付金帰ってこない
    ・みずほ銀行 ローンシュミレーション
    ・贈与は注意
    ・フラット35は、借り手を選ばない。団信は任意
    ・金利割引の仕組み
    ・短い期間の元利均等返済

  • 初めて住宅ローンを借りる事を考える人には、参考になる事が多いのではと思う。(私は参考にはなった。)結局、目の前の金利の安さという点でなく、返済までの線で考えるようにという、最後の言葉がコンセプト。後は、細かいテクニック自体は二の次

  • ★★★☆☆
    為になる一冊
    【内容】
    収入が上がらない時代に合った安心でおトクなローンの借り方・返し方を伝授。

    【感想】
    家を買うことになったら、再度読みたい一冊だ。

    1章2章は為になった。3章はローンを組む前に改めて熟読したい。

    結局、販売会社は家が売れればいいだけで、ローンを背負って生活するのは自分達なのだ。
    だから、自分自身でしっかりとした計画を立てる必要があるのだ。
    販売員にまかせきりにしてはダメ。

    【引用】
    ・「おトクより先に安心を」・・・安心して返済していけるプランを立てること。その上で、おトクなローンを選べ。

    ・退職金をアテにして住宅ローンは組まない。(60歳時点の残高が、MAX700万)

    ・買い時は「頭金がたまって、家族構成が固まった」とき

    ・「物件選び」の前に「いくらの家が買えるか」予算を組む

    ・「低い金利」で「少ない金額を借り」、「短く返す」のが基本

    ・金利ミックス返済(変動金利型(1000万まで)+10年など固定金利)がオススメ。
     └繰上げ返済は変動金利型から行う。(金利上昇リスクのため)

    ・「無理の無い返済額」=現在の年間家賃+現在の年間貯蓄額-年間居住費-購入後の年間貯蓄額
     └年間居住費(マンションなら40-50万。一戸建てなら15-20万)
     └購入後の年間貯蓄額(50-100万)

    ・「無理の無い借入額」=「無理の無い返済額」÷100万当たりの年間返済額×100万
     └100万当たりの年間返済額(http://www.julopi.net/loan2_2.htmlの表×12ヶ月)

    ・「頭金」=貯金-いざのとき予算(200万円)-教育費のたまっている分-諸経費(物件の10%)

    ・契約しなかった場合、「申込金」は全額戻ってくる。(預かり証をもらおう)
    「手付け金」は戻ってこない。

    ・ローンでは会社割引があるかどうか確認すること
    (大都市銀行、地方銀行、ネット銀行、フラット35くらいで比較すればOK)

    ・火災保険は5年ごとに見直して自分で入ろう

全3件中 1 - 3件を表示

深田晶恵の作品

住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版を本棚に「積読」で登録しているひと

住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版の作品紹介

大人気の変動金利ローンは落とし穴がいっぱい。収入が上がらない時代に合った安心でおトクなローンの借り方・返し方教えます。

住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版はこんな本です

ツイートする